スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣の奏者エリン(再) 第9話「ハチミツとエリン」 を観て

 何故、エリンとジョウンの自己紹介があそこなのかを考えてみた。
 原作では、もっと早くに自己紹介を済ませている。それが、アニメ版ではこの回のラスト、エリンが流れ着いてから数日が経過してからである。その間、二人は名前を呼び合うことなくコミュニケーションをとっている。二人しかいない場合には名前が必要ないということもあるが、ここではもっと大事な意味を持っている。それは、他人とそれ以上の関係との境界線。その象徴として、互いに名前を教えあう行為があったのだと思う。
 エリンはジョウンに助けられ、ミツバチについて教えてもらいながら衣食を共にしていたわけだが、そこはまだ、彼女の居場所ではなかった。ジョウンの善意で一時的に世話をしてもらっているというのが、客観的な状態。 ジョウンは、エリンの事情がわからない以上この先どうなるかわからないが、しばらくは面倒をみてみようという思い。しだいに感情が移っていくが。エリンは「この場所で生きてみよう」という思いのもと、おじさんの善意を受け入れ、自分の興味を満たしながら生活する。
 それが、自分のために小粒銀1枚分のタブチムが使われたことを知り、今の自分の境遇を意識してしまうことになる。自分には帰る場所がない。だからと言って、ただで他人の世話になるわけにもいかない。悩んだ末エリンは、働くからここに置いてほしいと、おじさんに頼む。ジョウンとしては、このままずっと世話をしても構わないのだが、彼女の気を済ませるため、取引の話を持ち出す。一人の独立した人間として彼女を認める。
 「取引成立だな」。これをもって二人の関係が劇的に変化する。世話をする者とされる者、他人、である関係から、対等であり、共に暮らすもの、一つの家族へとなる。そして互いに自分の名を告げ、初めてここがエリンの居場所となる。
 これを鮮明にするため、自己紹介がここにあったのだと思います。

ハチミツ:
 蜜蜂が花から採取するのはショ糖。これを巣に持ち帰り待っていた別の蜂に口移しする。この時、ブドウ糖、果糖へと変化する。それはさらに貯蔵庫に運ばれ、羽ばたきで水分が調節されどろっとしたものになる。
 (参照:ミツバチの生態

 女王蜂を頂点に組織された社会。真王を頂点とするこの世界は、これをなぞらえている。真王が女性であるのもこのためか。だが、蜂のシステムは決して壊れないが、この世界では、このシステムを壊そうという動きが、大きな物語を作っていく。

 今回は、登場人物は二人だけでした。それ故二人の交流が、とても近くに感じられ、気持ちの動きがよく伝わってきました。とても温かい回でした。ジョウンは本当に優しい。エリンもしっかりしてる。ダメと言われてもすぐ巣箱に近づいて行ってしまうところがエリンらしい。

 次回はイアルが登場。楽しみにしてます。
   ミツバチ

        -------------------
おまけ:    Another   奏者   第9話

       朝

エリン 「起きろー!」
ジョウン「わっ、何だ何だ」
エリン 「えへへ、朝だよ」
ジョウン「へ・・・ワハハハハ、こいつう、脅かしやがって。待ってろよ、すぐ飯にするから」
エリン 「待たなくていいよ。もう出来てるから」

ジョウン「ほ~、たまげたなこいつは、これ全部お前が一人で作ったのか」
エリン 「うんん、ノロにも手伝ってもらったよ」
ジョウン「ん?・・・あ、ああ、ワハハ、なるほどな。にしても大したもんだな」
エリン 「ふふ~ん。おじさんの手伝いをしながら覚えたの」

ジョウン「そんじゃあ、いただきまーす」 ガブッ 「お!」
エリン 「んふふふふ、いただきまーす」 あむ
ジョウン「うまい。上出来じゃないか。こいつう、いつのまに俺の技を盗みやがった。この~」
エリン 「えへへ、これから毎日作るんだもん。それに、おいしいのは、おじさんのハチミツのおかげだよ」
ジョウン「ん、ま、そうだな。ワハハハ、わかってるじゃないか、エリン君」
エリン 「んふふふふ」

     1日が始まります

           おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。