スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナIII(Final) 第22話 「異邦人の夢」 を観て

 エンゲージリンクを守る吉田さん、
 その吉田さんを守るカムシン、
 そして自分らしさに辿り着き友を守る為に舞い降りるヴィルヘルミナとその背中を押してあげたシャナ、
 戦闘の中にあってそうした愛情の温かさや美しさが感じられる今回。
 そして、サーレと教授の親子対決もついに決着。
 教授はどんな最期を迎えるのでしょうか。

 車大破で吉田さんの運命は。の前回ラストだったけど、はい、吉田さんを始め全員生きてました。
 エンゲージリンクを守る吉田さんは本当に親鳥みたいですね。なんだかこの姿に吉田さんのいいところが集約されてる気がする。実際いい母親に成りそうです。吉田さんはとても強い愛を持った人なんですよね。それは悠二に対しての愛に限らず。
 と、カムシンが大怪我を。
 幻を見せて気配を消す、との種明かしは、そう言えば塔の屋上から脱出する時に悠二に幻を見せ本体は気配を消して別方向というのがありましたね。
 そしてカムシンのカデシュの血印で飛びのいた、と。車の石はちょっと記憶にないけど、そうしたやり取りもあったんでしょうね。そして、みんなを守って爆風を一人で受け止めたために左半身が焦げちゃうような大怪我を。でも単なる責任と淡々としてるとこがカムシンらしいです。

 爆弾ブリキロボと徒に囲まれ吉田さん達は脱出不可能のピンチに。
 エンゲージリンクを守る吉田さんに百鬼夜行が付き、カムシンはブリキロボを近づけない役を。
 「今の苦難を経てあなたはもっと強くなる。これまでそうしてきたように」
 「どこまでも健やかに、良かれと思う道を進まれよ」
 これはもう、別れの言葉にしか聞こえません。カムシンは死を覚悟してますよね。そしてこの言葉は吉田さんに送る最高のものじゃないでしょうか。吉田さんの迷いをきれいに落としてくれるような、吉田さんへの愛情のこもった言葉だと思います。
 吉田さんもカムシンの覚悟に気づいて悲痛な叫び。今この二人の間にあるのは恋愛とは違うものでしょうが、それも一つの愛ですよね。もし、いつかこの二人が結ばれれば吉田さんも幸せになれるかもしれないと思ってるけど、どうなんでしょうか。

 エンゲージリンクのピンチでヴィルヘルミナの中にまた迷いが。
 そんな彼女に「ヴィルヘルミナ。行ってくれる」。シャナのこの率直な一言と「友として言う。子にして友たる者の為に行け」アラストールの言葉、それにマージョリーやマルコシアスの言葉も温かく、こっちは大丈夫だからと安心させて、
 「一美をお願い。ついでにエンゲージリンクも」。
 これに迷いが消され、ヴィルヘルミナは吉田さん達の元へ。
 懊悩を鮮やかに取り払ったシャナ。それに「答えよう」と、責務でなく自分がそうしたい思い、「それこそが私」と。そして、
 「そのあなたらしさに辿り着くまでにいったいどれだけの何月と労力を必要としたのでありますか」。
 ティアマトーがこんなに喋ったのはこれが初めてですよね。
 また、この抱え込んで悩む性格もヴィルヘルミナの強い精神を作っているともわかっていて。
 ティアマトーが熟語しか発しなかったのは、不用意にヴィルヘルミナを導かない為。その強い精神を失うことなく自ら自分らしさに辿り着くのをずっと待ってたみたいです。
 んー、難しいですね、ヴィルヘルミナは。でも、なんとなくわかります。
 最初の頃は悠二を殺そうとしたり、堅物でいつも悩んでいた彼女がこうして辿り着くとこまで描いてくれて、人物を大切にしてる作品だなと思います。
 ティアマトーとのシーン、よかったですよ。

 マージョリーとシャナのペア。
 思えばマージョリーとはこの作品の一番初期の頃からの付き合いですよね。
 最初は敵同士だったけど、今は「好きになった」と何だか感慨。
 好きと言われれば頬も染まるもの、でももちろんシャナは恋愛の意じゃありませんよ。

 カムシンは瓦礫の巨人で応戦。
 相手がブリキロボなのにこの戦いは映像的に迫力がありますね。
 カムシンは壊し屋だけあって守るのは苦手みたいだけど、「やりがい」はあるようですね。

 百鬼夜行は徒に幻をかけて囮にする手段。かけられた徒はたまったもんじゃありませんね。
 そして、塔の中に逃げ込む妙案、と、囮と気配消しがやられて絶体絶命に。しかし、
 そこに参上したのは助っ人ヴィルヘルミナ。ピンチを救って、吉田さん達は塔の中へ、その入り口をヴィルヘルミナが守ることに。
 と、これまでの様子で確実にそうだろうと思ってましたが瓶詰水色発光体がフィレスとヨーハンであることが明かされましたね。ティアマトーは「ゲンダンコウコク」と、それが何か知ってるみたい。すみません、勘違いでした。(笑)
 塔の通路には敵はなく、機能も麻痺させて、これで吉田さんは一安心ですね。何かを加速移動させる何かが気になるとこですが。

 サーレとキアラがいよいよ勝負に。
 しかし怒涛のミサイル攻撃でキアラも応戦するけどサーレが、落っこちた。
 キアラの救助もマモンに阻止され、
 ノリノリ教授の「消ーえて無くなりなさい」でスイッチオン。絶体絶命のようだけどさに非ず、サーレは最初からこれを狙っていたようで、ブリキロボが飛び上がり管制室へ。
 サーレはキアラと飛びながらずっとこの仕掛けを作ってたんですよね。落ちたのもキアラの救助失敗もわざとだったんでしょうか。ブリキロボを操ったんじゃなくて飛ばしたように見えたけど、どんな仕掛けだったのか知りたいですね。
 「こーんなこともあろうかと」。さすが教授抜かりがありません、が、線路の続く先はもしかしてもしかしてのさっき吉田さん達が逃げ込んだとこで、そう、それは機能麻痺してるわけで、
 「おや?」
 教授とドミノ、管制室ごと消失。これはもう、実に教授らしい間の抜けた最期でした。教授もこんな最期を迎えられて幸せなんじゃないでしょうか。
 思えば教授とも長い付き合いですよね。敵だけど憎めない人でした。もうあのしゃべり方やドミノとの遣り取りが聞けないのは寂しいですが、まだどこか生きてるような感覚も残ってたりしてます。

 そしてキアラもマモンを真っ二つ、と一気に決めに来ましたね。
 マモンのことは詳しくはわからないけどピルソインとの遣り取りはいい感じでした。
 マモンは塔を守る為に暴走したブリキロボと心中して、この最期を見てるとどんな人なのか知りたくなりますね。
 そして、カムシンもブリキロボに囲まれ消失?と、まさかそんなことはないですよね。ないですよね。

 教授と管制室の消失によりリュウビ?と暴君が機能停止。これを悠二はしお時とみて奥の手を使うことに。
 創造神としてシャナの改変による瑕疵のある楽園を許せない悠二。その悠二の奥の手は大命詩編のバックアップシステム、コンロクイム。これを上書きすれば元に戻るはず、でベルぺオルが実行、が、
 「まだ気持ち悪い」。
 変わってなくてシュドナイ驚愕。ここでようやくマージョリーが塔でやってたことが判明。コンロクイムに改造大命詩編を打ち込んで悠二達の奥の手をつぶすことだったんですね。これこそがシャナの考えた作戦の根幹。

 さあ、もうシャナ達の完全勝利は目前、バルマスケはどうしようもなく追い込まれてるようにしか見えませんが、
 悠二は不敵な笑みを浮かべ、果たして何か策があるのでしょうか、で、次回。

 シャナの手の内はおおよそ明らかになったんでしょうか。悠二にはまだヨーハンに否定された坂井悠二の計画がありますよね。それにエンゲージリンクの二人がしようとしてる事もきになりますね。
 教授が死んでもう物語が終盤なんだなという感じが一気にしてきました。
 残りわずか、大きな物語だけでなく、ヴィルヘルミナのように登場人物一人一人の物語もちゃんと閉じてあげるような優しさがありますね。吉田さんも幸せになる道が少し見えてきたような気もするし、こうしたとこもこの作品の良さだと思ってます。
   おや?

        ---------------------
おまけ:    Another   灼眼   第22話

    御崎市 
     シンサイシャの塔の近く

吉田  「よかったー」

ギュウキ「まるで親鳥だな。
     どうだ、カムシン王の子を宿してみては。
     きっといい母親になるぞ」

吉田  「え? ・・・えーーー?!
     ダ、ダ、ダ、ダメですよ、私なんかとじゃ釣り合わないし、
     それに私には坂井君という好きな人もいます。
     第一、歳が、そう歳が離れすぎてますよ。
     そうですよね、カムシンさん」

カムシン「歳・・・」 ズーン

吉田  「あ・・・・・・、
     ご、御免なさい、カムシンさんっ」

カムシン「いえ、それは事実ですから」

吉田  「でも、あの、見かけなら十分若いですよ。
     大切なのは中身よりも見かけですから」

カムシン「それはちょっと。
     でも、吉田さんがそう言うのならそういう事にしておきましょうか」

吉田  「そうですよ。ふふふ」

ギュウキ「お似合いだと思うんだがなぁ」

                          おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 灼眼のシャナ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

灼眼のシャナIII-Final-「第22話 異邦人の夢」/ブログのエントリ

灼眼のシャナIII-Final-「第22話 異邦人の夢」に関するブログのエントリページです。

灼眼のシャナIII 第22話 『異邦人の夢』

幻術と隠れ身の術で助かったのさ!死ぬとは思わなかったけどかなり唐突ですね。そして気がついたら吉田の手元に光る玉が。どうやらこれがフィレスとヨーハンらしい。 逃げそびれた百鬼夜行と吉田は敢えて塔に退避。しかし敵に囲まれているにもかかわらずかなりもたついて?...

灼眼のシャナIII-FINAL- 第22話「異邦人の夢」

灼眼のシャナIII-FINAL-の第22話を見ました 第22話 異邦人の夢 “徒”に溢れた御崎市を逃げ回る[百鬼夜行]だが、“徒”による無数の炎弾を受けてカムシンや一美共々爆発してしまう。 ところがギュ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すみません、もしかしたら二重投稿になっているかもしれません……。
もしそうでしたら削除してください。

>ティアマトーは「ゲンダンコウコク」と、それが何か知ってるみたい。

ティアマトーは言ったのは「言談後刻」で、つまり、「おしゃべりは後にしろ」という意味ですね。
吉田さんが抱えていたものとは関係がないです。
しかし、活字じゃないと全く意味が分かりませんね。


>サーレはキアラと飛びながらずっとこの仕掛けを作ってたんですよね。落ちたのもキアラの救助失敗もわざとだったんでしょうか。ブリキロボを操ったんじゃなくて飛ばしたように見えたけど、どんな仕掛けだったのか知りたいですね

サーレは逃げ回りながら、水中に糸で網を張っていました。その網によってロボットを投石機のように、一気に射出した、という形です。

アニメでは演出が変えられていましたが、原作では、教授はロボットを適当に暴れさせているように見せかけ、サーレらに破壊させながら、損傷は受けたものの体内の「爆弾」がまだ機能するロボットを停止状態でいくつも塔の周りにバラまいていました。
そして、「既に機能停止した」と見せかけ、油断させることで、ここぞという時に起爆させ、サーレらを片付ける算段を立てていました。

が、しかし、サーレ達はその教授の作戦を読んでおり、気づかないふりをしながら、教授の司令室と一直線上に倒れているロボットを見つけ、乱戦の中そのロボットの側を過ぎる度に、少しずつロボットの下に網を構築し、機会を狙っていたのです。

アニメではキアラの乗り物(ゾリャー)から偶然振り落とされたように見えましたが、実際は振り落とされたフリをしながらわざと先ほどのロボットの側に落ち、他のロボットに追い込まれているように見せかけながら、網を張ったロボットに接近していきました。

教授目線では、追い込まれたサーレがまんまと「サーレは既に破壊済みだと思いこんでいるロボット」に近づいているように見えるように。

そこにキアラがやってきて、サーレを『直径30Mの爆発範囲から逃れられない』タイミングで拾いにきました。
これならば、教授は起爆スイッチを押すでしょうし、実際にはロボットは網で投擲するので、そのままサーレを乗せて飛行、という算段でした。

ところが、マモンによってそれは失敗。なので、マモンにキアラが捕まったのは予定外の事態です。
とはいえ、教授への投擲自体は問題なく成功。

その後、近くに張っていたもう一つの網による投石機を使い、キアラは反転、加速。
教授討滅という思いがけない事態で一瞬気を逸らしたマモン(アニメでは説明の為やたら長かったですが、原作では投擲から教授消滅まで一瞬なので)へ突進、という流れでした。

マモンの妨害によってサーレは地表へ取り残されることになったので、もしマモンがロボットの爆弾を回収してくればければ、サーレも消し飛んでいました。
キアラはマモンにではなく、「互いの巡り合わせ」に感謝していました。


>まだどこか生きてるような感覚も残ってたりしてます。

アニメではこれもカットされましたが、あのロボットの手のひらにあった「物体を消滅させる」機能や、爆弾は、実際には消滅させているわけではありません。
あれは、「両界の狭間」に物体を「押し出す」ものなのです。

つまり、かつて祭礼の蛇が両界の狭間へと放逐された「久遠の陥穽」の小型版ですね。

なので、あれに巻き込まれた教授は、久遠の陥穽に巻き込まれた太古のフレイムヘイズがそうだったように、生きてはいます。
ただし、両界の狭間を漂っており、帰還は二度と不可能です。

まあ、ただ、両界の狭間には「ザナドゥ」が出来るわけですし、あの教授のことですから、何とかザナドゥへと帰還を遂げるのではという気もしますけどね。
サーレにとってはショックでしょうけど(笑)

No title

>リュウビ?と暴君が機能停止

「竜尾」というのは彼の髪の毛が変化して使ってるアレです。打撃、防御などに使用していました。
暴君というのは、「銀」と呼ばれていた鎧のことです(本来はこの鎧が盟主の代行体となる予定でした)。

これらはどちらも教授によって作られ、悠二の装備となっていた為、教授の消滅によって使用不可となりました。


>コンロクイム
吟詠炉(コンロクイム)と書きます。
これもアニメでは3期まで出ていませんが、原作では清秋祭(学園祭。フィレスが出たところ)で既に出てきていました。

元々は暴君(銀)が採取してきた感情や人格の断片(人格鏡像)を保存する場所でした。それらを融合、編成し、盟主の「仮想意思総体」を作成、代行体坂井悠二へと移した後は、万が一の為に大命詩編と人格鏡像を保存するバックアップシステムとなっていました。

アニメでも、ヘカテーが生け贄として「世界の卵」に包まれる前、「バックアップを吟詠炉(コンロクイム)に移行」と言っていますね。

その際、ラミーが「了解、移行を確認した」と言っているように、大命詩編の監視役としてコンロクイムにはラミーがいました。
マージョリーがコンロクイムに改変の式を打ち込んだ際にもそこにいましたが、静観しています。

No title

>マモンは塔を守る為に暴走したブリキロボと心中して、この最期を見てるとどんな人なのか知りたくなりますね

バルマスケでも古参の幹部です。先の祭礼の蛇帰還の際にはエジプト方面軍司令官を務めていました(ちなみにオロバスはギリシア方面軍司令官。これらを統括するのがハボリム西部方面軍司令官です)。
フェコルー亡き後は、彼の後を継いでベルペオルの副官もしていました。

ハボリムが自身の直属の部下を連れて、ストラスの自在法で主戦場へと急行した後、西部方面軍の撤退総指揮はオロバスが任されました。
オロバスは実力ありと衆目の一致するところながら、比較的若い徒で、まだ〝徒〟なのに対して、マモンは〝紅世の王〟でした。
で、ありながらオロバスに総指揮が任されても、嫌な顔一つせず朗らかにむしろ積極的に協力していました。

とはいえ、「補給(つまり人間の捕食)」と、情報の獲得の為に、とある軍事基地を襲った際(デカラビアの通信の自在法が使えなくなった為に、人間の機器を使用せざるをえなくなりました)、そこの通信士に機器を操作させる為に、彼以外の人間を手にかけて見せ、脅迫し、用が済むとその通信士も優しくにこやかに笑いかけながら食らうなどの行為もしていますが。

その後、「バルマスケ西部方面軍の撤退阻止」の任務を負っていたサーレ・キアラ部隊と、オロバス・レライエ共々交戦していますが、この辺の話はばっさりカットされましたね。

No title

申し訳ありません、投稿に手間取りいくつにも分割してしまいました。
どうも、マモンが軍通信基地の人間に対してやった行為を、当初は「惨サツ」と表現していたことで不正な投稿とされていたようです。
サツの字を漢字で書くと引っかかるみたいですね。「手にかける」と表現を変えてみたところ投稿できました。

長文を何度も失礼いたしました。

No title

シャナ世界の年表
 紀元前1000年頃 「神殺しの御伽噺」
         カムシン達数名の、最初期に造られたフレイムヘイズによって祭礼の蛇が封印される。
         大地の四神の師匠や、”とむらいの鐘”の元フレイムヘイズである首領も参戦している。

 西暦1500年以前 「君主の遊戯の流行」
         紅世の徒の組織同士が行なっていた代理戦争協定。
         徒同士が戦わず、人間社会の国家や軍隊を裏から盤上の駒として操り
         その領地の広さで各組織の勢力の大きさを決めていた遊び。

 西暦1600年頃  「中世欧州での大戦勃発」
         先代炎髪灼眼の打ち手が天破壌砕をつかい戦死。
         ”とむらいの鐘”首領 棺の織り手アシズによる計画、徒と人との間に子を成すという
         世界のバランスにとって危険な世界初の試みをフレイムヘイズ兵団が阻止した。

 西暦約1870年  「南北アメリカ大陸での内乱勃発」
         前代未聞。フレイムヘイズvsフレイムヘイズ戦争
         白人によるインディアン迫害に堪忍袋の緒が切れた大地の四神による
         アメリカ合衆国完全破壊に対する全フレイムヘイズとの戦争

 西暦約1880年  「破約事件発生」
         詳細は不明。
         ただし、この事件が「君主の遊戯」が崩壊・消失した原因といわれてる

 西暦1930年頃  「革正団運動激化」
         革正団とは明確な首魁や組織としての実体を持たず、故に組織というより集団。構成は人・徒・フレイムヘイズと様々
         ”人間社会に徒の全存在を打ち明ける”という危険な目的を掲げ
         運動と称し、世界中で宣布するため、一時地球上あらゆる場所で妨害のための戦いが起きた
         フレイムヘイズだけでなく、他の徒たちからも忌み嫌われてた。
         裏ではあの仮装舞踏会までもがフレイムヘイズの運動阻止に手を貸していたらしい。

 西暦2012年1月 「仮装舞踏会戦争蜂起」
         原作・アニメはここから


ここに23話と最終回への伏線とヒントが大量に潜んでますよ。

Re: 武良さん

コメントありがとうございました。
それからお手数をかけたようで申し訳ありませんでした。フィルタは言葉を指定できないようなので、とりあえずOFFにしてみました。これで惨殺もでるかな。

 言談後刻は完全に勘違いでしたね。いや、お恥ずかしい。
 サーレがロボを糸を張って飛ばしたというのは、そうですね、まさにそんな感じでした。それと、キアラの救助失敗のとこが見てて、あれ?救助しなくても教授を倒せるんだからいいんじゃないのかなと思ってたんですが、マモンのおかげでサーレが助かったということで納得しました。サーレの仕掛けについてはやっぱり説明があるとよかったですね。
 教授はやっぱり生きてるんですね。あの爆弾の消滅はどこか異次元に送るものなんじゃないかと思ってました。
 悠二が武器にしてる髪が教授の発明というのは意外でした。祭礼の蛇の能力とばかり思ってました。
 それからラミーがどこにいるんだろうと思ってたんですが、コンロクイムにいるんですね。だからマージョリーも改造大命詩編を撃ち込めたと納得しました。
 マモンは魅力あるキャラみたいですね。マモンやキアラやサーレや、尺の都合で描くのは難しいんでしょうがちょっともったいない感じがします。

Re: 匿名さん

年表、ありがとうございました。
こうして見ると世界観がまた違って見えてきますね。
人間の戦争を代理戦争にしたりとか南北戦争とか徒の存在を知らしめる集団とか面白いですね。
人とフレイムヘイズの子が禁忌みたいになってるのは意外でした。
ありがたく参考にしたいと思います。
プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。