スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムAGE 第5話 「魔少年」 を観て

 デシルはユリンと同族の様だけど、これは遺伝子的なものなんでしょうか。それとも後天的かな?「エデンの住人と認められ」ってあったけど、それに認められるとこの能力が与えられるとか。
 遺伝的なものなら、フリットも彼等と同族の様な感じだけど、「アスノ家の血」がテーマとしてあるんだから、フリットは彼等ともまた特別な存在になるんだとは思うんだけど。

 デシルはフリットがあの時間にあの道を通るとわかってた様だけど、未来予知なのか、常にフリットの様子を把握できる能力なのか?
 フリットのことを知ってるのは、「エデン」の中ではもう有名人ってことでしょうか。エデンイコールUEのような感じもするけど、第三勢力の様な気もするし、まだわかりませんね。フリットの情報はユリンが流したんでしょうか?
 鬼ごっこは、フリットの個体能力を測るためですよね。フリットは捕まえれたけどデシルにはご不満だった様で。動きを予知して捕まえて欲しかったんですよね。フリットへの興味が失せると次の関心はガンダム。この移り気の早さはやっぱり子供らしいですね。
 AGEデバイスを差してガンダムの起動、さらに操縦と、直感でわかっちゃうこれも特別な能力なのかな。7歳でも簡単操縦の親切設計ってわけじゃないですよね。モビルスーツの操縦経験はあるみたいだけど。
 フリットは鬼ごっこの続きだと思ったけど、あれはデシルなりの性能の測り方なんでしょうね。ガンダムをオモチャの様に乗り回して、好きなシーン。このガンダムもご不満で「飽きちゃった」からUEを殲滅。フリットもいつかあんな風にガンダムを乗り回すようになれるのかな。
 デシルの戦闘の様子は、能力もあるし戦闘訓練も受けてる様に見えるけど、どうなんだろう。
 そのままガンダムを持って行っちゃうのかと心配したけど、返してくれましたね。気に入らなかったからかな。
 「それまで生きていればだけど」の目つきが。
 黒服5人はお目付け役みたいだけど、やっぱりデシルは被検体のような存在なのでしょうか。旅客船の生き残りで身寄りのないところを拾われて、とか。

 フリットは前回の戦闘で自分の弱さを思い知ってか落ち込んじゃってますね。
 UEを倒すだけじゃなく本当の意味で強くならないとって、人としての強さを念頭に置いてるけど、最後にはデシルやユリンの能力を求めて、戦闘能力アップに心が動いちゃってる。戦闘に特化した人間への道を歩み出しそうな危険な兆候と捉えていいのかな。
 ウルフには「戦いたくない」と言ってたけど、本当のところ、彼の言ってた様に戦闘の興奮に囚われてるところもあるんじゃないかな。ウルフはいい兄貴分だけど、彼といれば自然と戦闘好きになっていくような。
 今回はデシルに二回も足蹴にされたり、散々だったフリット。少し身近なところに下りてきたような気もします。

 エミリーのフリットを死なせたくない思いは至極当然ですよね。グルーデックに直談判するも歯が立たず、「どうしたらいいの」と突っ伏して。いつかフリットと激しくぶつかり合うことになるのでしょうか。今はフリットのガンダムが好きな気持ちがわかってるから、彼に直接乗るなと言えないけど。

 グルーデックはエミリーに対してUE攻撃作戦を打ち明けたり、とても誠意があって、やっぱり基本いい人ですね。写真は妻と娘でしょうか。「天使の落日」と口走ったことがあったけど、その時亡くしたとかかな。
 連邦は腐りきっていると言ってたけど、ディーヴァは連邦無視でこれからずっと戦っていくことになるんでしょうか。

 ファーデーンはコロニーの象徴として描かれそうですね。港近辺が荒地なのは、そこは危険が高いからでしょうか。
 「可視光線通信」とかの単語が結構好き。
 UEが何をしに来たのか謎だけど、デシルが呼んだってこともあるのかな。だとすれば無人機。
 ガッカリしてたデシルだけど、再び会うとき、フリットとガンダムは彼の興味を引くものになっているのでしょうか。
   デシル

       ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おまけ:    Another   AGE   第5話

   ディーヴァ モビルスーツ整備場

エミリー「ねえ、おじいちゃん。今日ガンダムに乗っていたのって・・・?」
バルガス「ああ、デシルとかいう男の子じゃよ。フリットが連れて来てな」
エミリー「連れて来た?」
バルガス「そうじゃ。まだ7歳くらいの、それはそれは可愛らしい男の子じゃったわ」
エミリー「かかか、可愛らしい男の子!?」
バルガス「なんでも、道でぶつかりそうになって怪我をさせてしまったらしくてな、と、ありゃ、エミリー?どこ行ったんじゃ、話の途中で」

     ガンダムの前
フリット「あの不思議な感覚。あれは一体・・・」
      ヒョコッ
エミリー「フリット!」
フリット「ん?エミリー。どうしたの?」
エミリー「はぁはぁ・・・そっちに、」
フリット「そっちに?」
エミリー「そっちに走っちゃ、ダメーーーッ!!!」
フリット「え?何何何、なんのこと???」

   少しはエミリーを意識してあげてね、フリット

                       おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 機動戦士ガンダムAGE
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE 第05話 『魔少年』

魔少年とくればビーティーを連想してしまう。そんな枕詞を付けて来たキャラってどんなのだろう。 こどもフリーダム。これまで以上に突っ込みどころ満載の回でした。ラーガンに乗ってもらうつもりだった筈のガンダムを専有宣言するフリット。怪我をした子供を勝手にディー?...

機動戦士ガンダムAGE 第5話 「魔少年」

魔少年というか魔幼児だと思うのw グルーデック艦長の命令違反は軍にバレ、捕まれば極刑確実です。 入港したコロニー軍の弱みで脅してすます艦長が黒すぎます(笑) 意外にも艦長の逸脱した行動に気付いた...

機動戦士ガンダムAGE「第5話 魔少年」/ブログのエントリ

機動戦士ガンダムAGE「第5話 魔少年」に関するブログのエントリページです。

(アニメ感想) 機動戦士ガンダムAGE 第5話 「魔少年」

機動戦士ガンダムAGE 第1巻 [DVD](2012/02/24)豊永利行、遠藤綾 他商品詳細を見る ファーデーンに入港するディーヴァ。幾度かの戦闘を経験し、フリットはもっと強くなりたいと願う。ファーデーンで出会った...

機動戦士ガンダムAGE 第5話 感想「魔少年」

機動戦士ガンダムAGE(エイジ)ですが、共闘したフリットとウルフは「おぬしなかなかやるではないか」「いえいえお代官様ほどではありませんよ」と仲よくなってしまいます。敵の敵は味方ということですが、ウルフはフリットが戦闘の刺激で、もう日常生活では満足できない?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。