スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムAGE 第12話 「反逆者たちの船出」 を観て

 グルーデックが勝手な行動をしてる以上避けては通れない道、連邦軍との激突。
 グルーデックとグアバランとの高度な頭脳戦が展開されるのか?!

 前回の川ではうまいこと逃れられたけど、急いで出航しなきゃね。「10分後」ってのがいい選択。
 ラーガンが心苦しいのはもっともだ。ウルフの説得がサラッとしてていい感じですね。

 急いだディーヴァだったけど連邦の方が早かった。グルーデックは、連邦軍は腐ってるとか言ってたけど、なかなかどうして、ちゃんとしてるんじゃないの。グアバランが特別ってことかな。
 憲兵ぽいってのが彼の個性だと思ってたら大違い。軍艦乗りが彼の真骨頂だ。チョコだって酷使する脳が欲しがってるからと、伊達にかじってたわけじゃない。
 あえて相手の誘いに乗るグルーデック。何か策があるみたいだけど。

 「開戦の花火」は閃光弾。眩しくって目がくらんでレーダーも見えないその隙に緑ジェノアスに抑えられて、あっという間に詰んじゃった、のか?早速回線をつなぐグアバランがちょっとカッコいい。
 訴えるアダムスがいい役どころ。グアバランの、上が考えることで下が勝手に動く理由にはならない、は、正論だけど心には響いたでしょう。
 押し黙るグルーデック。漲る緊張。と、その時どこからともなくビームが!何者だっ?!っと、ガンダムだった。出航前にこっそり出て隠れてたとか、これがグルーデックの作戦でした。
 でも、その隙に艦隊とジェノアス部隊の射撃式システムに捕捉され、周到なグアバランの高笑いが鳴り響く。

 3体1と数的優位の連邦軍。がしかし、ディーヴァ側にはエウバザラムの戦艦4隻がまだあった。一気に逆転かと、でも、弾薬の消費を避けたいと攻撃ストップ。グルーデックには撃ちまくらずにこの場を切り抜ける策があったみたいだけど、それがどんな策だったのかはついにわからず仕舞い。まったく予想だにしなかったUEが来ちゃったもんだから。

 前にディーヴァ、後ろにUEで、グアバランは「まいったねぇ、どうも」状態。
 連邦を見捨てて逃げるのかとアダムスとラクトの激しいやり取りの中、グルーデックの下した命令は「UEを叩け!」。そうこなくっちゃね。張り切るフリットたち。
 「オラオラオラオラオラオラーッ」敵ビームをかいくぐるGエグゼスがカッコいい。
 ラーガンも今回は大活躍。ついにドッズライフルを手に入れたらしく、「俺だって、俺だってー!」ガフランを撃破。おめでとう、初白星。
 そんな中、「こんなとこで、やられるわけにはいかないんだー!」フリットが覚醒。敵の動きを予想し、華麗に武器を使いUEを撃破。ミンスリーでユリンと過ごしたからなのか、気持ちが高ぶったからなのかわからないけどとにかく目覚めたフリット。戦闘レベルが格段に上がったその先に、何が待っているのでしょう。

 主砲の発射準備で前進のグルーデックにグアバランは道を空けて、何だかんだで息の合うこの二人。グアバランもUE攻撃の判断を下し、「息が合ってる」と、フリットはこの言葉が好きだな。で、UEは撤退。ディーヴァの主砲はUE戦艦に効いてなかったから、フォトンブラスター砲とは違うよね。
 「次に会うときには一緒に酒でも飲みたいものだな」。グルーデックにグアバランは感服ですね。「UEを叩いたまでだ」ってグルーデックは言ってるけど、連邦を見捨てれない気持ちもあったはず。
 「いいんだよ。そういうことなんだ」。グアバランは敬礼して見送り、ディーヴァは気持ちの良い旅立ちとなりました。

 「Xラウンダー」。
 通常一生使われることのない脳のX領域を使うことのできるようになった超感覚の持ち主。
 誰にでもX領域はあるんだけど、それを使えるようにする方法はまだわからないんですよね。もしその方法がわかっていればわざわざユリンをさらわなくても誰でもXラウンダーにできるはずだから。多分Xラウンダーは偶発的に発症する希少な人。そして、相手がXラウンダーであるかどうかはXラウンダーにはその感じでわかると。
 ユリンがノーラでフリットに「わかるはず」と言ってたのは、フリットが自分と同じXラウンダーと感じ取ったから。フリットはそれから今まですでにX領域が使える状態にあったけど、今回ようやく無意識にそれを使うことができたということかな。
 ユリンとフリットが魅かれ合うのは同族だからという点も大きいんでしょうね。

 そのユリンを連れにデシルがやってきた。
 バーミングスはやっぱりな感じで、UEの息のかかった人みたい。Xラウンダーと思わしき人を連れて来て様子を見て、本部に連絡といった役どころか。
 デシルはユリンがエデンのことをよく知ってるような口ぶりだけど、これはいったいどういう意味なんだろう。怯えるユリンはフリットに救いを求め、次回。

 フリット編も大詰めが近い感じになってきました。ユリンがUEのパイロットになってしまうかもって展開だけど、果たして回避はあり得るのか。
 フリットが戦闘を積んでだんだんと戦闘力アップ、という形にしなかったのは、それとは違うものを強く見せたかったからでしょうね。
 あと、エミリーの出番がここ何回か少ないけど、大番狂わせなんてことはないですよね。
   俺の脳がチョコを欲するんだよ

       --------------------------
おまけ:    Another   AGE   第12話

     ディーヴァ ブリッジ

       UEを撤退させて・・・

グアバラン 『助けられたな』
グルーデック「私はUEと戦ったまでだ」
グアバラン 『ふっ、そうか。
       次に会うときには一緒にチョコでも飲みたいものだなぁ」
グルーデック「断る!」

フリット・ウルフ「あちゃ~・・・」

                        おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 機動戦士ガンダムAGE
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE「第12話 反逆者たちの船出」/ブログのエントリ

機動戦士ガンダムAGE「第12話 反逆者たちの船出」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。