スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLOOD-C 第8話 「よのなかよ」 を観て

 古きものを両断し、その血の海の中にしゃがむ小夜。そこに時真君が通りがかって・・・。

 時真君は古きもののことを知りませんね。普通の高校生と考えていいのかな。彼がまずその情景を見て思ったのは、小夜が大怪我してるんじゃないかとの心配。安心して小夜を抱きしめて、そして、小夜に付いた血を洗って綺麗にすることを。小夜を想う時真君。
 俺にとって特別だから、だから教えて欲しいと、時真君は小夜の力になってあげたい。小夜は彼に話す決心を。
 苦痛の襲う小夜を「それが大丈夫な顔か」と抱きしめ。でも、小夜は彼がどうして抱きしめるのか素でわからない。小夜も彼を他の生徒と比べて特別に感じてるようなそぶりはあったけど、恋愛感情のようなものにはつながらないようですね。時真君は、今はそれでいいと思ってるみたい。
 化物でなく古きものだと強く否定する小夜、古きものをある意味尊重してるよう。
 優しいですねと言われて時真君は頬を赤らめて。皆にそれを知ってもらいたい小夜に、あんただけがわかっていればいいと。気になったことを言うように言う彼は、文人さんとの対比になってる面もあるかな。
 静かに、とてもいい雰囲気のシーンでした。会話からも、抱きしめたりハンカチを渡したり手を引いたりという仕草からも、彼の小夜に対する優しさと愛情が伝わって来て。

 倒れてた唯芳の口元の血は、小夜が抱くより前からついてたから小夜のじゃありませんね。ギモーブで文人さんがコーヒーの代わりに出した「他のもの」と関係があるのかな。倒れていたことも。位置的に唯芳の口から出たものじゃないと思うけど。

 ♪父様が元気でないと私もしょんぼり
  お天気良くても やっぱり
  しょんぼりなの しょんぼりなの

 久しぶりの歌だったけど、やっぱりしょんぼり。と、犬さんが堂々と覗いてる。尻尾を振って、何気にご機嫌なようですが。「もっとキャーとかイヤーとかないのか」と、それを期待してた?
 怪我がすぐ治る自分の体を小夜は「よかったなと」。疑問に思ったりしませんね。
 約束を破ったらどうなるか。これはちょっと恐い予感がしますが。
 どちらが正しいか試す実験。やるからには勝者と敗者を決めないと。勝者には褒美、小夜は何が欲しいのか。敗者には死ぬより辛い罰。
 今はまだ実験の最中だとするとこれらはこの先ですね。小夜が手錠をはめられてたのも気になりますが。
 犬さんは小夜がもうすぐ思い出すだろうと。

 三日間何事もなく、そして久しぶりの登校。唯芳は小夜を辛くはないかと本当に心配してますね。小夜が母様のことを口にした時の彼、唯芳も深く苦悩してるよう。小夜を欺いてること、そして今の小夜の辛さに?

 久しぶりの学校。優花も委員長もさすがに元気がないですね。と、校庭になんと古きものが。無数の足の針が不気味だけど、小夜を認識して、ゆっくり動き出したと思ったらダッシュ、教室に跳び付いた。そして教室でまさかの大量虐殺開始。目を疑うような光景の中、優花と逸樹の間から小夜が進み出て、御神刀を抜き、
 「私が皆を守る。もう、誰も死なせはしない」。
 皆の見守る中、古きものに斬りかかって、次回へ。

 小夜が飛び出して行って校庭で戦うのかなと思ってたら、とんでもないことになっちゃいましたね。こんな凄惨な場面はちょっと記憶にないような気もしますが。小夜、もう一歩早く、とまた思ってしまいました。逸樹と優花が死なずに乗り切れるのかも気になるところ。死んでしまったクラスメイトの皆さん、やっと声も当ててもらったというのに、さぞや無念でしょう。
 時真君は相変わらずの遅刻でいなかったみたいだけど、彼がこれからどんな方向に向かうのかも、ちょっと心配になってきました。
   それが大丈夫な顔か

       ----------------------
おまけ:    Another   BLC   第8話

   お風呂

小夜 「犬さん。こんばんわ♪」
犬さん「はぁ~。もっと、キャーとかイヤーとかないのかな」
小夜 「ん?」

   何を奪えば死ぬより辛いだろう。ねえ、小夜。
小夜  ガッコーン 「はあ、はあ・・・」
犬さん「今倒れるな。この姿じゃ運べない。ん?」
唯芳 「小夜、大丈夫か?」
       ガラッ
小夜 「え!、はい・・・・あ、あの、すぐ出ますから・・・」
     窓 ひょこっ
逸樹 「大丈夫?更衣さんっ!」
小夜 「え?・・・何で委員長が・・・え?え?
    ・・・・・キャーーーーーーッ!!」
      廊下の方から
        ドカドカドカドカ ババン
時真 「なんだっ、今の悲鳴は!!
    何かあったのか、小夜っ!!!」
小夜 「!!、と、時真さん?!・・・」
     カァーーーーーーッ
   「私、私・・・・・・・、
       イヤーーーーーーッ!!
    みんな出て行ってくださーーい!!!」

犬さん「おおっ!」

                   おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : BLOOD-C
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BLOOD-C 第8話「よのなかよ」

BLOOD-Cの第8話を見ました。 第8話 よのなかよ 大量の血を流して真っ二つに切れて倒れる古きものの血溜りに小夜が口を近づけようとしていたところに慎一郎が声をかけてくる。 「これはどういうこと...

BLOOD-C「第8話 よのなかよ」/ブログのエントリ

BLOOD-C「第8話 よのなかよ」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。