スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナIII(Final) 第3話 「旅立つために」 を観て

 「旅立つために帰って来たよ」
 具体的にどういうことかは分からないけど、シャナに一度会わないことには旅立てないよう。心情的なものとは違う何らかの施しの必要があってのような気もするけど、どうなんだろう。
 街を巡る彼は悠二そのもののようだけど、自称が「余」だったり、ラミーの正体をすらと口にしたり、祭礼の蛇と悠二の境界は全くなくて、合わさって一つの悠二でもあり祭礼の蛇でもある新しい意思になってるよう。だから、祭礼の蛇と悠二が会話をするようなことはもうないと思っていいのかな。

 田中は早くも戻って来ましたね。佐藤の超一方的な電話でバタバタバターっとだったけど、「はい」指示をくれたマージョリーへの返事は気持ちよく、モヤモヤが消えて逆に佐藤に感謝かな。正しい判断としてた「逃げ」に引っかかるものを持ってたんだろうし、自分の関わりたい、そうすべきだ、との思いはずっとあったんだよね。マージョリーはもちろんうれしいよね。
 佐藤は一方的だったけど、田中の気持ちになんかにかまってるどころじゃないから仕方ない。田中を焚き付けようって計もあったかも。
 集団行動が身に付いて来たマージョリーってのも。マージョリーから飲み友達のヴィルヘルミナ、そしてシャナへ。そしてシャナから吉田一美へと。佐藤から始まった伝達網が一つのチームを思わせる。
 シャナがすぐ吉田を気に掛けたのがいいですね。大切な友達。吉田は、放り出されるのは嫌、と強い子。八百屋にいる辺りがさすが吉田さんですね。
 田中と吉田のペアで「玻璃壇」へ。出来ることをする、ですね。
 附箋だと気づかれるってことで、文明の利器、携帯電話が華々しくデビュー。これからは大活躍かな?
 マージョリーが坂井悠二を確認で、シャナはさすがにびっくりしたけど、「本当によいのか?」、シャナの覚悟はいかなるものか、橋の鉄塔の上に一人、悠二の来るのを待って。悠二がそこに来ると思ってそこで待つのか、そこに悠二に来てほしくてそこで待つのか。

 悠二は懐かしい街を歩きながらそこであったことを振り返って。こんな風に辿りながら、悠二の独白をつけながらの回想はいいですね。単なる総集編とは趣が違ってくる。
 手紙はやっぱり悠二が返したんだ。消える時に身に着けてたものは消えなかったみたい。
 駅から始まって、初めて出会った商店街、ラミーと出会ってマージョリーと戦った美術館、佐藤の家、フリアグネのデパート、仮装行列、祭り、父さんとの橋、そこから街を二分する川に沿って。悠二の皆に対する思いが優しいな。
 千草に子が宿ったのが悠二が姿を消す決心を後押しした印象も。
 「自分の存在が無かったことになったとしても、それが分かってる上でもやりたいこと」。あの時言ってた「変えたい」ですね。
 「心からそうしたい、見出せた未来」。シャナと手を繋いでるイメージだけど、戦いのない世界と思っていいのかな。
 「好きになってもいいと気づかせてくれた」。悠二はトーチである自分には人を好きになる資格がないと思ってたけどシャナが、ということかな。
 この橋は愛染の兄妹と戦った時のですね。その鉄塔に登り、
 「ここまで来たんだよ。シャナ」。赤く染まる時間帯。シャナには再会を喜ぶ気配は微塵もなく、今、目の前にいる悠二をどう受け止めているのか、緊迫した中で次回へ。

 シャナが悠二の帰還で緊迫したのは、その気配が明らかに悠二のものとは違うからでしょうか。紅世の王を思わせるもの。悠二が消えた時点でバルマスケとの関係を考えるし、悠二がそのまま帰って来るとは最初から思ってなかったでしょうし。シャナは事情が分からなくても戦う覚悟を持って。
 悠二の語りは良かったですね。思い出語りからしだいに緊張が増していって、最後にシャナと対面したときはゾクゾクっと来ました。
 次回、二人はどんな言葉を交わすのでしょうか。
   ここまで来たんだよ

         -------------------
おまけ:    Another   灼眼   第3話

    土手
     ピロロロロ
シャナ    「ん?何の音?」
ヴィルヘルミナ「電話であります。現代人として当然のたしなみなのであります」
ティアマトー 「常時携帯」

シャナ    「ヴィルヘルミナ、それ、貸して」
ヴィルヘルミナ  はい
シャナ    「むー」
        ピッ ピッピッ
         ピピピピピピピピピッ
        ピピピピピピピピピピピピピーッ
シャナ    「・・・・・爆発しない」
ヴィルヘルミナ「返すでありますっ!」
ティアマトー 「危険回避」
     ピロロロロ
シャナ    「あ、待って。弔詞の詠み手からだ。もしもし。
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        ・・・・・・・・・・・・・・・ハァッ!!!」
         携帯 ポロッ ガシャーン!
ヴィルヘルミナ「ああっ!!」
ティアマトー 「一撃大破」
シャナ    「わ、わざとじゃないっ」

     取り扱いには注意しようね♪

                     おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 灼眼のシャナ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

灼眼のシャナIII -Final- 第3話 「旅立つために」

展開遅っ。 そしてなんと単調な1話。 今週は原作の29ページ分しか進んでいません。 いや、たしかに原作も悠二が徒然と今までを振り返りながら御崎大橋に向かうところなんですが、もっとサラッとしてい...

灼眼のシャナIII-FINAL- 第3話「旅立つために」

灼眼のシャナIII-FINAL-の第3話を見ました 第3話 旅立つために ――帰ってきた。旅立つために帰ってきたよ 悠二は御崎市へと電車で帰ってくると、逆に電車に乗って御崎市の外の東京の外界宿へと出か...

灼眼のシャナIII 第03話 『旅立つために』

回想要らない。まさか第三話にして総集編とは思わなかった。 帰ってきた悠二、いよいよシャナと敵味方として激突!!・・・しませんでした。 戻ってきた悠二が回想始めちゃいます。それこそ自分が死んでトーチに成った第一期第一話からです。第三期にもなってご新規?...

灼眼のシャナIII-Final-「第3話 旅立つために」/ブログのエントリ

灼眼のシャナIII-Final-「第3話 旅立つために」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。