スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは 第17話 「プール・オン・ザ・ヒル」 を観て

 スイは、縁が映画好きなのを知ってるから、今回の話を任せる気になったのかな。
 縁の好きなことだから縁にやらせてみたい親心。
 映画なら、崇子でなく縁が中心になって進めていくかもしれないし。
 縁が喜翆荘の為に中心になって動いてくれれば、スイにはうれしいこと。もし失敗したとしても、そこから色々学んでくれればいいと。
 縁は積極的に喜翆荘を継いだわけじゃない。縁が喜翆荘に縁の色を着けていくのは、スイの望むところなんじゃないかな。喜翆荘の主となっていく過程は。
 それに、スイは元々ハイカラなのが好きで、新しいことに挑戦することは好きだと思うし。
 只々、崇子に甘えて言いなりなのが嫌なのだと。

 拳銃で撃たれてしまう、仲居の青春って。
 女将さんは、この話がまがい物である可能性は最初から考慮してたと思うけど、皐月の電話で確信に。それでも縁にハンコを預けたのは、縁に学んでもらうため。皐月に喜翆荘を継ぐ気はないかと聞いたのは、縁にもっと向いてて好きなことをやらせてあげたいって気持ちもあったのでは。でも、それは出来ないから、縁を鍛えないと。
 車で帰ってゆく末広さん、いつかまた遊びに来てください。
 プールが水で満たされてゆき、皆それぞれ、うれしい顔。
 そして、青鷺が飛び、詐欺確定となりまして・・・。
 若旦那、崇子に泣きつくのはもう若旦那だからね。怪しいと思ってたとか、契約書の名前とか、崇子、それはないんじゃとも思うけど、縁も自分の責任を自覚しないと。
 今回は緒花じゃなくって、結名が走った。緒花は意外とサバサバしてて、こう、祭りの終わったような感じがよくでてた。まあ、緒花はお金を騙し取られたってことを知らないってことかな。
 縁は皐月に、やろうとしたことが間違ってたわけじゃない、と、ちょっとたくましくも。責任のことはやっぱり言われますね。弟を心配し、情報を与える姉と、それに感謝する弟。

 プール掃除は映画の為じゃない。プールの為?
 責任を感じまくってる崇子。甘えてくる縁が鬱陶しくて仕方ない?愚痴なら姉さんに、と、縁の敏感なところに触れて彼の手が上がるも、崇子の方が強かった。ところが、「そうなんです、崇子さんのカッコいい所を見せて欲しいんです」と、これが縁の本質かな。
 舞台はプールに。そして、二人ともプールの中に。勝負服。本気。
 「ありがとう」うれしさのあまり崇子を抱きしめる縁。「え?」崇子の顔が乙女に。観客の緒花や菜子も感嘆の声。
 「離して」、服が透け、顔を上気させる崇子が輝いた。今回、縁が輝く話だと思ってたら、実は崇子の輝く話だった。

 スイが顛末の報告に行ったのは、縁はまだそこまで達してないから尻拭い。
 帰って来て、縁に接する女将は自然体。いつもよりちょっと優しい感じも。
 縁はきちんとお礼を言って、で、崇子をかばうけど、女将は責任を取ってもらうと。
 「母さんでいいよ」 親と子の会話。
 うれしそうな目で、「お前が他人をこんなに庇えるようになって来たとはねえ」
 ピアノの話。泳ぎの話。スイにとってはかわいい息子。縁にとっては女将である以前に母さん。仕事を抜きにして、二人がどんな親子なのか窺えますね。
 プール。飛行機。姉を見つめる母。「おかーさん」と何度も呼んで、振り返る母に縁の笑顔。自分を見てくれてうれしい笑顔。
 2機の飛行機は親子に見えるかな。それとも姉弟。親娘。もっと別のもの?
   おかーさん

       --------------------------
おまけ:    Another   いろは   第17話

  女将の部屋
縁  「それでは、女将。失礼します」
女将 「ああ、よろしく頼んだよ」

縁  とことこ  「ん?」

  カウンター
巴  「ふんふん。それでそれで?」
菜子 「ええと、『そういう短絡的な考え方が良くない所なのっ』で」
緒花 「『ありがとう、ありがとう崇子さん!』」
    菜子を  抱き!
緒花・菜子・巴「きゃ~~~っ♪」
巴  「で?で?」
緒花  キリッ 「『ごめん、僕のせいでこんなに濡らしてしまって。僕がキスで温めてあげるよ』」
菜子 「『え?い、いけませんわ、若旦那』って、あ、ちょと、緒花ちゃん。きゃ~♪きゃ~♪」
緒花 「よいではないか、よいではないか」

   スリッパ  ギュゥゥーーン スパーーン!
緒花 「痛ーーーっ!な、何々?・・・あっ!」
縁  「緒花ちゃん。ウソは良くないよ、ウソは」 ひくひく「見てたんだね」
緒花・菜子「あ、あの・・・ごめんなさーい」 ぴゅーーっ
縁  「あ、ちょっと待っ・・・」
巴  「あーーっ。私、藤の間に行かなきゃ。後よろしくね、若旦那」 ぱたぱたぱた
縁  「え、あ、ちょっと・・・」 ぽつーん

   物陰 そっ
女将 「ふう・・・まだまだだねぇ・・・」

   早く安心させてあげてね、若旦那

              おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 花咲くいろは
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花咲くいろは 第17話「プール・オン・ザ・ヒル」

見事な詐欺でしたね~ アオサギさんが1カット入ったところは思わず苦笑してしまった。 監督は筋金入りの詐欺師だったようで、 撮影にちゃんと入って信用させるとこなんて用意周到、綿密に計画立ててたんだ...

花咲くいろは 17話

覆水盆に返らず。 というわけで、 「花咲くいろは」17話 死体少女の巻。 責任問題。 結局、詐欺でした。うわ、騙された。してやられた。 皐月さんも、もっと早く電話してくれよなー。 まあ、それ...

花咲くいろは 第17話「プール・オン・ザ・ヒル」

電話は皐月からの注意をうながすものでした。 映画を受けるなって言われましたが…。 スイさんは今回の件は縁に任せていると。 喜翆荘を継いだのだからと…。 ▼ 花咲くいろは 第17話「プール・オン・ザ・ヒル」  母と姉の心知らずな縁(^^; すっかりいい...

花咲くいろは「第17話 プール・オン・ザ・ヒル」/ブログのエントリ

花咲くいろは「第17話 プール・オン・ザ・ヒル」に関するブログのエントリページです。

花咲くいろは 第17話 『プール・オン・ザ・ヒル』

サバサバしてるようで、けっこうウブだったり。縁の不意打ち抱擁に顔を赤らめる崇子が結構可愛い。そして透けブラで結構な巨乳である子が判明。加えてアイシャドウは無いほうが良いですね。 あの電話は皐月だった。女将にプロデューサーが怪しいと告げるものの、縁に任せ?...

花咲くいろは 第17話「プール・オン・ザ・ヒル」

やっぱりね…! まぁ、前回ラストの電話で嫌な予感バッチリだったんですが…。まぁ、そういう事ですな。 電話自体は皐月さんからの忠告の電話だったんですが、そこのやり取りも印象的でしたね。 もう叶わな...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。