スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様のメモ帳 第8話 「僕は運命を信じない」 を観て

 ナルミのスタッフTシャツの刺繍をなぞって、5年前の真相に辿り着いたアリスだったけど、錬次に真相を伝えるその前に四代目がやられてしまって。

 錬次の行動はイベントを潰すのが目的にしてはおかしいってことだったけど、そう、平坂組そのものを潰すのが目的だった。まずは警備に人員を割かせ、孤立した四代目を襲い、血の昇った組員を誘い、暴力事件を起こさせようというもの。
 ナルミは四代目が襲われて重傷の事実にふさぎ込んでたけど、美嘉に頼まれたイベント資料一式を送るため事務所に来て、そこで四代目が資料一式をナルミに送ろうとしてたこと、すなわち、ナルミにイベントを託そうとしてたことを知って、四代目の意志に応えようと、資料は美嘉でなく自分のパソコンに送り、錬次の居場所がわかってかしこもうとする組員たちには「ふざけんな」と一括、四代目のイベントに掛けてた思いを説き、このタイミングを「お前ら、誘われてんだよ。気付けよ」と、そして、「僕はあの人の弟だ。だから、戻ってくるまで組は僕がしめる」と、組員にもナルミの気迫が伝わり、錬次の作戦を阻止することが出来た。
 四代目不在の今、弟としてその責を全うしようと、ナルミは逃げない、とても真っ直ぐな志と勇気の持ち主。

 アリスと共に、人質であるTシャツを使って、今度はこっちが錬次をおびき出そうと作戦を考え。

 イベント当日、スタッフオンリーの扉を開けたままにして、そしてそこから誘われた錬次がナルミのもとに。
 アリスの作戦はバンドのホームページに刺繍の完成したTシャツを載せ、錬次を誘いだすというもの。すでに待機していたアリス。韓国の伝統技法でヒソンにしかできない刺繍。それがナルミのスタッフTシャツにも施されている。両方とも同じ人間の手でなされたもの。すなわち、ヒソン=ヨシキさん。
 5年前、後藤田組組長の元妻に刺されたヒソンは一命を取り留めたが、子宮、卵巣、女性の機能を失ってしまった。表沙汰にしないよう後藤田の出した金は、今のヨシキの店をつくるのに使われた。それが真実。
 その真実に、「何でや」と四代目が隠してたことを訴える錬次。
 四代目が錬次に嘘をついたのは、ヒソンが後藤田の愛人であったこと、妊娠してたことを錬次にだけは知られたくなかったから。ということだった。

 すべてを知った錬次の前に、アリスに呼ばれてた四代目が到着。5年ぶりの対面。四代目は、蓮次が帰って来て最初に会ったのが「俺の弟」だったのを悪運だと。そして、
 組のしきたりがどんなものかはわからないけど、とにかく二人で殴り合い。
 「お前、ほんまアホやな」
 「わかってるよ。でも、他にどうしようもなかった。お前にはわかんないだろうけど」
 「わかるわ、アホ」
 このときはお互い、自分の言葉で。この5年間の清算に。

 イベント終了。錬次はナルミの中で思い出の人になりつつあったけど、サングラスの忘れ物、また東京から去ろうとしてるんじゃないかと、ナルミは忘れ物を届けに走る。
 新幹線のホームで、東京にいればいいと言うナルミだけど、けじめだからと。
 「ええねん。上野でペンギンと白クマも見れたし、最後にナルミにも会えた」
 「どうしようもない人生の中じゃ、結構な収穫やで」
 忘れ物のTシャツには完成した刺繍。
 錬次にはわかったみたいですね、それが四代目がしたものだってことが。
   結構な収穫

        ------------------------
おまけ:    Another   メモ帳   第8話

   病室
アリス「ほら、これがそのTシャツだ」
四代目「ああ、わざわざすまない。どうするかは聞かないんだな」
アリス「君がナルミでなく僕に持って来させたんだ。察しはつくよ。ふふ、止めるつもりはないが、自分が怪我人だということをわすれないように。では、出来上がったらまた取りに来るよ」

   病室
ヨシキ「へ~、どうしても自分でやりたいんだ。ううん、ヒナらしいと思うよ」
四代目「ああ、ヨシキさん、すまねぇ。面倒かけちまうけど」
ヨシキ「大丈夫、ヒナは素質あるから。きっとすぐマスターできると思うよ。じゃ、始めよっか。手取り足取り教えてあげるからね」
四代目「いや、普通に教えてくれ」

   病室
四代目「これで・・・こうだな」
ヨシキ「そうそう、ほんとヒナは器用だよね」
四代目「よせよ。お前のステッチとは雲泥の差だぜ」
ヨシキ「そんなことないよ。僕のとほとんど見分けがつかないもの。もう、ヒナも組を辞めて手芸店を開けばいいのに」
四代目「やめろ」
ヨシキ「きっと大人気になるよ。ヒナヒナ手芸店。女の子にモテモテだよ」
四代目「やめろ」
ヨシキ「そうだね。でも、こんなに一生懸命で、やっぱりヒナは錬次をとっても愛してるんだね♪」
四代目「なっ!あ、あ、愛してねーよ!!もお、勘弁してくれよ、ヨシキさん」
ヨシキ「うふふ」

                    おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 神様のメモ帳
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神様のメモ帳「第8話 僕は運命を信じない」/ブログのエントリ

神様のメモ帳「第8話 僕は運命を信じない」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。