スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムAGE 第14話 「悲しみの閃光」 を観て

 ユリン出撃。
 脅されたんだから仕方ない。それに、フリットに会いたかったんだから。

 デシルの声を聞いてそこに来たフリット。佇むガンダムと静かな緊張。と、すぐ後ろにデシル出た。いつの間に。
 Xラウンダー同士なら通信機無しでも会話が出来ますね。
 フリットは、デシルも本当は戦いたくないはずだと思ってたけど、残念、デシルにとって戦いは遊びと同じ。命がかかってるからこそ楽しいなんて言っちゃってる。悲しみと怒りを抱いて交戦するフリット。に、
 「もっと面白いものを用意してあるんだ」。不敵なデシル。
 その秘密兵器はピンクの機体。足に台座が付いてて花っぽいイメージ。そして、
 「フリット、やっと会えた」。
 乗っているのはユリン。嬉しそうだ。でも、フリットにはショックと悲しみですね。

 ファルシアは花柄のファンネル搭載。ガンダムを攻撃するけど、これはユリンがやってるわけじゃない。
 「こうするしかなかったの。こうしなきゃ二度とフリットに会えないって」
 デシルに脅されてこんなことになったユリン。協力しなきゃどうなるのかはわからないけど、う~ん、ユリンを殺すって脅しなのかな。
 ファルシアのコントロールはユリンにも出来るけどデシルによる遠隔操作の方が上位。Xラウンダー同志の共鳴で力を強くするのがユリアを連れて来た目的で、戦闘を望んでたわけじゃなかったんですね。
 ユリンは自分でコントロール出来なくなることを知らなかったんだから、もしかしたらフリットに会ったらフリットの味方に付くって考えもあったのかな。まさか、自分の機体がフリットを攻撃して追い込むなんて考えてなかったはず。
 「ダメ」。ユリンの叫びが悲痛に響く。
 「これで僕の勝」。デシルの剣がガンダムを貫こうとしたそのとき、
 「ダメ」。ユリンがその間に入って。貫かれるファルシア。

 ユリンとフリットの見る心象風景はミンスリーの森。
 リボンを結んであげて。
 「ただ、もう一度会いたかったの。
  そのためなら何でもするって思ってた。
  モビルスーツに乗るのだって、フリットに会えるのなら我慢できるって。
  どうしてなんだろう。わかってたのに。
  もう一度会えたら気が済むって思ってたはずなのに。
  私は、フリットとずっと一緒にいたかった。
  もっと生きていたかった」
 「フリット。生きるのって難しいね」
 もう一度会う望みは叶ったけど、やっぱり本当はそれだけじゃなく、ずっと一緒に生きていきたかったんですね。ユリンは宇宙に散って。

 「命はおもちゃじゃないんだぞー!」
 ユリンを遊び道具と言うデシルにフリットの怒りが爆発。目にもとまらぬスピードでデシルのMSを切り刻み。でも、戦闘不能にしたデシルにとどめをさすのはグッと思いとどまったフリット。

 「何が、救世主だ。ユリンさえ救えないのに、僕は。僕はー」
 ずっと目指していたことの大きな挫折。
 自分に対する怒り、UEに対する怒りをふつふつとさせ。
 タイタス最期の見せ場? 怒りのやり場にUEの機体を瞬殺し、シャッターを持ち上げ。
 バルガスの声も届いてない。
 「UE。僕はお前達を許さない」。
 みんなを守る為に、という明るい目標から、憎悪にかられた復讐鬼へと変遷したフリット。いったいどこに行きつくのでしょうか。で、次回。

 作画、演出ともによかったです。とくに、コクピットのフリット。フリットがずっと今回みたいに感情をよくだしてくれてたらよかったのに。

 今回までにユリンにはもっともっと出番が欲しかった。

 それから、ラーガンといるときのエミリーが可愛かった。フリットとエミリーの間にああいったシーンがあればいいのにとも思いました。
   ずっと一緒にいたかった

      ---------------------
おまけ:    Another    AGE   第14話

   ミンスリー

デシル 「断ることなんて、許されないんだよ」
ユリン 「う・・・・」
デシル 「あーあ。一緒に来ればフリットお兄ちゃんと会わせてあげられるのになー」
ユリン 「フリット?! 行く。私、行くわ」

   アンバット

デシル 「さあ、君はこれに乗るんだよ」
       塗装前のファルシア
ユリン 「う・・・。真っ黒なのね・・・。
     そうだわ、ピンクにしましょ。ね」
デシル 「え~~~」
ユリン 「ついでにファンネルもお花柄にしましょ。ね。
     フリット、きっと喜んでくれるだろうな」
デシル 「花柄?!・・・、プッ、クックッ・・・、ダッサ」
ユリン 「う!!!  私・・・、乗らない・・・」 グスッ
デシル 「わ~~~、わかったよ、お姉ちゃん。ピンクの花柄だね」
ユリン 「うん♪」

   宇宙

ユリン 「フリット。やっと会えた」
フリット「ユリン。ユリンなのか?」
ユリン 「見て、フリット。ファンネルもお花柄にしてもらったの♪」
           プシュッ
フリット「そんなのどうだっていい! それよりなんで君がここに?」
ユリン 「!!! どうだっていい?!・・・。
     フリットなんて、フリットなんて、大っ嫌い!!!」
        ファンネル  
           バシュー バシュー バシュー
フリット「わーっ、ごめんなさーい」
デシル 「ああっ、僕の獲物が・・・」

                        おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 機動戦士ガンダムAGE
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE「第14話 悲しみの閃光」/ブログのエントリ

機動戦士ガンダムAGE「第14話 悲しみの閃光」に関するブログのエントリページです。

機動戦士ガンダムAGE 14話

フラグ回収完了。 というわけで、 「機動戦士ガンダムAGE」14話 山田散華の巻。 まあ、予想はしてましたけどね…。 それでもね…。やっぱりね…。 ショックでけーっすわ…。 うわあああああああああ...

機動戦士ガンダムAGE#14「宇宙要塞アンバット」 MSA方式感想

この記事はMSA方式の感想記事です。基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。 エル「MSA ...

機動戦士ガンダムAGE 第14話 『悲しみの閃光』

デシルはメチャメチャ好戦的。なのに「戦うのは嫌なはず」とか今更な説得する意味が分かりません。そして遂に山田、もといユリンを引っ張り出してきました。戦場でも会えて嬉しいとお花畑なユリン。無論フリットはそれどころじゃありません。 どうやらユリンはデシルのビ?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。