スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムAGE 第21話 「立ちはだかる幻影」 を観て

 ゼハートとの圧倒的な壁にフリットへのコンプレックス、おまけにロマリーには奈落に突き落とされてボロボロのアセム君。
 そんな悩める彼に「お前はお前だ」と、さすがウルフ隊長、正しい方向に導いて。
 本来のアスノ家はマッドーナ親子の様にあるべきなんじゃないかなと思ったり。
 ロマリーの入隊理由は気になってたんですが、ここまであからさまにそっちに傾いてたとは。でも、アセムは可哀想だけどこの方が楽しそうですよね。

  ゼハートとの壁、Xラウンダーにムシャクシャするアセム。「うさばらし」って、さすがウルフ隊長はわかってる。
 そしてビックリングへ。21話目にしてようやく地球が姿を見せましたね。
 フリットがミレースの上官になってるのはちょっと嫌な光景だけど、ウルフとはウインク、仲はいいみたい。

 フリットはアセムを大切に思ってはいるんだろうけど、戦力としての期待、Xラウンダーにも血でなれるはずだと、その方向を大きく誤っているような。訓練プログラムも戦力増強にひた走ったものだし。
 アスノ家はモビルスーツ鍛冶なんだから、エンジニアとしてアセムを育てるのが本来のはず。ヴェイガンへの憎しみから道を踏み外してアセムはその犠牲になってるんじゃないかな。
 ただ、ゼハートとの接触、その友情の為にガンダムで近づくのは、アセムの中から湧き出るもの。いずれは父を否定すると思うけど、ガンダムのくれた機会を感謝する、そんな先も見えてくるような。

 「次世代型パイロット特別訓練プログラム」。
 オブライトの説明がまんまだったり、あと、今回登場のメカニック、レミに一目ぼれしたり、オブライトは意外と面白いキャラなのかも。レミも可愛かった。
 アセムはXラウンダー敵性に興味深々。マックスも悔しくて参加ですね。

 アセムとロマリー、久しぶりの話す機会。
 「戦う」はゼハートを思い出すキーワード。
 そしてゼハートとアセムが話せた事を知ったロマリーの口から、「いいなぁ」。
 もうこれで明白、ロマリーはゼハートに会えるかもしれないから軍に入ったんですね。アセムとゼハート、どっちかなと思ってたんですが、もうゼハート一直線なような。アセムは大切な友達ポジションか。
 いや、ロマリーは悪くないですよ。ロマリーが彼に恋しちゃったんなら仕方ない。好きなら両天秤にかけずに学生時代にもっと早く告白しなさい、とも思えるけど、多分卒業式の別れで初めて好きだと気づいたんでしょう。告白しなかったアセムにも少しは責があるし。
 哀れ、アセム君。ちゃんとフラれたとわかる感性の持ち主で、ショックで愕然としちゃってますね。その泣きそうな情けない顔、とても人間らしく、いいキャラになってきてるなと思いましたよ。頑張れ、アセム。

 Xラウンダー敵性がD。
 で、ゼハートには恋に破れた上に戦いで追いつく見込みも無くなり、もうグレるんじゃないかのアセムは父の慰めも逆に腹立たしく。まだ子供だなと思わせるアセムだけど、
 「お前は頭で考えすぎなんだよ」。
 ウルフ隊長が憂さ晴らしに連れてったのはお馴染みのマッドーナ工房。

 奥さんの方はあまり変わってないような。そして息子のロディ登場、人懐っこい人ですね。
 ムクレドとロディの打ち解けたやり取りは、アセムとフリットの親子関係とは全然違って。
 二代目の気持ちのわかるロディはアセムにアドバイスしてくれるいい人だ。
 モビルスーツいじりが好きでこの道に入ったこと。本来ならアセムもこうしてモビルスーツ鍛冶になるべきだったんだけど。
 親父が壁であり、尊敬し、追いつきたいこと。ここら辺はアセムに似てますよね。
 そして、越えられないかもしれないけど、「僕にしか出来ない事は確かにあるんだ」と。

 そのロディが作ったのは「戦闘シュミレーションマシン」。何故かムクレドはこの分野がさっぱりで、まあ、新しい世代が新しものをとをということで。
 AGE-1とゼイドラの戦闘データが入ってて、アセムはゼハートとフリットとの仮想対戦。これはかなりゲーム的ですね。
 「親父に勝つチャンスだぞ」。ウルフは焚き付け方がうまい。
 フリットの真似をする必要はなく、「お前はお前の出来ることをやればいいんだ」と。
 誰にも教わらずヴェイガンを倒した初戦闘、その意味するところも何かありそうですね。戦闘センスの良さはウルフに共通するものかも。「自由に、自分の思うように」。
 実力差は歴然、アセムはやられるけど、でも再挑戦して「俺なりに強く」。悩みが吹っ切れて自分の道を歩み出したようですね。
 父のようにとのコンプレックスから踏み出して、本当の巣立ちが始まったようです。
 いずれはXラウンダーを凌駕する存在になるのか、だとしたらその根底になる力は何なのか、そんな先のことも思いながら。

 一方、ヴェイガンは地球侵攻のためにビックリング攻略作戦を開始し、次回へ。

 次回は一大決戦になるみたいですね。
 もし地球を舞台にした戦闘が今後用意されてるのだとしたら、それはヴェイガンがビックリング攻略を成功して地球侵攻に踏み切るという結果も予想されます。だとすると、フリットの命が危うくなる可能性も。
 親を越える、というのがアセム編のテーマの一つだと思いますが、戦闘で超えることだけじゃなく、その考え方をも超えていけるかどうか、これも気になります。
 ロマリーを巡る三角関係も面白くなりそうですね。ロマリーとゼハートの再会はいつになるかわからないけど楽しみです。アセムは失恋したけど、より純粋な友情を三人の中に見出していってくれればと思います。
   そっかー。ゼハートと会ったんだ。

       ---------------------
おまけ:    Another   AGE   第21話

     ビックリング

ロマリー 「いいなぁ」
アセム  「え?」
ロマリー 「うんん。なんでもない。
      そっかー・・・。ゼハートに会ったんだ」
アセム   ・・・・・・・・・負け・・・た・・・。
       ガーン ガーン ガーン ガーン・・・

ウルフ  「よっ、アセム」
アセム  「ウルフ隊長」
ウルフ  「見てたぞ~。フラれちまったな。アハハハハハ」
アセム  「笑わないでください」
ウルフ  「まったく、お前は頭で考えすぎなんだよ。
      ついて来い。憂さ晴らし出来るところにつれてってやる」

     マッドーナ工房

アセム  「ここは?」
ウルフ  「まあいいから」
ララパーリ「いらっしゃーい。今日はどうしたの」
ウルフ  「どーも、奥さん。相変わらずお綺麗で。
      実はこいつが女にフラれちまいましてね。
      ちょっと憂さ晴らしの相手してやってくださいよ」
アセム  「え゛っ」
ララパーリ「あら、可愛いボーヤね。いいわよ。ウフフフフ」
アセム  「あの、僕は、あの・・・グスッ」
ウルフ  「わー、なんで泣くんだよ。冗談だよ冗談」

                          おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 機動戦士ガンダムAGE
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE「第21話 立ちはだかる幻影」/ブログのエントリ

機動戦士ガンダムAGE「第21話 立ちはだかる幻影」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。