スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君に届け 2ND SEASON episode.10「ここから」を観て

 空の描写が印象に残る回。
 告白した日の長い夜。そして夜明けの空。
 一日ぶりの再会。流れる雲。雲が二人に影を落とし、雲は流れ、現れた日差しが二人を照らす。
 学校祭の終わり。みなを包む夕日。
 一日の流れと、その中に息づく人たちの模様が調和して満たされていく。

 風早君に告白した夜、彼からのメールを見てそれが現実であったことを何度も確認する爽子。告白したものの、それに対し風早君がどう思っているのかはわからず、でも、告白したことですっきりした爽子。爽子も、そして風早君も互いに話したいことがあり、次の日を待ち待ち遠しく夜を過ごす。そして夜が明け、

爽子の言いたかったこと。
  初詣、しあわせで怖いくらいだった 風早君を独り占めしたいと思った
  嫌われたくない 気持ちを言って終わることもある
  だけど、ここからまた始めたい 新しい関係を作りたい
  新しく始まることもきっと、相手が風早君なら・・・

風早君の言いたかったこと
  好きだよ
  違わないよ、同じでしょ

「風早君の好きと私の好きは違う」二人はずっと、この言葉に翻弄されてきました。
爽子は告白した後もやはり、こう考えていた。だから、告白したことによって二人の関係が終わってしまうこともあるかもしれないと。でも爽子は、ここからまた新しい関係を作っていけると信じて、風早君とならそれができると信じて、それを風早君に伝えます。風早君の「好きだよ」という言葉も、やはり自分の好きとは違うものとして、でもうれしく受け止めます。しかし、彼の本当の気持ちが彼女に届く時が訪れます。
 
 「違わないよ、同じでしょ」

爽子の好きという気持ちと自分が爽子を好きという気持ちは同じだと風早君は告げる。

 ~まさかと思いながら打ち消せなかった一つ見つけた可能性~

 ずっと自分に自信を持てずに生きてきた爽子。そこから生じた誤解やすれ違い。長い長い時間をかけ、ようやく互いの気持ちが届きました。


 最後に二人がおでこをコツンとするカット。とても丁寧に描かれていました。
   ここから

   ------------------------
おまけ:    Another   キミトド   episode.4

   西暦17XX年 相良藩 江戸屋敷

爽子22 「ささ、お召し上がりくださいませ。キーンと冷えてございますよ」
田沼意次「ほほぉ、これはうまそうよの。どれ、」

   障子  バリバリガシャーン

田沼意次「何やつ!ぬ、ぬしは」
松平定信「ハハハハハ、しかと見たぞ、意次。お主、ワイロを受け取りよったの。その『つぶ子』が何よりの証拠。ハハハ、これでお主も終わりじゃ。のう、意次」
田沼意次「何を申す、定信。これはただのジュース。ワイロとは、はっ、片腹痛いわ」
爽子22 「そ、そうでございます、松平様。私はただ、国民年金を一年間免除していただいたお礼をしたくて、こうして伺っただけでございます。ワイロなど、めっそうもございません」
松平定信「ええい、だまれ、だまれ、だまれ。それこそ立派なワイロではないか。そのジュースが無ければ、免除されることも無かったのであろう。たかが120円だからとて、許される理由にはならぬぞ。覚悟、意次!」
平賀源内「あぶねぇ、田沼の旦那!」

   エレキテル  バリバリバリバリ

松平定信「ギャー」
平賀源内「さぁ、今のうちに逃げるんだ」
  ・・・・・
平賀源内「ここまで来ればとりあえず安心だ。が、じきに追手が来るだろう。お嬢さん、江戸を離れるんだ。つらいこともあるだろうが、ここからまた始めるんだ」
爽子22 「はぁはぁ、あ、ありがとうございます、源内様。あの、お礼に、こんなものしかありませんが、キーンと冷えてますから」
平賀源内「おっと、オイラ、ワイロは受け取らないぜ」
田沼意次「じゃから、ワイロじゃないというに」

  その後、爽子22は北へ旅立ち、がんばって家庭を築いたという

            おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 君に届け
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。