スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつか天魔の黒ウサギ 第2話 「900秒の放課後(後篇)」 を観て

 原作を読んでないと置いてけぼりを喰らうのでは、と思いましたが、月光の過去や美雷とのなれ初めは3話でやるみたいですね。ホームページで見た。
 それにしても、ちょっと駆け足な感じも。大兎とヒメアが知り合って一緒に遊び始めた頃の事が、もうちょこっと描かれてた方がよかったんじゃないかなと思ったり。
 でも、映像的に魅せる、早い段階に激しいバトルを持ってきて、これがどんな作品かを示すのは正しいこととも。凝縮された中で現れる魅力。

 出会いは一人ぼっちの男の子と女の子。大兎にはなぜ彼女が見えたのでしょう。
 仲良くなって、そして呪いをかけたところに日向急襲。彼は魔人信仰の一員らしいけど、人間には到底できない攻撃を繰り広げてますね。教会にも追われてるみたいだし、ヒメアは人気者。死なないってこと意外、唯の人間の大兎には到底かなわない。
 「こいつに惚れたな」ヒメアが大兎に呪いをかけたのは、死なずにずっとそばにいてもらえるように。純粋な目的ですね。「恥かかせないで」と、大兎を助けるため、日向に従うヒメア。「絶対に助けに行くから」という大兎。大兎は記憶を消されてしまい、そして9年の月日が流れたのでした。

 ヒメアが刺されて、そりゃ、てっきり日向だと思ったけど、さに非ず月光。「意味わかんねー」のももっともだ。あら不思議、傷が塞がってく。特別な剣、スペルエラー。月光もヒメアを渡せって、人気者だね。
 大兎VS月光。腕を切断されたけど、それを掴んでぶん殴ったー。
 次元の裂け目からパシリの美雷到着。「私達悪者みたい」って、実は悪者じゃないみたいだね。おでこにキッスで呪いが解けたー。
 大兎VSミライ。ビリビリ攻撃で大兎即死、も復活。ミライ、強い。ヒメア参戦。「アルト」でミライを制止。人質ゲットだぜー。月光は素直に剣を捨て、でも、ミライの為じゃないって言ってたけど、でも、本当のところは・・・。ミライはうれしくって、本気がアルトを打ち破って、大兎を天へ放り投げたー。

 すげージャンプ力って、素直に思うよね。
 「でも、私にはモテるからいいでしょ。好きよ、大兎」こんな状況だけど、再会以来やっと甘い雰囲気になれたね。
 「いいものあげる」それは禁呪の炎。それで月光に突っ込んでいくが、スペルエラーで消えちゃった。
 「手伝う!」「いらない!」男と男の勝負だ。と、そこに、
 「ならいっそ、全員死ぬというのはどうかな」満を持して、紅日向の登場だ。で、日向は月光の双子の弟だった。
 月光はもう大兎をほっぽって、ミライと共に攻撃開始。この兄弟にはどんな因縁があるのか。チラッと挟まるおぞましい過去。
 日向の怖さを知るヒメアは逃げを提案するけど、大兎はやる気満々。「あと5分だけ」あいつを殴って戻ってくるからと。ヒメアの心が動いた。一人じゃダメでも二人なら何とか、だから一緒に。9年で強くカッコよくなったとうっとりするヒメア。大兎が空手をやってたのは、心のどこかにヒメアのためにとの思いがあったから。

 日向の胸をスペルエラーが貫いた。2万歩の成長。でも、日向から玉が飛び出して再生。ちょ~っと気持ち悪いよ。「ハーーッ!」光の衝撃波が、「避けろー、バカー」その身を挺して、大兎が月光を救った。闘いを通し、共通の敵を前に、いつの間にか生まれた友情?。
 「さすがは兄さん」あれ、この声って雪男?違う?
 月光が大兎に協力要請。「やっと素直になった?」と笑顔で、何気に大兎は心が広くておおらかないい子。二人は何だかいいコンビな感じになってますね。
 ヒメアが大兎をハンマー投げで、禁呪の炎が日向と蜘蛛を焼き払う。「やった」と大兎、のその胸を衝撃波が。日向生きてた。ヒメアは過去、日向に拷問されてた。
 日向に次々と殺される大兎。「6回目」。9年前の再現。
 「奴隷にでも何でもなるから。だから、大兎を」ヒメアの思い。でも、
 「ダメだよ。・・・今度こそ俺が守るから」大兎の腕に炎が。「ダメ」
 「ヒメアを救えるなら、この先ヒメアが笑って暮らせるなら、
   この命、テメーにくれてやる!」
 「出来るよバーカ」走り出す大兎「俺は二度と、ヒメアを忘れないって決めたんだからなー」
 「いやーーーーーーっ」
 焼かれる日向から飛び出した玉を月光が両断。尊い命を犠牲に、決着はついたのでした。が、

 気づけば何故か教室で寝てた大兎。大兎は何故生きてるのでしょう。そして、謎の転校生は、なんと、サイトヒメア。大兎の胸に飛び込んで、遥が大変だ~。
 さらに、大兎は月光の奴隷となって、「これから大兎とずっと一緒なんだ。楽しいな」のヒメアと共に4人のチームの結成とあいなったようで、さてさて、このチームは一体、どんな活動をしていくのでしょう。

 月光は、1話目では印象悪かったけど、どうしてなかなか、いい奴みたい。
 前半ではバトルを繰り広げていた2チームが、終わってみれば一つのチームって、やっぱりすごい展開ですね。月光の信頼を勝ち取った大兎の強さと心根、なのでしょう。
 大兎とヒメアは再会早々激しい状況になっちゃったけど、これからまったりとしていければいいね。
 日向はまた出てくるのでしょうか。原作は1巻だけ読みました。
 次回の次回予告も楽しみにしてます。
   この命くれてやる

   ------------------------------
おまけ:    Another   黒うさ   第2話

   公園
月光 「終わりだ、日向」
日向 「ハハ、それは僕より後ろに2万歩ってことでしょう」
    背中から光の玉
      再生 途中 皮が無い
ミライ「おお~」
月光・大兎・ヒメア
   「うっ・・・キモ~」
     きもい きもい きもい・・・
日向 シュゥゥゥン 再生完了
   「・・・キ、キモいとかゆーな!」 泣泣

              おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : いつか天魔の黒ウサギ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いつか天魔の黒ウサギ 第2話「900秒の放課後<後編>」

いつか天魔の黒ウサギの第2話を見ました。 第2話 900秒の放課後<後編> 強大な魔力を秘めた“最古の魔女”サイトヒメアと交わした約束により、15分以内に7回殺されないと死なない体になっていた大兎...

いつか天魔の黒ウサギ・・・第2回「900秒の放課後&lt後編&gt」

2011/07/21 放送分 総評:★★☆☆☆ 超スピードすぎて展開がわかりませんw 凡人にも理解できるだけの説明が欲しいですね。切実に。 それとも、ここまではどうでもよくて次回からが本番ってことですかね...

いつか天魔の黒ウサギ 第2話 「900秒の放課後(後篇)」

▼ いつか天魔の黒ウサギ 第2話 「900秒の放課後(後篇)」   不死身属性とかは特売バーゲンするとこんな展開になるんですね~。 富士見書房だけに(ぉ) 9年前、吸血鬼サイトヒメアによって大兎は15分...

前話から『900秒』ってのはこういう意味だったんですが、来週からは学園物語が始まるってところかな?? いつか天魔の黒ウサギ 第2話『900秒の放課後(後篇)』

 今から9年前に起こった出来事。  1人ブランコに佇む幼きヒメアの元に、幼い大兎が声をかける。  大兎も友達と仲良くできず1人ぼっちだったそうで、自分も一緒だねと語ると、ヒメアも一緒にいてくれるの...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。