スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナIII(Final) 第18話 「闘争の渦」 を観て

 大命。
 数千年にわたる悲願の成就しようという日がついに訪れて。
 御崎市に出現した星黎殿、封絶がはられ、
 「半日にも満たない今夜零時」
 吉田さんを招いたその日にもう、ザナドゥを創造するんですね。
 着々と執り行われる準備、
 吉田さんの目を通すことでトリニティの純真さも透けて見え。
 そして、阻止せんとするシャナ達の作戦の第一手は。

 悠二のやり方を見届けて受け入れられなかったらヒラルダを使う。
 これが吉田さんの戦い、命を捨てる覚悟。
 でも、悠二がそれを見落すわけないのはわかっていて、本当は唯悠二に身を任せただけだったと、自分の甘えを認め、改めて自分が星黎殿にいる価値を見つけようとする吉田さん。
 弱さを持っているけど、そこから先に進もうとする、それが吉田さんの強さですね。
 ヒラルダは封印され、悠二はなおフィレスを舐めてるみたいだけど、フィレスは何やら準備してるし、波乱が起こりそう。
 それと、悠二はヒラルダを使うと吉田さんが死ぬかもしれないのは知らないんですよね。

 吉田さんの役割。
 ザナドゥ創造にはこの世に大きな穴を開けて大きな力を狭間に通す必要がある。
 御崎市にアンチシールを上書きするとこの世の存在が互いを見失って隙間が肥大化し、スカスカになって大きな穴となる。
 御崎市は吉田さんのイメージをもとにカムシンに調律してもらったから、アンチシールを張るのに吉田さんの持つイメージが必要。といったところかな。
 んーーー、なんとなくわかった。アンチシールは人間一人一人の間にバリアをはるイメージかな?
 大きな穴は御崎市以外にも開けられるけど、このやり方の方が祭礼の蛇の負担が減るからと悠二の提案で、悠二には他に何か御崎市を選んだ理由がありそうですね。

 星黎殿がシンサイシャ形体?に変形だ。始まるぞって感じですね。
 こうした大掛かりなのは教授の面目躍如。吉田さんの驚き方が可愛いですね。
 そしてベルぺオルのタルタロスで封絶内の人間の安全を確保。悠二の備えですね。
 そして、ヘカテーのトライゴンにより世界に届く、悠二の最後の宣布。
 ザナドゥ創造に向け一気に流れ出した感じです。

 アンチシール担当はラミー。
 起動、で吉田さんの見る街の壊れる幻像は存在がバラバラになるのを意味してるのかな。御崎市に安らぎを感じなくなって、存在が互いを見失ってる状態だからかな。
 これで「大きな穴」が開いたんですよね。
 街の上空に浮いてる吉田さんが幻想的でよかった。実際にこんな風に飛んで活躍して欲しいなとも思ったり。
 ラミーのバルマスケ協力の理由は、徒の残した存在の力を分けてもらうため、と、何だかんだでぶれない人でしたね。彼の望みがわかるのはまだ先みたい。

 徒の大群が御崎市に集結。
 バルマスケに属してない徒もうじゃうじゃ来てえらい賑わいですね。

 時は来て、ヘカテーの始める、
 「ザナドゥ創造のための大命詩編全面稼働及び儀式の祈り」。
 バックアップ機能コンロクイムに移行、で儀式のバックアップをとるのかな。そして、
 「じゃあな、俺のかわいい頂の座ヘカテー」
 ヘカテーとの別れの時が。ヘカテーは生贄に選ばれたのだと。
 創造神は願いを叶えたら眠りにつき、そして、その間に溜まって来た徒の新たな願いが構成要素となり再びヘカテーが現れる。ヘカテーは願いから成り立ってるんですね。だから自分自身は無いのか。
 「また、いつになるか」。
 大きな願いを叶えた後だと、次の願いが溜まるまでそうとうかかりそう。
 淡々と語るシュドナイ、今までもそのことを知ってのうえだと思うと彼の愛に尊さを感じます。
 ヘカテーは消滅し、祭礼の蛇の真の召喚となり。
 「望まないものを受け入れて、どうしてそんなに揺るぎない表情で」。
 吉田さんは考えてますね、自分と比較して。トリニティは唯そのために存在しているのです。

 ここでシャナ達の作戦が火蓋を切った。
 まずは大地の四神。
 イーストエッジは星と鳥の自在法で輝き燃える銀河となって流星が雨あられと降り注ぎ、
 ウェストショアは水の魚の自在法で、恐い恐いと言いながらも恐いのはお前だ攻撃で、
 サウスバレイは亡者の自在法で徒を喰らっては分裂し、神輿の上で高笑いだ。
 雨の自在法のセンターヒルが戦が好きでも得意でもないのも納得。
 ハボリムと対峙のサウスバレイ、仇のシュドナイまで辿り着けるでしょうか。

 そして、
 「いっけーーーっ!」
 キアラの鳥に乗って、来ました、シャナはなんと正面突破。こんな大胆な作戦だったとは。
 敵の攻撃をものともせず、
 シャナとヴィルヘルミナは悠二のもとへ一気に参上。
 「悠二」「シャナ」
 「決着を」。剣を構え、二人とも嬉しそうな顔をしてますね。
 悠二はシャナが制服を着て来てくれたことも喜んでるみたい。シャナも悠二の為にこのチョイスだったんでしょうか。
 「二人とも相手のことを何よりも想っていて、
  なのにどうして、
  望まないものをぶつけ合うの」
 吉田さんはヘカテーに感じたのと似た「望まないのに何故」に、考えを馳せて、次回へ。

 吉田さんの視点で見るとバルマスケの意味合いがまた違って感じられますね。
 彼女のひたむきに物事を考えていくとこ、少女らしさがよくでてました。
 ヘカテーとシュドナイの別れは、彼等の存在理由、それに忠実である真摯な姿が伝わってきて、淡々として美しい演出がよかったです。
 シャナの作戦はこのまま悠二をぶっ倒すなんてものじゃないですよね。
 カムシンやマージョリーに佐藤、それに天道宮のレベッカ、彼等の役割が気になります。
 次回、予告でフィレスが出てたけど、果たして吉田さんの運命は、あるいは悠二の運命やいかに。
   俺のかわいいヘカテー

     ------------------------
おまけ:    Another   灼眼   第18話


     星黎殿

教授   「♪エーークセレントー」
吉田   「きゃっ。 ・・・・どうしてこんな愉快な人が?」

ベルぺオル「タルタロス、封絶に同調」
吉田   「街のみんなを守ってくれて・・・」

シュドナイ「今度はなにせ世界ひとつだ。また、いつになるか」
吉田   「こんなに渋くて・・・」

ヘカテー    ピカーーーーーッ
吉田   「望まないものを受け入れて、揺るぎない表情で・・・」

吉田   「坂井君っ」
悠二   「どうしたんだい吉田さん」
吉田   「あの、私を・・・、
      私をバルマスケの一員にして下さい!!」
悠二   「ダメだ!!!」

                        おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 灼眼のシャナ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

灼眼のシャナIII 第18話 『闘争の渦』

ヘカテーが・・・消えた?どうやら巫女の役目として、ザナドゥ構築の礎になった模様。前に出番があったのは捕えたシャナを勝手に殺そうとした時。そして今回あっさりと消滅。 死ぬわけではありません、一度消えて復活するんだそうです。しかし別れ際のシュドナイとのやり?...

灼眼のシャナIIIFinal TokyoMX(2/10)#18

第18話 闘争の渦 星黎殿が御前市に降下してくる。人々にも見える。坂井悠二と吉田一美は屋上から星黎殿に 向かう。両脇には3柱臣と徒が佇んでいた。 吉田一美に頼む協力とは、かつて調律師 カムシンと御崎市の歪みを正した。その力を借りたい。カムシンが調律した隙間?...

灼眼のシャナIII-Final-「第18話 闘争の渦」/ブログのエントリ

灼眼のシャナIII-Final-「第18話 闘争の渦」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。