スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣の奏者エリン(再) 第18話 「教導師エサル」 を観て

 これまで長い間、山の中で暮らしてきたエリン。
 カザルム王獣保護場の学舎はさすが学校、生徒が沢山。登場人物が一気に増えて、にぎやかになりますね。
 試験の方は、エリンだもの、心配ありませんね。
 けれど、合格それは、ジョウンとの別れの時でもあります。

 カザルム王獣保護場は主に怪我をしたり病気になった王獣を保護するところ。他にラザルにも保護場があるんだけど、こちらは健康で、真王にお披露目するような王獣を保護している。ラザルには貴族階級の子しか行けないみたいだけど、カザルムは職人階級の子も入れる。だからカザルムの生徒は皆平民の子って思っていいかな。生徒は12歳から18歳まで、全部で60人だから、1学年およそ10人。狭き門。ここの生徒は皆優秀と思っていいかな。

 到着、エサルとの出会い、学舎の案内、静かな中、少しの緊張と共に、これから身を置くであろう世界に入っていくエリン。外で授業を受けてる学童を見てお辞儀をしたり、王獣を見つけたり、トムラ先輩、早くも登場ですね。
 エサルが教導師長と知ってびっくりしたジョウンが思わずプゥ~。エリンはそのオナラにびっくり。教導師長室には本が一杯。エリンは見惚れてますね。
 落ち着いた感じのエサル。落ち着くからとお茶を勧めて、カリムの実で話が弾んで、いい感じで試験スタート。1トは1時間。ジョウンとエサルの会話が年齢を感じさせ、と、半トで試験をやり終えちゃいました。
 チリーンとカリサを呼んで、寮の部屋に案内するようにと。年齢どおり中等二段。本来なら12歳の学童の組から始めなくてはならないとこを2年飛び級。ただし、実習は12歳の学童と一緒にフン集めから。合格です。まだ戸惑った感じで「ありがとうございます」がエリンらしい。
 ヌックとモックのことで、「一緒に帰るだろう」とジョウン。そう、エリンを残してジョウンは帰ってしまう。「おじさん、まだいますよね」。エリンの気持ちを端的に表してる。

 エサルを驚かせたのはエリンの作文。「自分は、こ世に生きるものが、何故このようにあるのかを知りたいのです」エリンの本質。「生き物であれ、命無きものであれ、この世にあるものが何故このようにあるのか、私は不思議でなりません。私は蜜蜂を飼育していました。ミツバチ一つ一つはとても小さな生き物です。ですが、小さなミツバチたちは群れを作って生活を営み、子供を残すことに置いて、信じられないくらい効率の良い方法を取るのです。その一つが分蜂なのです。蜂を例にとりましたが、王獣や人間というものがどうして存在するのか、そして、自分を含め、生き物が何故ここにあるのかを知りたいのです。獣について学ぶ事はきっと、自分が知りたいと思っていることについてつながっているはずだと思うのです。私が獣の医術師になりたい理由は、以上です」

 エサルにエリンのことを話すジョウン。エリンの母のことも告げて。エサルは獣を助けたい心があれば、霧の民だろうと、女だろうと、一員として何の不足もないと。「本当に君は変わらんな」「ええ」若い頃の二人がどんなだったか思わせますね。

 ユーヤン登場。いい子だって丸わかりですね。エリンのこれからの生活に不安を思ってた人に、安心を与えてくれる。霧の民であることを無視するように言われてたのに、早速それを破っちゃったりしてますが。夕食で笑ってるエリンを見て、安心するジョウンが本当に父親の目で。

 朝、ジョウンはエリンに別れを告げずに帰るつもりだったよう。エサルに「一人は慣れている」と言うジョウンが。
 気づいて駆けつけたエリン。「今までありがとうございました」礼儀正しく。「俺の方こそ、ありがとな」エリンの頭を撫で、エリンの目からは涙が。と、ジョウンがオナラ。「おじさんたら」エリンは泣きながら笑って。ヌックとモックも残ることに。
 「元気でやれよ」今日からエサルがお前の親だと思って困らせてやれ。「それじゃあな」ジョウンの別れの言葉。
 「お元気で。おじさん」涙がぽろぽろと。
 「ああ」優しく微笑んで答えるジョウン。そして、馬車はカザルムをあとに。
 「エリン。お前は俺の自慢の娘だ」一人になったジョウンも涙を流して。

 二人の別れのシーンは、こっちも涙でした。本当にいい親子だった。ジョウンは最後まで明るく振舞って。エリンの気持ちもよく伝わって来て。本当にいい親子でした。
   俺のほうこそ

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おまけ:    Another   奏者   第18話

   学舎 客室 夜
       コンコン ガチャ
エリン 「おじさん」
ジョウン「ああ、エリンか。どうだ?、ここの飯は」
エリン 「もう、おじさんたら」

  最後の夜、二人はどんな話をしたのでしょう

               おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

獣の奏者 エリン「第18話 教導師エサル」/ブログのエントリ

獣の奏者 エリン「第18話 教導師エサル」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。