スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣の奏者エリン(再) 第28話 「ジョウンの死」 を観て

 それは一通の手紙によって知らされて。
 エリンにとってまったく予期してなかったことでしょうね。お別れはしたけど、二度と会えないとは思ってなかったでしょう。夏休みに会いに行かなかったのを後悔して。でも、エサルの言うように、ジョウンは会いに来るよりも残って頑張ってるエリンを望んでいたでしょうね。
 ジョウンはエリンに本を残して、遺書を書いてたんだからある程度自分の死期を悟ってたんでしょうね。

 エリンを心配するエサルと「もう大丈夫ですから」と言うエリンのやりとりがとてもうまく描かれてる。お互いの内面がこちらに伝わってきます。
 トムラは知らないから仕方ないですね。エリンの様子に戸惑って。
 せっかくの木彫りのリランだけど、かじられちゃって、トムラ先輩はちょっとかわいそう。エリンはそれで、笑いすぎて涙がって、元気がないとリランが心配するからと無理してたんですね。

 エサル先生はエリンを元気づけようと、「ジョウンのところ」に二人で小旅行。旅館の帽子掛けや硬い肉、お風呂でのお湯のかけっこ。カザルムでは見せない色々な表情がみられました。いいものですね、歳の離れた師弟の二人旅。
 お茶を飲みながらジョウンのことを話して。
 学生時代の「人の中の可能性を見つけるのが楽しい」ジョウンはずっと変わらず。エリンも頷いて。
 エサルがカザルムに来たのもその考えに刺激されて。エリンもジョウンがいなかったらと、彼にしてもらったことに思いを巡らせて。
 お礼がしたかったのに何も返せなかったと言うエリンに、ジョウンはエリンがいたから自分の道を貫くことが出来たんだから、エリンも真っ直ぐ自分の道を進めばいいと。エサル先生は優しく。
 エリンはようやく素直に泣くことが出来ましたね。
 そして、昔はかっこよかったのにおならばかりするようになって、「何なのよ、あれは」で二人とも笑って、こんな風に死者を弔うのはいいものですね。ジョウンもきっとあの世で。

 エサル先生が連れて来たのは秘密の隠れ家。置いてあるのはジョウンの本かな。
 エリンはそこにジョウンを見て、「ありがとう、お父さん」と礼をして。
 エサル先生にもお礼を言って、元気になって、ジョウンの為にもどう生きていこうか心に描けたみたいですね。

 原作からこんな風に膨らませてくれて、よかったなと思います。ジョウンの死はエリンにとってとても大きなことですから。
 二人にとって共通の人だから、話すことも沢山ありますよね。
 最後のジョウンの幻のシーンはとてもきれいでした。
 エリンにとって、そしてエサルにとってジョウンがどんな人だったのか。それがとてもよく伝わってきました。
   秘密の隠れ家

        -------------------
おまけ:    Another   奏者   第28話

   エリンの部屋

エサル 「すぐに支度しなさい。出かけるわよ」
エリン 「あの、どこに行くんですか?」
エサル 「ジョウンのところよ」
エリン 「え?! あ、あの、あの・・・」
エサル 「どうしたの?」
エリン 「先生っ、早まらないでください!それに、私、私・・う、う、」
エサル 「あ、・・・や、やーね、違うわよ。うふふ、この子ったら。明日の夜にはちゃんと帰って来るから心配しないで。さ、」
エリン 「え、あ、やだ、私ったら。エヘヘ」

     それは秘密の隠れ家でした

                   おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

獣の奏者 エリン「第28話 ジョウンの死」/ブログのエントリ

獣の奏者 エリン「第28話 ジョウンの死」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。