スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは 第14話 「これが私の生きる道」 を観て

 きっくいやんせー。ようこそ宮崎へ。
 修学旅行。夏の海。告白イベント。
 旅行先でも学ぼうと、緒花はやっぱり緒花だね。
 今回メインは和倉結名。彼女と緒花はお互い気になるところがあるみたいだけど。
 これまで、今を輝くことに全力になってた緒花。将来のことをちょっと考えてみたりするのかな。

 他の旅館から学んで帰ろうとする緒花の姿勢。これはわりと自然なことだよね。他所の同種職場を見ると、ついつい気になるもの。
 「緒花ちゃん、やっぱり面白ーい」と言う結名。好意と、自分に無いものに対する興味と不安があるのかな。
 喜翆荘と比較すれば、それはそれは大きな旅館「ふくよう」。
 いつも案内される立場が逆に案内されて落ち着かないみたい。
 怒鳴り声が。番頭さんが仲居を叱ってました。お客様に聞こえるようなところで叱っちゃいけないよ。彼、洋輔は結名の許嫁だとか。怒ってた彼がすぐデレっとなっちゃいましたね。
 同じ旅館のお孫さん。家は老舗の超一流旅館。クラスのアイドルでスタイル抜群。許嫁完備。確かに旅館だけなら負けてない。
 「俺、やっぱりお前のこと好きなんだー」恥かいた民子がかわいそうだ。
 「ロンリー?」な緒花。「四十万の女は、へこたれないんだー」思い込みの激しい子。
 緒花と結名の二人。告白を断ってあっけらかんとしている結名に対し緒花は「ぽかーんとなって、ドキドキして、どかーんとなるだけでした」。結名には「ぽかーん」と「どかーん」が理解できないみたい。緒花には、許嫁がいるのに告白を喜んで、そのすぐ後許嫁に何のためらいもない結奈が、「私は結名さんがよくわかりません」。
「何それ、ひどーい」って、でも、率直な緒花が好きなのかな。

 緒花、菜子、民子のやりとりは、「喜翆荘の人達は皆仲良しなんだね」の通り。結名はうらやましいみたい。
 喜翆荘でこれだけのお膳は無理。配膳だけで深夜になるって。
 4人でこれだけの配膳をするなんて、すごい。と、携帯の電源切っとけよ。すごくないかも。
 散乱したスリッパを、緒花は「よっと」と、菜子も、綺麗にそろえて、「いや、落ち着かなくて」「うん、クロールしていて左で息継ぎするような感じ」よくわかります。結名は、緒花達の気持ちが理解しがたいみたい。ちょっと茫然としてましたね。
 旅館の許嫁って認識が、仕事人間緒花らしいね。「いいなあ、結名さん。私も小さい頃から勉強してたら、今頃ちゃんとした仲居さんになれたのに」。
 「えー。緒花ちゃん、仲居さんになりたいの」結名から、何で仲居さんなんかにという感じが。
 「はい。あれ、そういえば私、仲居さんになりたいのかな?」緒花は、今、旅館の仕事を頑張るって気持ちできてたけど、将来のことは考えてなかったよね。
 ぼんぼるの意味を聞いて、くすっと笑って「どーん」。緒花を愛おしく感じたみたい。
 「じゃあ、私は~、緒花ちゃんと友達になれるようにぼんぼるー」「友達じゃなかったんだ」「もっと友達なるんぼるー」。民子や菜子と同じぐらいの距離になりたいってことなんだろうけど。

 「わ、ぎょめんなさい」
 人件費削減。楽になった。仲居も短期のバイト。経営のこと。「えらいね~」で、結名と二人ふけちゃって、バイトの子はカンカンだ。緒花も番頭が仲居をわかってないことに疑問を持つけど、
 「んー、んー、あれは!」河童を見に行っちゃいました。
 河童と遭遇。と、その時、結名と番頭の話し声が。
 番頭さん、日本一の旅館を目指してる。結名は洋ちゃんのお嫁さんになって日本一の女将さんになるって、
 「子供の頃の約束って可愛くていいよね」結名にとっては可愛い思い出。でも、番頭さんは本気で、「卒業したら家に来いよ」と。「俺が社長でお前が女将。二人で盛り立てていこうぜ」
 「私が、女将。私が旅館の仕事」遠くを見る結名。「ねえ、洋介君。旅館の仕事好き?」緒花は結名のことを感じ取ったのか、自分のことを思ったのか、番頭のことを思ったのか。
 「・・・好きだよ」「そうだね」。返事を保留にしたのは傷つけたくないから?
 手のひらを見る緒花。仲居の仕事は大変だ。何を思って沈んでるんだろう。番頭さんのことかな。それとも結名。それとも自身。
 うっかり早起き。目が覚めちゃって寝られないのがエネルギッシュな緒花らしい。「旅館の朝は早いんだねー」結名の生活は普通の高校生みたいだね。
 「河童と」「緒花ちゃん、面白ーい」緒花はこのセリフの意味に疑問を持ったのかな。それとも、昨夜のことを含め、結名が何を考えてるのか、引っかかったのかな。
 バイトの子が突然辞めると。番頭の不手際も露わになって、ガチで正直、ぶっちゃけで、詰め寄る番頭さん。  「しかたないよ~」結名の意見「旅館で働くの大変だもん。興味ない人がやっても続かないよ。いくらお金を貰えてもやりたくないことじゃ続かない。やっぱり好きなことじゃないとぼんぼれないよねー」
 そして、やりたいことがいっぱいあって、その中で1番好きなことを仕事にすると。とどめ、
 「私のやりたいことの中に無いんだー。旅館の仕事って」
 「これが昨日の答え、で、いいかな?」
 多分これで緒花は、よくわからなかった結名を理解できるようになってゆくのではないでしょうか。

 緒花と結名はお互いに相手の考え方や行動に理解できないところがあるんだけど、結名はそこに興味を持って魅かれていくし、緒花は結名をカッコいいと思って近づいて、パッと見は友達、でも、結名はまだ友達と呼べるほど近くに感じてないようで、多分緒花が結名にどんどん突っ込んでいけば友達になれるのでしょう。
 民子は、水着や告白の他にも、つぶやきや表情で大活躍でしたね。
 菜子、出番は少なかったけど、カッパッパ、とてもよかったです。

 緒花は結名を肯定するのか否定するのか、そして緒花の生きる道を考えるのか、次回、楽しみにしてます。
   なるんぼる

   -----------------------------
おまけ:    Another   いろは   第14話

   ふくよう 朝

結名 「二人とも、もう起きるの?。旅館の朝は早いんだねー」
緒花 「ごめんなさい。起こしちゃった?」
結名 「え~、許さなーい。罰を受けてもらいまーす。どーん!」
緒花 「わっ。結名さん?あの、罰って・・・」
結名 「それはー、くすぐりの刑でーす。こちょこちょこちょ」
緒花 「わっ、ちょっと結名さん。まっ、にゃはははは、ちょ、タンマ、タンマ。あはははは、やめ、」
結名 「声を上げると他の生徒に迷惑ですよ~」
緒花 「あはは、結名さん、なんか怖いですよ。くくく、ギブ、ギブです。にゃはははは」
結名 「んー、それじゃあ、こっこまーで、おやっとさあ」
緒花 「ふにゃ~」
民子 「寝ろ・・・」
結名 「じゃあ次はー、鶴来さんのばーん」
民子 「へっ?」
結名 「行っけー、緒花ちゃん」
緒花 「え?私?え、じゃ、・・・ニッ。どーん!こちょこちょこちょ」
民子 「わっ、バカッ、やめ、・・・うっ、あ、あん。や、ダメ、ああん。あんあんあんあん、いや~ん」
緒花   ピタッ 「・・・・・・・・」
民子 「はー、はー・・・」
緒花 「ぎょ、ぎょめんなさい。私、徹さんの体なのに、私・・・」
民子 「・・・いいよ。いいから、こっちに来なよ。さ、」
緒花 「え?みんち・・・。うん」 いそいそ
民子 「緒花・・・」
緒花 「みんち・・・」
民子 「・・・死ねーーー!!!」 三角締めー
緒花 「ぎょええええ!わー、ギブギブギブ。死ねはなしですよ~」
民子 「うるさーい!このホビロン!」
結名 「ほんま、仲良しやな~」 ニコニコ

   修学旅行の朝でしたー

           おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 花咲くいろは
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花咲くいろは 第14話「これが私の生きる道」 

お話の組み立てが実に巧いですね。 慰安旅行かと思ったら修学旅行ですか、なるほどこれなら結名ちゃんもばっちり出せますよね。 しっかりサービスシーンあり、笑いあり、そして公開罰ゲームオンパレードだっ...

花咲くいろは 第14話「これが私の生きる道」

2クール目となり季節も夏へ♪ 新OPも夏ぽくなっていいですね~。 緒花たちは修学旅行で海へとやって来ます。 沖縄以外の海に修学旅行で行く学校もあるもんなんですね。 ▼ 花咲くいろは 第14話「これが私の生きる道」  肌焼きたくないって 民子(^^; ...

花咲くいろは 14話

好きって気持ちは、何より強い…? というわけで、 「花咲くいろは」14話 水着少女の巻。 やりたいこととやるべきことが一致したとき、世界の声が聞こえる。 とはいうものの、そんな幸せ事例がゴロ...

花咲くいろは 14話『これが私の生きる道』 感想

許嫁は憧れの関係(´・ω・`)

花咲くいろは 14話『これが私の生きる道』

夏。 夏と言えば海。 海と言えば水着。

花咲くいろは 第14話 『これが私の生きる道』

やって来ました水着回!!修学旅行で南国へやってきた緒花たち。ある意味リアルなんだけど、巨乳が全然居ないから寂しい。菜子は?菜子はどこへ行ったのか・・・違うクラスか。  修学旅行を好機と捉え、結名と民子に告白する男が続出。しかし片っ端から振られてしま?...

花咲くいろは 第14話「これが私の生きる道」

まさかの結名回! 水着回なのに出番がほとんど無しで夜の海のなこちー(-_-) 今回からOP・ED変更と言う事で2クール目に突入です。 1クール目で喜翠荘周りの関係には決着をつけて、今回からは周りを補完し...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。