スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは 第21話 「蘇る、死ね」 を観て

 片思い。自分はまだ未熟な修行の身、師である徹さんに告白なんてとんでもない、それよりも早く一人前になるため励まなければ、でも、緒花が来てからの徹の様子が、ずっとずっと我慢してきた民子だけど、それも限界、緒花に向かって爆発させて。
 緒花はみんちを心配して、苦手の恋に頭を混乱させ。
 「すきにすればいい」女将さんが二人の結婚をどう考えてるのか。
 スイの口から語られる喜翆荘の成り立ち。女将さんは喜翆荘の行く末をどう考えているのでしょうか。

 冒頭、豆爺の報告は結婚のことでいいのかな。「そうかい」表情を変えず、何かを決意しているように。
 先のプールの件で崇子は落ちてたみたい。エニシングって、呼びにくそうだけど。
 「好きにすればいい」女将さんのつれない態度、でも意外、反対してない。式は自己満足のためにあるのじゃないから必ず挙げるようにと。
 その足で向かった神社から喜翆荘を眺め、少し笑みを浮かべ、女将さんは何を考えているのでしょう。

 小骨、じゃなくってここでと、豆爺のヒントで、
 「そうだ。喜翆荘でパーッとやりましょう」緒花が走り出した。
 崇子は反対だけど、蓮さんも巴も「心配ない」と、任された徹もはりきって、そんな徹に民子も元気に、「よーし、始まったか」緒花を契機に喜翆荘の皆が走り出す。

 鯉のあらいに酢味噌でLOVEって、「それはどうかと」って言う民子が幸せそう。
 「いいですよね、結婚」民子が乙女な感じ。俺もそろそろ、子供好きだし、5人ぐらい、徹は23歳、民子は「5人っ!」って、すっかりその気になってた。様子のおかしい民子に「寄ってくか」と、ええっ、まさかホテル、徹って気付いてたのってびっくりしてたら海でしたー。
 徹の心配は的外れだったけど、気にしてくれたことを喜ぶ民子。
 「成功させたいです。徹さんとパーッと盛り上げて。そしたら」そしたら私、徹さんに。民子は好きって言おうと思ってたのかな。ところが、
 「緒花みたいなこと言いやがって」徹は緒花のことを笑顔で話だし。
 徹は緒花を好きは好きなんだけど、恋とはまた違うような。でも民子には、徹の好きな女の子は緒花だと、それが思い込みに近い形で固定されてしまってるような気も。

 開戦はお風呂。
 「また私変なこと言っちゃった?」緒花も色々学習したみたいだけど、「めんどくさかったりした?」「大変かもしれないけど」に民子がキレた。「でかい、うざい、きもい声で」。
 皆に、徹さんに迷惑をかけてると。「あんた、徹さんにいつも頼ってばっかり」
 「恩は返しな」
 「徹さんとつき合って」「徹さんとつき合ってあげて」なんでそうなった、民子。
 知らないふりしていいとこどり、とシャワー攻撃。「徹さんの気持ち、考えろ。喜翆荘の空気を変えた責任、ちゃんととれ」。
 みんちは徹さんのこと好きなんでしょ、どうして私と、謎だけど懸命な緒花、けど、「うっさい、死ね」、なぎ倒されて、「死ねが華麗に復活した」。
 激しい戦い。民子は徹の幸せの為に身を引こうと、でも、好きな気持が抑えきれずに暴れまわっていて、そうとう苦しんでるように。
 「言いたいことはきっと、一生言えません」徹の前でも抑えきれず。

 緒花は民子に気を使うけど、民子はもう口すらきいてくれないよう。
 「徹さんが私のこと好き?」それは絶対ありえない、でも、いやいや、緒花は悩みだして驚異的なスピードと仕上がり。
 緒花は、考えたってわかんないって、何らかの行動に出ると思うけど、それはまた次回。

 結婚式の準備を進める中、崇子は一人沈みがち。
 「白紙に戻させていただければと」女将さんのところに。その理由は明らかじゃないけど、女将さんに崇子が認められてないこのままの関係では結婚できないと。
 女将さんは指輪をだし、旦那との馴れ初め、喜翆荘を始めた頃、余裕がない中、指輪だけは用意してくれたことを話し。
 スイが喜ぶ旅館で喜翆荘。旦那はスイが喜ぶと自分もうれしいと。
 「結婚というのはね、本当の一人には絶対にならない。絶対にさせない。そういう約束なんだよ」どちらかが先に死んでも。だから、
 「崇子さん。縁を、あの子の喜びをよろしくお願いします」頭を下げて頼む女将。
 喜びの涙を流す崇子。だけど、
 「そうだねえ。そのつもりはないよ」旅館を継がせるつもりはありませんでした。

 スイの考えてる後継者は、はたして緒花なのでしょうか。その決断があったから、崇子を縁の嫁としてすんなり認めたのでしょうか。スイが縁の幸せを願っているのは間違いないと思いますが。
 スイの喜翆荘にかける思い、皐月に逃げられ、縁は向いてなく、そんなところに現れた緒花に彼女はこの子ならと希望を見たのでは。
 緒花は自分の将来についてまだ漠然とした状態だと思うけど。と、そのまえに、まだ緒花を後継者に考えてるかどうかわかりませんね。

 徹、民子、緒花の三角関係?もついに動き出しました。緒花にはまったくその気がない以上、徹が彼女達をどうとらえているか、にかかってくると思いますが、さてさて。
   華麗に復活した

      ----------------------
おまけ:    Another   いろは   第21話

   従業員室
菜子 「でも、演劇なんてできるのかな~?」
次郎丸「大丈夫、菜子さんにはとっておきのセリフを用意しておいたよ」
     ほら・・・
菜子 「いっ!!、に、妊娠する~」
   物陰
 民子 「こ、これだっ!」

   板場
民子 「あの、徹さん。何も訊かずに、これにエッチな小説を書いて来てくださいっ!!!」
     原稿用紙  ビシッ
徹  「ハァーッ?んー、でもまあ、最近お前なんか変だったしな・・・よしっ、それで元気になるんなら、チャチャッと書いて来てやるよ」
民子 「あ、ありがとうございます」 パァーッ

   翌日
徹  「ほれ。約束のやつ。まあ、あんま自身はないんだけどな」
民子 「わ♪、ありがとうございます」

   『・・・そしてまな板の上の緒花は虚ろな声で言った。
     緒花「あん。私なんか食べてもおいしくなんか・・・」
     菜子「うふふ。心配しないで、緒花ちゃん。
        緒花ちゃんは新鮮で生きがいいんだから」
     民子「そうだよ、ふふ、一流懐石並みに仕上げてやるから」
     緒花「一流懐石並みに・・・ゴクッ」
      民子の手が緒花の・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

民子 「・・・・・徹さんのセンスって・・・で、でもこれで♪・・・
    ・・・ん?ちょっと待って・・・あっ、おおお、女3人!?
    これじゃあ、
    これじゃーー 妊娠できーーーーーーーーっん!!!」
徹  「わっ???」

                     おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 花咲くいろは
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花咲くいろは 第21話「蘇る、死ね」

まさに4コママンガの「転」で、話数的にも最後のヤマ場到来か。 この時点で、 みんちの想いに全く気づいていない徹。 悪気ゼロながら、みんちぐっさりセリフ連発。 もうみんちが見ちゃいられませんがな(...

花咲くいろは 21話

巴さんにロックオンされた蓮さんがうらやましいです。 というわけで、 「花咲くいろは」21話 早縫い少女の巻。 結婚。 そんな人生の節目を前にして、ようやく自覚の出てきたバカップル。 これまで...

花咲くいろは 第21話 蘇る、死ね

いつの間にやら結婚話が持ち上がる位に進展していた縁と崇子。 ですが崇子の縁の呼び名のエニシングって… 喜翆荘の経営状態もあって、結婚式も挙げなくともと言う2人ですが、ス ...

花咲くいろは「第21話 蘇る、死ね」/ブログのエントリ

花咲くいろは「第21話 蘇る、死ね」に関するブログのエントリページです。

花咲くいろは 第21話 蘇る、死ね 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第21話

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。