スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女まどかマギカ 第9話「そんなの、あたしが許さない」を観て

まどかの声は、さやかには届かなかったということでいいのかな?そうすると、さやかは全く救われないままに消滅していった事になる。
 杏子の最後の言葉、「一人ぼっちはさびしいもんな。いいよ、一緒にいてやるよ、さやか」
 これを、救いととるか慰みととるか。まどかはこの言葉を聞いてないわけだけど、二人を失った事実は悲しみにしかならないだろう。
 キュウべえは、感情をエネルギーに変換すると言ってた。希望と絶望の相転移。ほむらは、キュウべえにまるで対抗できてないよう。この後まどかの心がどう揺れ動くのか。悲しみや絶望とは別の感情。それを待ってます。
ソウルジェム
-----------------------------------------------------
おまけ:  Another マギカ

  N大学地球エネルギー学部実験棟地下28階2837号室
まどか「 だめだよ、ほむらちゃん。そんなことしちゃ」
ほむら「いいのよ、まどか。こいつには、感情なんてないの。それより、私のことは教授と呼びなさい」
まどか「だったらやっぱり、こんな実験、意味無いんじゃないのかな」
ほむら「 いい、感情のない物体に感情を喚起させることに意味があるの。これに成功すればエネルギーの無いところからエネルギーを発生させる理論が導き出せる。感情をエネルギーに変換するなんて馬鹿げたことをしなくても、無からエネルギーをえられるのよ」
キュウべえ「フフフ、確かにそうかもしれないね、暁美ほむら。でも、ボクに感情を与えるなんて不可能だよ。キミは今、苦痛によってそれを引き出そうとしているようだけどね。時間の無駄遣いは、愚か者のすることだよ」
ほむら「それは、どうかしら」
まどか「やめて!ほむらちゃ……ほ、ほむら教授」
   その時……
ドア 「ガチャリ」
まどか・ほむら「ハッ」
???「御隠居ー、御隠居様ー。ちぇ、ここにもいないや。ほんと、どこいっちゃったかなぁ。おなかがペコペコだってのに。御隠居ー……………………にっ、兄さん!」
キュウべえ「ハッ、ハチべえ!!」
まどか「ほっ、ほむらちゃん。感情メーターが!」
ほむら「……やっ…た…」
   二人の少女と一人の青年の活躍により、地球のエネルギーは守られたのであった
                      
                        おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 魔法少女まどか★マギカ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。