スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナIII(Final) 第17話 「誰が為に」 を観て

 大地の四神は気難しい、って事だったけど、案外話し安そうですね。シャナの私情だからこそ通じるってことなんでしょうか。
 御崎市に現れた悠二の目的。
 吉田さんとの遣り取りが中心になるのかなと思ってたら、意外と悠二と田中の会話が中心で、でも、よかったですよ。田中の味がよく出てて、開眼もあったし。
 「楽しかったぜ」の辺りは感慨でした。
 吉田さんが静かにしてるのも逆によくって、最後の辺りは神秘的に思えたり。
 そして、悠二の話を聞いていて彼を応援したくなった、そんな今回でした。

 飛行場テロって、フレイムヘイズなんですね。徒を逃がしたくなくて躍起になって狩っていて、はた迷惑でかなりの落ちぶれような。
 チューリヒでは、今後またゾフィーにまとめてもらうため彼女の責任追及もしないと、あきれ果てたダメダメぶり。ところで黒衣の夫人は以前からちょくちょく顔を見せるけど誰なんだ。

 アメリカに散らばってた大地の三神がニューヨークに集合。
 出迎えのシャナとキアラのラズベリーで緊張してたんだ、のとこが何か好きです。
 やって来たのはサウスバレイとウェストショア。取り巻いてるのは旅の道連れ、って人気者ですね。もっと厳つい感じなのかなと思ってたけど、シャナに挨拶する時も頬ずりしたりして、親しみっぽい感じですね。

 居酒屋で勧誘。
 シャナは私情で動くのがマイナスになるんじゃと思ってたけど、これが大地の三神にとって逆にいいこと。
 彼等は徒も共にこの世界を作って来たとの考えだから、フレイムヘイズの大義には相容れないけど、私情ならOKなんですね。ザナドゥがもたらすであろう未来の大災厄から守るのも彼等の理に適ってる。
 そして、シャナが告げるセンターヒルの言葉「雨のひと滴となった~。戦う、という決断は、そう、きっと間違っていない」。
 その戦う決断をしたのがシャナであり、大地の三神は「決まったな」、シャナについていくことに。
 シャナがこの戦いの先頭に立っている感じが出てきましたね。
 センターヒル達の志とは違うかも、というこの作戦の目指すところも気になります。
 それから、最後に「ごめんなさい」と入って来たのが誰かも気になる。

 坂井悠二御崎市に立つ。
 振り返ると坂井悠二って、吉田さんもびっくりですね。
 悠二は吉田さんを連れてく為に現れたんだけど、田中と一緒のとこに現れたのは田中とも話しておきたかったからかな。池と緒方を巻き込まないのは当然ですね。というか、もう出番無しと思ってた池がでた。ちょこっとだけど、もうこれが最後でしょうか。
 父に会うよう勧める吉田を「ありがとう」と遮ってちょっと緊張。会いたい気持ちはあるんだよね。

 「最期に必要な君の力を借りに来たんだ」。
 吉田さんの力ってヒラルダのことかな。ザナドゥを作るのに必要なのか、その一方でやろうとしてることに必要なのか。ここに来てこんな重要なポジションになって、こちらとしてはうれしい限りです。
 田中はもちろん怒ったけど、
 「私が必要なんですか?」 
  「うん。君が必要なんだ」
   「わかりました。一緒に行きます」。坂井君の計画の為だからと、
 吉田さんの悠二への愛は強く、それは彼女の望みにかなうものですね。

 今の悠二は、坂井悠二と祭礼の蛇が「溶け合ってるって感じかな」と。しっくりくる表現ですね。
 祭礼の蛇は、自分の存在意義以外は無頓着で、誰かの望みを叶えたくてうずうずしてて、そういう話ではお喋りになり、欲望の肯定者で無邪気で楽観的で、徒から甘くみられてる、と、わりと可愛げのある神様なような。

 御崎市全体が戦場に。
 悠二は被害が出ないよう備えたと言ってるけど、そうまでして御崎市を選んだのにはきっと深い理由がありますよね。

 ザナドゥ創造の宣布は徒を大人しくさせるエサにもなっている、と悠二の賢さが垣間見えたりも。徒の監視はラミーなのかな。坂井悠二は厳しくなければならない、と祭礼の蛇のダメなとこを補ってるよう。

 「坂井悠二の計画は、楽園創造という巨大な歯車仕掛けの隙間でほんの僅かに生じた余力と危なっかしい綱渡り。代行体に通せる程度の我儘にすぎないのだから」。
 きました。とにかく悠二はザナドゥ創造の一方で何かをしようとしてるんですよね。それが何なのかとても楽しみになってきました。
 これまで戸惑ってた田中も悠二を理解して、開眼だ。さらに、「そうか、吉田さんも」、シャナや悠二と同じように「戦うつもりなんだ」と理解して、さらに開眼。そう、それが吉田さんです。

 かつて造ろうとしたのは徒だけの世界。かつての徒がそれを望んだから。
 そして今、徒が望んでいるのはこの世と全く同じ人間もいる世界。
 「共に暮らし物事を形作っていく人間のいる世界を」。数千年の間に人間への愛着が育って来たんですね。捕食の対象でありながらも魅かれていく感じ、深みがありますね。
 暴食をしなくても生きてる徒も沢山いるはずだし、ゆくゆくはと、明るい未来がありそうな予感もします。

 シャナと悠二は戦うしか道が無い。
 悠二の不確実な試みをシャナが是とするわけがない。戦って勝った方が我を通す、と、シャナと悠二には甘いことなんて通用しないですね。この二人は。

 「俺は逃げないぞ」。
 お前も俺達を守ってみせろ、と田中いい顔だ。悠二の話に感化されたとこもあるけど、乗り越えたって感じがしますね。
 「なあ坂井。皆との、たった一年弱だけど楽しかったか。俺はすっごく楽しかったぜ」
 「ああ、本当に。何もかも夢の様に楽しかった」
 最後は握手で。とてもいい別れのシーンでした。

 「行きましょう。坂井君」。
 吉田さんもいい顔で。「坂井君が坂井君のままだとわかったから少しだけ安心できました」
 吉田さんがなんだか神々しく見える。
 扉の向こうはではトリニティ達が出迎えて、その先には星黎殿が。
 吉田さんの身を案じながら、吉田さんの強さを信じながら、吉田さんの儚さを感じながら、次回へ。

 次回は、ついに最後の戦いの開幕。
 悠二の計画、シャナの作戦、吉田さんの運命、どうなるんだろうというところが沢山あります。
 楽しみにしてます。
   坂井悠二の計画は、

       --------------------
おまけ:    Another   灼眼   第17話

    御崎市

悠二 「最期に必要な君の力を借りに来たんだ」

吉田 「あ・・・」

田中 「お前っ! シャナちゃんだけじゃなく吉田さんまで、
    そんな、
    そんなハーレムプラン、俺が許さーーん!!」

吉田 「待って、田中君」

田中 「だってこいつ」

吉田 「私、それでも構いませんから・・・」

田中 「えーーーーーっ。」

悠二 「ハハハ。それに君が心配する必要なんてないんだよ。
    緒方さんには、何もしないつもりだから」

田中 「オ、オガちゃんをバカにするなーーーーーっ!!!」

                          おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 灼眼のシャナ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

灼眼のシャナIII 第17話 『誰が為に』

田中の目が開いた!御崎市へ舞い戻った悠二が吉田や田中と再会。一方で悠二の両親や池、緒方たちは坂井悠二を覚えていない。キャラクターを交錯させつつ差を見せつける演出は見事でした。 そして悠二が来たのは吉田を連れていくため。ザナドゥ創造に必要なんだそうです。?...

アニメ灼眼のシャナIII -Final-第17話 「誰が為に」感想

発言者:→宵里、→春女です。 「日本の空港襲撃とか……嫌ぁねえ」 「勝手に爆発とか縁起でもない」 「映画館の中で、お偉いさん方が鬱憤晴らしですか」 「言いたい放題ですね」 「シャナ、ラズベリーで餌付けされてる? N.Yで仲間が増えたね」 「あの三人へ彼からのメッ…

灼眼のシャナIII-FINAL- 第17話「誰が為に」

灼眼のシャナIII-FINAL-の第17話を見ました 第17話 誰が為に “無何有鏡”創造の地と宣布された日本では“徒”とフレイムヘイズが戦いを繰り広げている中、シャナ達は香港を経由し、南北アメリカ大陸を...

灼眼のシャナIII-Final-「第17話 誰が為に」/ブログのエントリ

灼眼のシャナIII-Final-「第17話 誰が為に」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。