スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナIII(Final) 第10話 「交差点」 を観て

 来た来た来た、飛行機が飛んで来た。
 交差点作戦って、そういうことだったんだ。さすがはゾフィー。フレイムヘイズ達も頼もしくみえる。

 シャナがもう脱走してるのを知らずに一生懸命捜すヴィルヘルミナがちょっとかわいそう。
 玻璃壇の部屋でこれより奥に行くなとラミーが足止め。ラミーは目的を果たすためにバルマスケの一員になってるだけだけど、立場上見過ごすことはできないんですね。基本シャナ達の味方みたいでよかった。
 ヴィルヘルミナを案内したのはフェコルーが指揮を執っていた部屋。フェコルーがいないけど、やっぱり死んじゃったのかな?
 それからラミーはシャナの安否を教えてくれて。自分の助けが必要なかったことで拗ねてるヴィルヘルミナがかわいいな。落ち込んでも、必要なのはシャナを見守ることと気持ちを切り替えて、健気なのもいい。

 カムシンは、どうしたものかと考えた結果はやっぱり破壊の続行と、何だかんだでただ壊すのが大好きななような。
 レベッカはカムシンに不利なプルソンを引き離して、前回見られなかった全開の攻撃。でも、プルソンは自在法ファンファーレで相殺と、とんでもなく強いよ。
 おとりに引っかかったレベッカが絶体絶命のピンチ。と、飛行機の大群、それに星黎殿の落下で、プルソンに隙が出来てそこを狙って撃破。いろいろと助けられちゃいましたね。

 デカラビアは軍勢のキャッチを心掛けていたから、旅客機が、それも別々の方角から各々やって来たから気づかなかったということでいいのかな。
 ゾフィー達単機かと思ってたから、飛行機がウジャウジャ集結したのにはびっくり。わらわらフレイムヘイズが舞い降りるのが壮観。想像以上の一大決戦みたい。
 さらに星黎殿の落下でクリュプタが粉々になり、ザムエルが自在法で砦を造って、ゾフィーが立ってと、ここら辺はとてもわくわくさせられました。
 星黎殿を落下させたのはヴィルヘルミナですね。手ほどきしたのはラミーってことでいいのかな。

 さて、贄殿遮那を手にしたシャナは行く手を阻むラクダみたいな紅世の王ウアルと対決。
 「まだダメ」と納得いかずに切り裂きまくるシャナにウアルがおののいてるよ。
 フレイムヘイズの力は契約者が持つ強さへのイメージが大切。
 「私にとっての炎髪灼眼の打ち手とは」。炎髪灼眼はシャナだけじゃなく先代もいたけど今は、
 「炎髪灼眼は私」。そして、シャナにとっての在るべき力の象徴は、
 「私自身」「強い私こそ炎髪灼眼の打ち手、シャナ」。
 シャナはこれまで強さのイメージが掴めてなくて炎髪灼眼としての力を発揮できてなかったけど、「強い私」をそのイメージに当てはめることで発揮できるようになったということでいいのかな。ゾフィーの手紙にあった「あなたとあなたを一つに」はこのことですよね。

 シャナをヴィルヘルミナが出迎えて、ついに再会。ヴィルヘルミナは思うところが沢山あるんだろうけど言葉少なで、いいシーンだった。
 シャナは神門を見上げ、これから悠二を追うのでしょうか?、で次回。

 悠二達御一行は太古のフレイムヘイズを倒しながらだからシャナ達が追えば追い付きそうな気もするけど、シャナ達に道がわかるのかという点もありますね。
 機長が人間で、佐藤が目指しているのはこういうところなんだなと思ったり。
 以前にフランソワが褒められてたのは、この沢山の飛行機の手筈を整えたからですね。
 いよいよフレイムヘイズサイドが優勢で星黎殿を落とせちゃいそうだけど、果たしてバルマスケの大逆転はあるのでしょうか。
   お迎えに参上したのであります

       ---------------------
おまけ:    Another   灼眼   第10話

    星黎殿

ヴィルヘルミナ「私が為すべきは見守ること。
        あの方は自分の戦いを始めたのでありますから。
        では、お迎えに上がるのであります」
                     てく てく てく

    シャナ VS ウアル

シャナ    「まだダメ。力の扱いを初歩の初歩から思い出せ。
        私にとっての炎髪灼眼の打ち手とは・・・、私!
        じゃあ私とは・・・、炎髪灼眼の打ち手!
        それなら炎髪灼眼の打ち手とは・・・、私???
        あれ、あれ・・・???」

ヴィルヘルミナ   物陰  そっ
       「見守るであります・・・」

シャナ    「ああっ、ヴィルヘルミナ♪ いいところに来た。
        私は、私は誰だ???」

ヴィルヘルミナ「うっ・・・・、私に甘えるのはダメであります。
        自分で答えを導くのであります!」

シャナ    「はうっ!・・・ぐすっ・・・」

ヴィルヘルミナ「・・・・ハァ、わかったであります・・・。
        貴女は、貴女でありますよ」 ニコッ

シャナ    「私は、私・・・・・
        ・・・・・ムッ! そんなことは分かってる!
        ヴィルヘルミナの役立たずっ!!」

ヴィルヘルミナ「ガーーーーン!!!!
        今、今最も聞きたくなかった言葉であります」
                          しくしく

                            おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 灼眼のシャナ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

灼眼のシャナIII 第10話 『交差点』

シャナ復活。これまでの鬱憤を晴らすかの様な活躍を期待してました。残念ながら盛り上がりとしては中途半端でしたね。まず場面転換が多くて、戦闘がやたら途切れ途切れになること。なので盛り上がりそう→場面転換→盛り上がりそう→場面転換の繰り返し。 更?...

灼眼のシャナIII-Final-「第10話 交差点」/ブログのエントリ

灼眼のシャナIII-Final-「第10話 交差点」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、TB等でお世話になっております。
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロと申します。
記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。


現在「今期終了アニメの評価をしてみないかい?14(9月終了作品)」と題しましてアニメ評価企画を開催していますので、少し宣伝させてくださいませ。

この企画は、前期終了アニメ(9月終了作品)をブロガーの皆様に点数で評価して頂き、その平均点を算出するという企画でございます。
最終回まで視聴された作品のうち幾つ(例え一作品でも)でも構いません、もしこの企画に賛同して頂けるのであれば是非参加してくださいませ。

なお、投票方法等についての詳しい事は以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5465.html


宣伝大変失礼いたしました。締め切りは12月30日までの予定です。今後も色々とお世話になると思いますが、どうかよろしくお願いいたします。
プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。