スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは 第20話 「愛・香林祭」 を観て

 お互い、ついついカーッとなっちゃって、空中分解してしまった料理チーム。
 雪ちゃんは、「謝った方がいいんじゃないかな」と、あれから色々考えたみたいですね。
 民子は、一人でやるって言ったんだからと、意地になってるというか、言葉に責任を持とうとしてるよう。
 緒花や菜子も心配して、
 文化祭の、オムライスの行方やいかに。そして愛は降臨するのでしょうか。

 香林祭前日土曜日早朝、言った通り、一人で買い出しも準備も全てすべく市場に在る民子。
 仕事が休みなので普段より遅く起きた緒花は、民子の姿がすでにないことに、彼女のしようとしていることを知り、一人の民子を思い、放っておくことが出来ず、予定より早く学校へ。彼女は徹の言葉から、民子も彼と同じように、オムライスを作ったことがないのではと推測。
 手伝いに駆け付けた緒花。しかし彼女を待っていたのは「お断り。いらない。本当にいらない」冷たい言葉。素直じゃないと思いたい緒花。けれど、素直じゃないだけじゃない、民子の実力と自信と過信。無視して玉ねぎを刻みだす民子、が、緒花は、素直じゃないだけ、と勝手に隣で玉ねぎを刻み始める。

 自分が我儘だったと反省した雪は、オムライスを諦め、民子に謝って、料理チームに復帰したいよう。彼女の友達は、謝るのは民子の方と、けど、やはりチームへの復帰を考えてるみたい。
 偶然耳にし民子のトラブルを知った菜子は、菜子の気持ちを察した水野さんに送られ、心配して何か力になれればと、途中合流した結名と共に2-Aへ。
 2-A。「手伝えなんて言ってない」「強情っ張」「ホビロン」涙を流し言い合う二人に茫然の雪ちゃん達。
 雪は謝ろうとするけど、民子は遮り、意地になっている。そんな空気に菜子は、「ご飯にしない」と、一息つくことを提案。民子のお腹が派手に鳴ったので決定で、ちょっと恥ずかしい民子。
 何か食べたい物で、菜子の口から出たのは、昨日以来頭をグルグル回っていた「オムライス」でした。

 民子はオムライスが「嫌い」なのでも「作れない」のでもなく、昨日言った通り、教室の設備じゃ作れないということでした。
 子どもの頃、月に一度、デパートの洋食屋さんでいつもオムライスを食べてた民子。
 「カウンターの中の厨房は、子供の私にはまるで魔法の世界みたいだった」
 民子の作ったオムライスは、チキンライスにプレーンオムレツを乗せて開いたもの。民子の料理する様子や言葉に、雪ちゃん達は引き込まれ、出されたオムライスに「ありがとう」、何だか自然に仲直りな感じですね。
 ホットプレートじゃ、確かに火力が足りなくて、民子のオムライスは作れない。
 緒花は「私に作らせて」と、教室の設備で作れるオムライスがあるんじゃないかと前向きに。
 菜子の提案、ケチャップご飯は、混ぜるだけ。意外とおいしいんだけど、次、結名の提案はチキンピラフ。材料を全部入れて炊き込んじゃえばいい。メイド喫茶に倣ってそれに決定。得意の緒花が卵で包んで、「みんな風オムライス」完成。雪ちゃんが最後にケチャップで仕上げ、民子は赤面。雪ちゃん的には外せないところですね。
 ホットプレートに苦戦する民子だけど、さすが、すぐにわかってくる。習得していく民子の表情が、輝いてますね。雪ちゃんも練習で、試食を一人で担う緒花の顔が凄いことに。朝から「手伝う」って言ってた緒花、思わぬ仕打ちが待ってました。
 ともあれ、料理チームは復活できましたね。

 水野さんが描いてたのは「押水さん」。「見なくても描けるくらいには。ずっと一緒だったし」。
 うれしいですね、菜子。この絵は菜子にもわかったみたい。

 そして、香林祭当日。
 菜子と水野のクラスは見に来る人はなかなかいないみたいだけど、二人で当番、いい雰囲気ですね。
 姫カフェは大行列。霧人君には料理チームだけど雪ちゃんが接客。LOVEとケチャップで、Oをハートにして、表情からも、気持ちがよく伝わってきますね。いい雰囲気で、よかったですね、雪ちゃん。
 そして、徹登場。昨日緒花が言ってたオムライスを注文。オムライスで、頭に血の昇る民子。ケチャップと睨めっこして、自分で書きました「LOVE」の文字。そして、でっかいハートマーク。民子、渾身の愛の表現。
 「当店シェフが心を込めた超お手製スペシャルみんな風オムライスでございます」
 徹が食べる様子を見守る民子が、とってもかわいい。いい思い出になりますね。徹にはまだその愛は届いてないけれど、頑張ってね、民子。

 香林祭も終わりキャンプファイヤーに火がともり、
 水野さんの描いた菜子の絵のタイトルは「友達」。
 喜翆荘のメンバーも、菜子と水野さんも、友達という言葉が似合う関係みたいですね。

 今回、前回からして、多少は重くなるんじゃないかと思ってたけど、明るく見事に走り抜けてくれました。
 一人でやるって意地になってた民子だけど、自然と皆でやることになってましたね。緒花の提案、菜子の気配り、性格のいい雪ちゃん、皆で民子の牙城を崩していったような感じでしょうか。
 女将さんの言ってた、回り道をしてもいい、迷ってもいい、それがあの子たちの特権なんだから、は、緒花や菜子、そして観てる皆へのメッセージなんでしょうね。
 次回からはラストに向けて大きな話が始まるみたい。結婚は、もしあるとすれば縁と崇子なんでしょうが、さてさて、どうなんでしょうか。
   みんなのオムライス

       ---------------------
おまけ:    Another   いろは   第20話

   喜翆荘 板場 夜

蓮二 「よし、今日はこれで上がるか」
徹  「あ、蓮さん。俺ちょっと残ってやっていきますんで」
民子 「あ、て、手伝います」
蓮二 「おう、あまり遅くなるんじゃないぞ」

民子 「あの、何を・・・」
徹  「ああ、オムライスを作ってみようと思ってな。べ、別にこないだ食べたのがどうこうってわけじゃなくてだな、その、何だ、レパートリーは増やしといたほうがいいってことだ。で、まあ・・・やってみるか」
民子 「は、はい」

   「あ、もう少し小さめの方が」

     「もう少し強めで」

       「はい、そろそろいいです」

     「あの、オムレツは・・・それなら」

徹  「ふう、一丁上がりと。ありがとな、民子」
民子 カーーッ「い、いえ、私なんか。と、徹さんならすぐ私よりうまく、その」
徹  「ふ~ん、今は私の方がうまいってか」
民子 「そ、そんな」 フルフル
徹  「ハハ・・・そういや、最後にケチャップで字を書くんだったか。どれ、え~~と、エル、オー、ブイ、イーっと」
民子 「そ、そそそそそれは、あの、あの、」 カーーッ
徹  「ん?どうした」
民子 「あの・・・」 ドキ ドキ

     ドカドカ
蓮二 「いやー、忘れ物しちゃったよ。参った、参った」
民子 「わっ」
徹  「あ、蓮さん、ちょうどよかった。これなんですけど、ちょっと試食してくれませんか」
蓮二 「ん?ああ、オムライスを作ってたの・・・かっ!?」
        ~ LOVE ~
蓮二 ドクン ドクン ドクン ドクン
   (徹が俺をLOVEだとーーーっ!!)
     カーーーーーーッ
民子 「わーーーーっ!わわわ、私が毒見しまーーーす!!」
     ササッ
       バクバクバクーー
民子 「い、異常はありませんでしたー。げっぷ」
徹  「はあーーーーーーっ?」
民子 「あ、・・・い、異常は・・・」 ポロッ クッ「し、失礼します」
      ダッ ダーーーーーーッ
徹  「あ、ちょ、ちょっと待てって」
      ダーーーーッ

蓮二 「・・・・・・・・俺の、オムライス・・・」 ポツーン

   頑張ってね、みんち

                 おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

   

テーマ : 花咲くいろは
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花咲くいろは 20話

雨降って地固まる。 というわけで、 「花咲くいろは」20話 みじん切り少女の巻。 暗雲立ち込めまくって続いた前回のお話。 一体どんな修羅場が展開されるかと内心びびってましたが、 意外にもドロ...

花咲くいろは 第20話 感想「愛・香林祭」

花咲くいろはですが、学園祭でオムライスをメニューに入れるか入れないかで民子はクラスメイトから孤立します。松前緒花は民子を助けると奔走しますが、逆に煙たがられます。 仲居不在の喜翠荘では有能なヘルプを頼みますが、指示以上にキビキビと動くので巴も痛し痒しで...

花咲くいろは「第20話 愛・香林祭」/ブログのエントリ

花咲くいろは「第20話 愛・香林祭」に関するブログのエントリページです。

花咲くいろは 第20話「愛・香林祭」

絶妙のフォローではっぴはっぴな文化祭に♪ なこちナイス判断でした! 水野さん優しいなあ(^-^) 要所要所でみんないい思いやり。 素敵んぐ~!! みんちが心配なおはにゃんでしたが、2人ともヒートしち...

花咲くいろは 第20話 『愛・香林祭』

がんばれ民子。学校祭の準備の最中、民子の厨房班に不穏な空気。ひとりぼっちで料理する羽目になるのか。我らが緒花がこの状況を座視している訳がありませんね。当然首を突っ込んで来る。 しかしこれが意外な効果を生みます。民子の怒りの矛先が緒花に向いてしまい、昨日?...

花咲くいろは 第20話 愛・香林祭 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第20話

花咲くいろは 第20話「愛・香林祭」

何か嫌な雰囲気が漂っていた全回から、以前今回も微妙な雰囲気で始まりました。 まぁ、徹さんがどう見ても緒花ちゃんに興味津津で文化祭に来たいとか言い出してるのが…(^^; みんちは相変わらず一人で突っ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。