スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムAGE 第23話 「疑惑のコロニー」 を観て

 今回は素直に面白かった。

 地球の企業がヴェイガンに部品提供してた。
 テクノソロンにどんな利益があるのかが謎ですね。ヴェイガンが地球制圧したあかつきに優遇されるってことなんでしょうか。あの社長さんは一癖ありそうだからそれだけじゃないような気もしますが。

 ソロンシティに潜入調査。
 証拠が見つかったら武力行使ということで、市民の犠牲がテーマに。
 戦時中ということを考えるとやっぱりフリットの判断が正しいのかな。でも、市民の犠牲を最小限に抑えるのも軍としては当然考えるべきでしょう。フリットのヴェイガン憎しを根底とする地球の為の判断が全て肯定されるのか、それとも誤りを含むものになるのかもう少し見守ってみたいですね。

 ミレースが交渉してる隙にウルフが潜入調査を。
 往年の二人が年取っていい雰囲気なんですが、今からでも結婚しないでしょうか。
 さて、潜入したウルフですが、
 天井に張り付いてる。って忍者ですかあなたは。でも、こういった遊び心っていいですね。これからもちょくちょく遊びを入れていってくれると嬉しいです。

 ウルフはバレバレで敵に囲まれピンチに。でも「イヤッホー」、アクションスターばりの身のこなしで脱出だ。この身のこなしが身体能力が高くとも中年ながらのドタドタ感が出ててうまい演出。発見されるのが早かったのはディーヴァってことでゼハートから警戒するよう指示が出てたからでしょうね。

 アセムはついに反抗期に。
 これまで父にコンプレックスを抱きながらも逆らうことのなかったアセムだけど、ゼハートからの指摘やウルフの「お前はお前」で、ようやく始まった親離れの表れでしょうね。ロマリーと話をしに来て、フリットに帰るよう言われるも逆らって、フリットの方が折れた。
 そして、証拠発見でモビルスーツ出撃にアセムは市民の安全を考えてフリットに意見を。
 フリットとしてはアセムの言う事は重々承知の上での決断。ブリッジの人達もアセムと似た心情はあるんでしょうが、フリットの考えも理解してるでしょうね。アセムのまだ子供であるとこ、若さがほとばしったよう。父への反感も垣間見え。
 躊躇が最悪な結果を招くと説得してもアセムは納得いかず命令放棄でディーヴァの外に。これが初めての親子対立ですね。そのアセムを追うよう促すクルーやそのロマリーに優しさがみえるとこがなんかいいです。

 オブライトやアリーサもカッコよく。
 彼等もだんだん成長してるようで、ヴェイガン相手に頑張ります。ガンダムの陰に隠れてなかなか目立てないけど、これまでも彼等の戦場での様子とか結構描いてたし、彼等の成長を丁寧に追ってるとこは好印象ですね。
 あと、オブライトとレミのカップルも楽しい雰囲気を持ち込んでくれていいですね。レミは狙いすぎな気もするけど、やっぱり可愛いものは可愛いですよ。

 ロマリーが追ってきて。
 「アセム。あなたの言ってる事は正しいと思う。
  でも、今は戦争なのよ。
  みんな悲しいのに耐えている。
  司令だってそう。私だってそうなの」
 ロマリーは意外とアセムよりもずっと大人ですね。ちゃんとわかってる。そしてこのセリフにはアセムへの優しさも含まれててとてもいいセリフだと思う。アセムが「逃げてる」ことを言葉にしなかったのがいい。
 しかし、「ゼハートだって」と付け加えたことで。
 アセムは敵になったゼハートと何度も言葉を交わしてるから、これには頷けませんね。ここはやっぱりアセムの方が正しくゼハートをみてるような気がする。ロマリーの中では学生時代のイメージで美化されてる。でも、本当のゼハートがどうなのか、これにはゼハート自身も目を瞑ろうとしてるきらいがあるし、まだ判断はできませんね。
 ゼハートを否定され、彼の好きなロマリーは悲しくて涙を。
 ここはロマリーの気持ちや、アセムの傷つけるつもりがなかったのにとか、恋敵のことで泣かれてるやるせない気持ちとか、二人の感情や複雑な状況がよく伝わってくるとてもいいシーンになってたと思う。
 「今は君を守るよ」。ロマリーがゼハートを好きなのを認めながらも、見返りを求めずにそれでも好きなロマリーの騎士になろうとするアセム。もう、切なすぎます。カッコいいです、アセム。

 心の中が色んなもので煮えたぎってるアセムは、それを戦いにぶつけるように。
 もう、ヴェイガンを圧倒。この戦闘シーンは熱かったです。アセムの心情がヒリヒリと伝わってくる。
 そして、
 この番組が始まって以来確か初めて、主人公が敵パイロットを死亡させる描写がはっきりと。
 今回初めてなのに意図があるのか、単なる路線変更なのかわかりませんが、やっぱりこの描写があるのとないのとでは大違いですよね。やはり戦争を描いてるんだし、主人公だって多くのパイロットを殺してる描写が無ければ重みが全然でてきません。これからは出来るだけやられる敵パイロットも描いて欲しいですね。

 「ご心配をおかけしました」。
 帰ってニッコリのロマリー。一人前になりつつあるようで、見てて気持ちがいいですね。
 一方のアセムは拘束室に。
 ウルフの厳しい言葉もアセムを成長させるもの。アセムが苛立ってるのをウルフが陰で「ふっ」と笑うとこが、そうやってもがいて大きくなれよ、といった感じでいいですね。

 一方のゼハート達。
 前回の作戦失敗を責められてるけど、これは当然、やっぱりゼハートの責任ですね。作戦が実際お粗末すぎた。
 マジシャンズエイトも3人になちゃったみたいだし、怒るのも無理が無い。で、なかなか癖のありそうな3人で、アセム達との対戦が楽しみです。

 グルーデックが刑期を終え出獄。
 どこのカサンドラかと思わせる監獄、そして出獄時のグルーデックの無駄にカッコいいカット、とこれまた遊び心があって楽しいです。
 そのグルーデックとフリットが酒場で再会、はたしてグルーデックの復帰はあるのでしょうか、で、次回。

 今回は何だかこの作品が一皮剝けたように感じられる一話でした。
 面白かったですよ。
 ロマリーとアセム、ゼハートの物語も思ってたよりも深くなりそうだし、楽しみにしてます。
   あいつはヴェイガンなんだ

        --------------------
おまけ:    Another   AGE   第23話

    ソロンシティ  街なか

アセム (今は、君を守るよ・・・)
    「ロマリーーーー! 君を守る為に戦うよーーー!」

ロマリー「わーーー、
     恥ずかしいから声に出して言わないでー」

                          おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 機動戦士ガンダムAGE
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE「第23話 疑惑のコロニー」/ブログのエントリ

機動戦士ガンダムAGE「第23話 疑惑のコロニー」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。