スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣の奏者エリン(再) 第40話 「かげりゆく国」 を観て

 闘蛇を全滅させて正気に戻ったリラン。
 エリンはすぐに御座船の人の手当に向かい、意志の強さが伺えますね。

 御座船の惨状は闘蛇によるもの。もしリランが来なければ多分殆んどの人が死んでたんだから、あんな形ではあったけど沢山の命を救ったことにはなりますよね。闘蛇を操ってた人は全滅で哀れだけど、これは自業自得。
 エリンはこんな戦場のような場に立ち会うのは初めてですね。カザルム公の館での多くの呻く怪我人の場もそうだけど、こうした体験はそれからの考え方に影響を与えていくのではないでしょうか。

 真王の手当では瞳孔を確認して、獣の医術師だけど適切な診断をくだしてますね。ダミヤは真王を守ろうとしたって言ってるけど、前回の場面からはそうした様子は見られなかったような。
 「アーリョの秘法」。ダミヤだけでなく誰しもそれがあると思ったことでしょう。

 イアルは自分の怪我よりも部下の手当を優先。身を捨てて戦ってたイアルにエリンは「闘蛇のよう」と悲しい思いを抱いてる。
 イアルをはじめ誰もが今回の襲撃は大公によるものだと信じてるけど、エリンは闘蛇に印が無いことからそうじゃないとわかって。闘蛇の印付けは闘蛇衆の村から自然に広まっていったもので、真王領の知るところではない。
 馬で来るようにと、イアルはエリンの身に降りかかるであろうことを案じてる。ダミヤは今回の件を目の当たりにして、色々と考えてる様ですね。ダミヤはエリンがアーリョの秘法で王獣を操ったと思ってるけど、真実は誰でも操れるというのが大事なところ。

 カザルム公の館に闘蛇の解毒薬を持って来たエリン。
 一刻も早くの思いだけど、責任者のイアルは会議中。
 セザンが真王を守れなかったのを責められてますね。でも、闘蛇の群れがあんな風に攻めてきたらセザンだろうと守りようがない。みんなイアルに責任を押し付けてるんですね。何故このような事態が起こったのかを考えようともしない。ただ、大公が反旗を翻したのだ、で思考停止。集まってるのは政の中枢をなす人々だと思うけど、これをみるにつけハガルの憂いが蘇ってきたり。

 うなされる人々にエリンは竪琴で「夜明けの鳥」を奏でて。やってきたイアルも少し優しい気持ちになったみたい。
 イアルの治療をしながら、すぐに来なかったイアルを咎めるエリンから、相手を思いやっている感じがよくでている。「あなたは大切なものを自分からお捨てになるつもりですか」。
 霧の民の魔力について、
 「魔力を使うのがあなたであるなら何も心配はないだろう」と、使う者次第だという観点はエリンが規範に反する拠りどころと共通するものですね。
 「傷の話ではないのだ」以下は話すべきではない国のありように関する話。この国を支えている幹とは民の心でしょうか。「戦を嫌う陛下の清らかさを愛してきた民の心が守ってきたのだと」。それを見失ったワジャクとホロンは亡びると。
 「大公軍の闘蛇ではありません」。印のこと、そして闘蛇衆の村で育ったことを打ち明けるエリン。
 エリンもイアルも話すべきでないことまで話してしまって、お互いの存在が大きくなったようですね。
 右手を役立たずだと自虐的だったイアルも、「あなたの右手で守れるものはまだ沢山あるはずです」に頷いて。

 今回はエリンとイアルの会話が非常にいい感じでした。
 その中で戦を嫌う陛下の話があったけど、ヌガンなんかは真王への忠義をとか言ってるけどその本質を完全に見失ちゃってますね。
   ずっと待っていました

       ------------------------
おまけ:    Another   奏者   第40話

     カザルム公の館

イアル 「俺は話すべきでないことをずいぶんとあなたに話してしまった。
     もしかするとあなたもそうなのかと」
エリン 「そうかもしれません」
イアル 「あなたの御母上の事は誰にも言わない。約束しよう」
エリン 「イアルさん・・・」
セザン1「ああ、俺も言わないぜ」 ガバッ
エリン 「えっ?」
セザン2「俺だって。なあ、みんな」 ガバッ
セザン達「おうよ。約束しよう」 ガバッ
イアル 「お前達、起きてたのかっ?!」 カーーーッ
エリン 「あの、必要とあれば言って下さってかまいませんから。ハハ・・・」
イアル 「いや・・・、
     お前達っ、誰にも言うなっ!」
セザン達「ハッ!」
エリン 「アハ、アハハハハハ・・・」

                       おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

獣の奏者 エリン「第40話 かげりゆく国」/ブログのエントリ

獣の奏者 エリン「第40話 かげりゆく国」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。