スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おさるのジョージ 「ランランラン」「わかば隊出発!」 を観て

ここ数年でマラソン人口は飛躍的に増えてるみたいです。
早朝や夜に走ってる人も多いのではないでしょうか。
でもその一方で、走るのなんて大嫌い、マラソンしてる人の気が知れない、という人も、もちろん沢山いるわけです。
ワイズマン博士は、走るのが苦手な人の一人。
今回ジョージは、彼女が走るのを好きになってくれるように、奮闘します。

 ワイズマン博士がチャリティーマラソンに参加すれば探検資金を寄付するとの匿名の申し出。
 彼女は参加を決意しますが走り方がわからない。
 足をくじいた黄色い帽子のおじさんに代わり、ジョージが彼女のトレーナーになります。
 トレーニング開始。とっとと走り出すジョージ。博士は引き離されてばてばて。のどが渇いたから今日はお終いと、帰ってしまいます。
 トレーニングが失敗し落ち込むジョージに、黄色い帽子のおじさんはビデオを薦める。ジョージはそれを参考に再チャレンジ。
 まず準備運動。次、走る。相手のペースに合わせる。水筒で水分補給。
 トレーニングは順調にいってるように見えましたが、博士は「退屈」とのたまい、帰ってしまいます。
 どうしたら好きになってくれるのか。ジョージは考えます。
 そしてジョージの考え付いた方法は、博士のお気に入りの場所をたどるコースを走るというものでした。
 観覧者、風船売り、ぞう、これらを回りながら走ってるうちに、ワイズマン博士は「走る楽しさ」を発見しました。
 チャリティーマラソンでは、みごとに完走。
 寄付金を申し出たのは、働きすぎの博士にマラソンでもして休んでもらいたい同僚でした。
 これを観ると、マラソントレーニングの基本がわかります。また、走るのが苦手な人も、走ってみたくなるかもしれませんね。

 もう一本は剪定(せんてい)の話。
 わかば隊の遠足で植物園へ。
 ルール1:安全とわかるまで食べない。
 ルール2:強引に根っこから抜いたり、枝を折ったりしない。
 ルールを守りながらブルーベリーやリンゴ園を回るわかば隊。
 ところが途中、道に迷ってしまい、おまけに一人取り残されるジョージ。
 そのジョージが木の枝をハサミで切る男の人を発見。
 「木が死んじゃう」と思ったジョージは彼を追い払います。
 木の心配をするジョージは、切られた枝を泥で木にくっつけ、生き返らせようとします。
 そこにわかば隊とさっきの男の人が合流。男の人はグリーンビーン博士、この植物園の世話をしていたのです。
 博士はジョージに「剪定」について説明します。
 日当たりをよくしないと実が育たないこと。木は傷つかないこと。
 ジョージは今回の働きが認められ、わかば隊の正式メンバーになれました。
 これを観ると、剪定の意味がわかり、また、植物への優しい接し方も心得るようになれると思います。
   マラソン

    -----------------------
おまけ:    Another   おさる   第10話

        公園

ワイズマン博士   「はっはっはっはっ」
黄色い帽子のおじさん「あれ、博士。もうチャリティーマラソンは終わったじゃないですか。どうしたんです。ああ、また別のマラソンに参加するとか」
ワイズマン博士   「いえ、そういう訳じゃないんだけど。何だかあれ以来、1日1回は走らないと落ち着かなくなっちゃって」
黄色い帽子のおじさん「こりゃ驚いた。ふーむ、あの博士が。変われば変わるもんだなあ。よし、僕等も付き合いますよ。なあ、ジョージ、いいだろ」
ジョージ      「ウキー」
ワイズマン博士   「あら、うれしいわ。やっぱり一人よりもみんなで走った方が楽しいものね」
黄色い帽子のおじさん「それじゃあ、博士のペースで行きましょう。いくぞ、ジョージ」
ジョージ      「ウキー」

   夕暮れの公園に伸びた三つの影も、駆けてゆきます

                おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。