スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナIII(Final) 第6話 「掌のなかに」 を観て

 マルコシアスの予想は大当たり。佐藤はアウトローに人質として捕まっていた。
 佐藤が東京アウトローに着いたのはシャナが連れ去られる前だろうから、ヴィルヘルミナはその以前から動員要請を断り続けていたんですよね。
 佐藤を監禁してから1週間、彼を人質として実用しなかったんだから、フリーダーもその卑怯な手はカルメルの為にもできるだけ使いたくないみたい。
 なんの力もない佐藤だけど、彼には当たり前の気持ちの素直な表現があって。それに、アウトローの中にもはねっ返りがいたりして。
 アウトローの内部が明らかになって来た今回。
 佐藤は無事に御崎市に帰ることが出来るのでしょうか。

 佐藤が向かったのは確か東京アウトローの分所みたいなとこ。なんだかホテルみたいですね。
 お使いに来ただけで味方のはずのアウトローに監禁されて、佐藤きっと大混乱。この日の夕方にシャナと悠二の対決があったはず。
 監禁1週間で、佐藤がドアを壊そうと暴れた形跡が。裂かれたクッションは悔しさをぶつけた跡かな。

 フリーダーはレベッカの名を騙ってカルメルに手紙を出してたみたいで、レベッカはとてもお怒りだ。フリーダーの紅世ブリギッドがなんだか可愛い。

 このレベッカさん、運試しとか言っていきなりドアを爆破して、豪快というか、佐藤君が死んでたとしても「ありゃ、しまった」で済ませそうな感じが。
 マージョリーが昏睡状態と聞いて、当然すぐに駆け付けたい佐藤。行ってもどうにもならないと言われても、
 「大事な人に何かあったら心配しますよ」。言ってから照れてますね。

 レベッカはカルメルとは古いダチの関係で、何百年か前には一緒に旅してたこともあるみたい。その頃なら気軽に助太刀できたのに、今は立場が高かったりしてそうもいかない。
 このところモヤモヤしてるレベッカだけど、その原因は彼女にもわかってなくて。

 上海が陥落したから東京が重要な防御拠点になるよう。アウトローとしてはレベッカとヴィルヘルミナに東京の指揮を執ってもらうつもりだけど。
 カルメルの邪魔をする権利はない、と反対のレベッカを、無謀な戦いで命を落とすよりも我々と合流した方が合理的と諭すフリーダー。フリーダーにも一理あるけど、それはカルメルの気持ちを切り捨てることですね。
 ますますモヤモヤのつのるレベッカだけど、
 佐藤の言葉を思い出して、自分がカルメルを心配してるんだと気づいて。
 フレイムヘイズが他のフレイムヘイズを心配したりしないってのが彼等の常識なんじゃないでしょうか。戦闘の道具、フレイムヘイズ。

 レベッカは立場を捨ててカルメルのもとに向かう決意。佐藤を連れて行くのは、彼への感謝ですね。でも、佐藤を放り投げたりして扱いがとても乱暴だ。
 二度も爆破で吹っ飛ばされたり、レベッカのせいで結構大変な目に合った佐藤だけど、
 連れ出してくれたし、感謝されたし、さの字と呼ばれたし、まんざらでもないみたい。「役に立った」と言われたのが一番うれしかったんじゃないかな。
 レベッカはすっかり佐藤が気に入ったみたいで、御崎駅での別れの彼女がいい感じ。「ありがとうございます」の佐藤もいい顔してる。

 初めてのお使いで大変な目に合った佐藤君。彼を救ったのはその素直な言葉でしかね。
 レベッカは問題児みたいだけど、喜怒哀楽がはっきりしててカルメルと真逆でいいコンビになりそう。好きなキャラです。

 一方、悠二の差し伸べた手について考えてるシャナ。
 悠二は手を握って欲しくて差し出したみたい。それは、悠二はシャナを愛していて、シャナにも愛してもらいたいという意味なのかな。
 最強の自在法「愛」って、意味深で具体的にわからないけど、シャナも悠二も持ってるみたい。何だかすごいですね、自在法「愛」。
 回想はシロとシャナの最後の別れ。
 と、「お前は、いらない」ヘカテーが暗殺しに来て、次回。

 ヘカテーは嫉妬ですよね。他の女の子に夢中の盟主にヤキモチ焼いて、ヘカテーもやっぱり女の子かな。驚きの展開でした。
 シャナは次に悠二と会うときにはもう恐がったりしないんでしょうか。今の悠二の愛を受け入れるのを怖がってたと考えていいのかな。
 洗脳と考えてたけど、悠二は洗脳とは違いますよね。
 ヴィルヘルミナは仲間が出来てよかった。ゾフィーも陰ながら応援。もう一人仲間に出来そうだけど、予告を見てたら、あの子かなと。いや、顔に傷のザムエルが本命でしょうか。
 アウトローはバルマスケが拠点へ大規模攻撃をすると予想してるけど、先週の感じだと違うことを目論んでるみたいで、そうした攻防も気になりますね。
 ともあれ佐藤君、お疲れ様でした。
   佐藤とレベッカ

     --------------------------
おまけ:    Another   灼眼   第6話

   東京アウトロー ビル

佐藤  「あの、レベッカさんはカルメルさんとは親しいんですか?」
レベッカ「そうだな、俺とヴィルヘルミナは何て言うか、
     そこそこ古いダチってとこだ」
佐藤  「ダチ?」

      鼻血  つーーー

レベッカ「なっ!! なに想像してんだ、このやろー!!!」
佐藤  「わっ! ち、違・・・」

      自在法 ドッカーーーン!!

佐藤  「ム~~~~~~・・・
     さっき・・・、レベッカさんにやられたのが、
     ・・・垂れてきただけなのに・・・・・・・」
レベッカ「へ?・・・ナハハハハ、悪い悪い、
     昔よく、ひやかされたことがあってな、つい」
佐藤  「ハハハ・・・でしょうね・・・」
レベッカ  ぴくっ  キッ!!
佐藤  「わっ!」

     体を大事にね、佐藤君♪

                     おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 灼眼のシャナ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

灼眼のシャナIII 第06話 『掌のなかに』

レベッカ・リード登場。ここへ来て新しいフレイムヘイズが登場しました。しかも虞軒みたいに即退場じゃなくて良かった。豪快な性格がマージョリー・ドーを彷彿とさせますね。  その上ヴィルヘルミナとは旧知の仲。何だかんだで顔広いですよね、ヴィルヘルミナ。旅を?...

灼眼のシャナIII-Final-「第6話 掌のなかに」/ブログのエントリ

灼眼のシャナIII-Final-「第6話 掌のなかに」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。