スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOG DAYS 第7話 「宣戦布告」 を観て

 自分が領主としてダメダメだなって、それにレオ姫にもつれなくされて、悩みの中のミルヒ姫。
 しっかりしなきゃ、頑張らなきゃ、と自らを叱咤しながらの忙しい日々。
 多分、その中核にあるのは孤独感と責任感。
 勇者の召喚による戦の連勝と、シンクと過ごすひと時はそんな彼女に安らぎと共に成長ももたらします。
 そんなさなか、レオ閣下の驚きの布告。ミルヒ姫は大きな決断を迫られます。

 冒頭のナレーションはバナード将軍?印象薄かったけど一癖ありそう。でも、たぶんいい人。
 6時の早朝の散歩というのは、犬の散歩のイメージかな。それに間に合うよう仕事をこなすミルヒは偉い。つき合う側近も大変だ。
 ハーランの背に乗り早朝の速駆をする二人はとても気持ちよさそう。
 ミルヒの秘密の場所はひろーい花畑。オープニングにも出てくる。秘密ってことは、アメリタも知らないのかな。
 「軽く運動しましょう」、とシンクがイメージしたのは盾。だと思ったら、「放り投げますから」と、実はフライングディスク。え?と思うや、
 「姫様、GO」 え~~~~、シンクひどい。
 訳も分からず走り出すミルヒ。両手を前に突き出しての走り方がかわいい。
 ミルヒは尻尾をフリフリ、ナイスキャッチ。尻尾をフリフリ投げ返す。実はシンクは凄いやつだなと思いなおす。
 シンクは単純にミルヒと遊びたくて、で、耳と尻尾からそれが浮かんで、なんだけど、一気にミルヒを遊びの世界に、最小限の説明で引き込んで、最速で楽しませたのは尊敬です。
 誰とでも仲良くなれるシンクのコミュニケーション能力の真骨頂。
 お弁当はサンドイッチ。朝ごはん。
 もとの世界に帰った後も、また呼んで欲しいシンクに、ミルヒも心から喜んでます。これは実現するのかな。
 ありがとうの意味を込めて頭をなでなで。
 ちょっとびっくりしたミルヒも尻尾をフリフリ。
 続けてもいい?はい。 シンクはほっぺたまで撫でだして、
 「それはダメですー」
 仲睦まじい二人の、幸せな朝でした。ビスコッティを救うために召喚されたシンクですが、彼によって一番救われているのはミルヒ自身かもしれません。

 明日の約束もして、ルンルン気分のミルヒ。しかしそこに臨時ニュースで気分は一気に氷点下へ。

 宣戦布告だけでも、最近のレオ姫のことを思うと気の重くなるところ。問題はさらに、宝剣をかけて戦えと宣言したこと。
 ただでさえレオ姫が何を考えているのかわからず悩んでるところに、長老等からは侵略ではないかとの声が上がる。
 ミルヒは悩む。受けるべきか、断るべきか。
 侵略の可能性はないとミルヒは信じるでしょう。でも宝剣を差し出すことは、レオ姫の真意がわからない以上、あまりに危険。民衆の心は戦に向いている。民衆をがっかりさせたくはない。ミルヒは戦で勝てるようにこれまで準備を進めてきた。それに今は、勇者様もいる。勝てる。もし負けたときは、レオ姫を信じて宝剣を預けよう。

 「こーんにーちわー」
 ミルヒの言葉は集う民衆の心を掴みます。皆に慕われています。アメリタの言っていた「民を思いやる心」によります。そして、ミルヒの出した答えは、民を思いやるがゆえに成ったもの。
 「宣戦布告を喜んでお受けします。かけるのも受けて立ちます。
   なぜなら私達は負けないからです。
   この戦に勝利しましょう。勝って楽しい明日を掴みましょう」
 そこには立派な領主としてのミルヒがいました。


宝剣
 ビスコッティ: 聖剣エクセリード   神剣パラディオン

 がレット:   魔戦斧グランヴェール 神剣エクスマキナ

 レオ閣下が宝剣のかけをもちだしたのは、二人を宝剣の所有者でなくすことにより、星詠みの未来を変えるため。
 レオ閣下は前回の戦と違い、勝つために全力を出してくると思われる。
 ガウルがどう立ち回るのかが、戦の鍵になるかも。ガウルはほんとにいい奴だ。
 半年前にミルヒの死の予告。それでレオ閣下は気遣いだす。
 三月前に態度を変えたのは、ミルヒ自身が強くなることにより、未来を変えることを期待してか。前回の戦の連勝をもって、ミルヒが強くなったとし、星詠みするも、しかし未来はさらに悪く、それで今回のやり方ということか。
 ユッキーの胸はとても大きい。
 次回、ビスコッティはどんな戦略をもって戦に臨むのか、楽しみにしてます。
   フリスビー

      ---------------------
おまけ:    Another   いぬ日   第7話

     フィリアンノ城の裏の森
ガウル「話は以上だ」
シンク「ありがとう、ガウル」
ガウル「じゃあな、色々頼んだぜ、シンク」
シンク「あ、最後にもう一個」
     タタタタタ
シンク「あ~、少し頭を下げてくれる」
ガウル「? こうか?」
シンク「そうそう・・・ありがとう、ガウル」

     なでなで

ガウル「うわっ、な、何すんだオメエ」
シンク「ダメだった?」
ガウル「いや、ダメってこたーねえよ。ただ、ちょっとびっくりしてよお」
シンク「続けてもいい?」
ガウル「まあ、オメエがしたいんなら」
シンク「ふふ、ありがとう、ガウル。うわー、ふわふわだ~。ほっぺもいい?」
ガウル「あ、ちょっ、テメエ、あ、や、ぬは」
シンク「わ~、すべすべだよ。あ、こっちはどうかな」
ガウル「ふ、にゃ!!、の、のどは・・・ちょ、シンク・・・にゃ・・・待って・・・にゃにゃ」
シンク「うふふ、ありがとう、ガウル」
ガウル「にゃ、にゃ・・・ゴロゴロゴロにゃーん」

  尻尾をフリフリしてたのは、内緒にしておこうね、ガウル

               おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DOG DAYS 第7話「宣戦布告」 

シンクとミルヒ姫、朝でえと! 犬設定フル活用で笑ったw シンクはミルヒをフリスビー犬にでもするつもりでしょうか(^_^;) 姫様もおしっぽふりふり全開、本能には逆らえませんね~ 元の世界に帰れないと...

DOGDAYS 7話 宣戦布告 感想

平和を取り戻したように見えるビスコッティだが・・・

DOG DAYS 第7話 感想「宣戦布告」

DOG DAYSですが、勇者シンク・イズミは鳥馬に頭から丸かじりされそうになっており、ミルヒ姫はよく懐いていると喜びます。二人でお花畑に行き、フリスビーで遊んだりもしますが、平和なひと時もつかの間で、レオンから宣戦布告されます。(以下に続きます)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。