スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナⅢ(Final) 第2話 「来たるべきもの」 を観て

 いい意味で、舞台劇を観てるような感じも残りましたが、
 星黎殿では盟主の謁見式典で徒が集まってるけど、中には不平があるのもいるみたい。盟主は信頼を勝ち得ることができるかな。
 冬山を眺める盟主やヘカテー達が、いい雰囲気をだしてる。
 シャナはゾフィーからの手紙で悩んでるけど、これにはこっちも悩みました。

 「大命」とは何か。今回では明らかにならなかったけど、アウトロー襲撃はその一環。地ならしって言ってましたね。
 襲うのはシュドナイ。上海アウトローのフレイムヘイズ虞軒と一騎打ち。新しいキャラがでてきたかなと思ってたら、やられちゃったよ。もう出てこないのかな?アイキャッチが涙を誘う?
 今回は変身しないで「神鉄如意」で撃破。迫力ある戦闘シーンでした。

 ゾフィーの手紙を読むときアラストールを隠したのは、それだけプライベート度の高い付き合いってことかな。「あなたとあなたを一つにする時が」。どういうことってシャナは悩むけど、本当にこれってどういう意味なんだろ。悠二が消えてないと希望を持つのがごまかしだってこと?それともフレイムヘイズとして戦おうとしてるのがごまかし?ただ悠二の為に戦いたいというのが本当?
 悩んでるからかごまかしてるからか特訓にも身が入らない。
 炎の腕に名称を付けてみればってことで、鍛錬によって見出しつつあるのは「自分自身」とアドバイス。シャナはこれで悟って、ものにできたみたい。シャナはどんな答えを見つけたんだろ?本当の自分は自在法を操る大きな器を秘めているはずだ、ということ?苦手意識がごまかし?自分の器を自分で決めつけてた?

 星黎殿では新しいキャラが続々登場。ピルソインは子供っぽくてかわいいけど、ストラスやリザベルは人間っぽくないですね。ピルソインとリザベルがイエーガーとヴァンデラーのペア。
 盟主の容姿はやっぱり坂井悠二ってことで、リザベルは不平たらたらだけど。いいこと思いついたって、なんだかこの3人かわいいな。

 「時節が真冬というのは、いささか以上に間が悪い」
 盟主は「広がりみちる生の世界」を感じて欲しくて。それを愛しているみたい。孤高ですてきな雰囲気。ヘカテーやベルぺオルに優しい言葉、これは惚れちゃいますよね。吟遊詩人っぽい徒が歌うけど、これは盟主の趣味なのかな。
 ベルぺオル達は悠二の意志は残ってないと前提にしてるみたい。シャナのもとに向かうことや、銀でなく悠二を入れ物にしたことで疑ってはいるけど。本当は銀鎧に顕現させる計画だったみたいですね。
 声は祭礼の蛇と悠二が混じり合って、どちらかが強くなったりしてるみたい。二人で一つの意志になってると思っていいのかな。
 祭礼の蛇の本意も謎めいてますね。

 やっぱり挑んだリザベル。でも、やっぱりな結果で、リザベルご苦労様でした♪
 その後の盟主の言葉がしびれるじゃないですか。「よくぞここまで育った」。これはもう付いて行くしかないですね、我らが盟主様。
 探眈求究、相変わらず元気だ。大命の説明を始めるってとこで引きで、とっても気になります。

 ラミーにも動員がかかったみたいだけど、彼もバルマスケの構成員なの?そうは思えないんだけど。

 お使いの佐藤は徒と戦うなって言いつけられてたけど、守るも何も気配感知で怖くて逃げの一手。それでいいんだ佐藤。対向列車で一安心だけど、その向かう方は、そう、御崎市。
 列車から降りたのは坂井悠二、髪が短くなってるけどそこら辺は変幻自在なのかな。
 シャナは気配を感じたみたいだけど、果たしてどんな会合になるのか、で、次回。

 盟主の目的からすると、早速シャナと戦うことになっちゃうのかな。それとも挨拶だけ?シャナは動揺することになるんだろうか。それとも、本当の自分を見つけたシャナは凛として立ち向かうんだろうか。
 大命の至る先は悠二の望むものでもあるからバルマスケに利があるだけのものではないと思うけど、どんなものだろう。
 物語が締まってるし、やっぱりアクションはいいですね。先の気になる展開、次回も楽しみにしてます。
   時節が真冬というのは

     --------------------------
おまけ:    Another   灼眼   第2話

    冬山

盟主   「どうしても感じておきたかったのだ。広がりみちる生の世界というものを。やはりこうでなくてはならぬ」

盟主   「では、天壌の劫火に会いに行くとしよう」
ベルぺオル「はい、それでは星黎殿を御崎市に・・・」
盟主   「いや、それには及ばぬ。一度世俗の旅を楽しみたいと思ってた所だ。鉄道というものを使うとしよう」

    電車  ゴトンゴトン

盟主   「ふむ。この揺れ。うつろう景色。些事を忘れ、悠久を喚起する。しかし・・・」

女子高生とか 「キャッキャッ」 ガヤガヤ ワイワイ
         ギュウ ギュウ ムギュウ
                  ムギュウ ボインボイーン
盟主   「こ、この広がりみちる生の世界は想定外であった」

    間違われないように注意してね、盟主様

                        おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 灼眼のシャナ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

灼眼のシャナIII 第02話 『来るべきもの』

出たと思ったら虞軒終了。男装の麗人っぽいフレイムヘイズ・虞軒(ぐけん)。しかしアバンでシュドナイに瞬殺。凄く強いらしいのですが、良い所無く終わってしまった。  旧知らしくシュドナイを「蚩尤」と呼んでますね。見た目も名前もヨーロッパ系、でも中国に縁の?...

灼眼のシャナIII -Final- 第2話 「来たるべきもの」

【傀輪会】 冒頭のシーンは、[仮装舞踏会(バルマスケ)]による、上海外界宿総本部『傀輪会』襲撃の様子です。 傀輪会は、フレイムヘイズを指導者に据えた幕僚団『クーベリックのオーケストラ』(これに...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。