スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣の奏者エリン(再) 第30話 「四年目の冬」 を観て

 今回は総集編。
 エサルがカリサと茶を飲みながら振り返る形式で、落ち着いた感じ。エサルの語りは本編のナレーションと重なってたけど、エサル独自の見解なんかも聞きたかったかな。

 四年が経って、エリンは18歳の最上級生。次の夏に卒舎の試しが控えているポジション。
 そしてリランは成獣になって、とてもでっかく育ってる。顔も精悍になって、改めて今までが幼獣でかわいかったんだなと実感。王獣舎も立派なとこになってる。
 前回エサル先生とは緊迫してたけど、それ以降はうまくやってるようで。エサル先生はエリンに希望を託してるみたいですね。かつて王獣に夢中になっていた若かりしエサル先生。
 エリンの遺書は先生の引き出しの中、エサル先生もこれに考えさせられるところがあったみたい。
 一方で、新任教導師キリクの赴任を知らせる手紙も。
 後半を前に一息といった今回だけど、雪の降る中のエリンとリランの描写は、彼女達のこれからがどうなっていくのだろうと思わせるものがありますね。
   4年目の冬

        -------------------
おまけ:    Another   奏者   第30話

    王獣舎の前

エサル 「あなたはもう最上級生なのだから、あなたの思うようにやってごらんなさい」

エリン 「あ・・・」 ドキドキ 「・・・あれ?」

エサル 「どうしたの?」

エリン 「あれ、あれ、なんでだろ。やりたいことが沢山あるはずなんだけど、いざそう言われると、なんで、思いつかない」

カリサ 「ふんふん。それは、あんたが今まで、言われるまでもなく十分好きにやって来たからだよ」

エリン・エサル 「いつのまに!!」

                     おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

獣の奏者 エリン「第30話 四年目の冬」/ブログのエントリ

獣の奏者 エリン「第30話 四年目の冬」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。