スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おさるのジョージ 「すてきなカラーチョコ」「レスキュー隊、出動!」を観て

 カラーチョコって、なんかオシャレな感じ。すでに詰め合わされている市販品と違って、自分で好きな色を選べるんですね。そうなると、売る方は忙しくって大変みたいだけど。ジョージにうまく捌けるのかな。

 デパートのチョコレート屋さん。日本でも見かけるかな。チョコを入れ忘れるなんて、ケイリーさんは何気にドジっ子。入ってなかったって証明するのは難しいよね。ジョージは正直で信用できるからって、店番を任されちゃいました。
 ひし形に積み上げるって、そうじゃない気が。しまった、ピラミッドとか他のチョコを崩しちゃいました。
 積み上げるのなら色より形で分けた方がいい。あら、お客さんが来ちゃいましたね。
 ミントと言われても、そりゃわかりません。仕方ない、味見して確かめるんだけど、同じ色が同じ味だって気づきました。まだ探してるところに別の客。ピンク8個と緑4個を同じように2箱にって、ジョージは大混乱。また別の客。1個注文しては食べ、また別の色を1個注文しては食べ。タダで試食できると勘違いした人が集まって来ちゃって、ジョージはもうてんてこ舞い。ジョージにちゃんと捌けってのはかわいそうですね。殆どをタダでばらまいちゃいました。
 材料を買うお金がなくなって弱ったケイリーだけど、「いいのよ、知らなかったんだもの」と優しく言ってくれました。でも、ジョージはやりきれない思い。責任を感じちゃってます。
 黄色い帽子のおじさんに連れられて店へ。会いたくないジョージだけど、ところが店は大繁盛。昨日タダで配った効果が。ケイリーはジョージを歓迎。箱詰めするジョージの手際がいい。昨日揉まれて上達したみたい。今度は黄色い帽子のおじさんがてんてこ舞いでした。

 慣れないからあたふたして、お客が大量に押し寄せて捌き切れなくなって、失敗しちゃうのって、よくわかる話です。でも、そうした中で色々覚え、成長していくんですよね。
 迷惑をかけたことで顔を合わせ辛くなる気持ち、でも、ケイリーも逆にジョージを心配するところ、しんみりとよかったです。

 もう1本は、レスキュー隊。
 足が抜けなくなっちゃった。レスキュー隊出動だ。隙間を広げる道具で助かった。
 レスキュー隊のマスコットになったことで消防署の見学。
 出動時の棒。伸びる梯子。ホース。エアバック。
 彼らはチャーキーを救出したり、コンパスは友達のジョージが救出したりと大活躍。
 ジョージはもう、マスコットじゃなくて立派な隊員です。

 色々なレスキュー隊の道具やその使用法、訓練や実践が紹介されました。中でも、現場でどうやって救助しようか考える彼らが印象的。経験と状況からの判断が、彼らに頼りがいを感じさせます。小さい子は、レスキュー隊をカッコいいなと思い、身近に感じるのではないでしょうか。
   カラーチョコ

    ------------------------
おまけ:    Another   おさる   第17話

   ケイリーのチョコショップ

客      「ミントにダース、ピンク15個、白11個を16箱に詰めてくれ。この後がややこしいんだが、ブルー13個、緑8個、黒と白が各1個。赤4個白5個ブルー6個。これはどの箱でもいい。紫の三角19個と筒型の53個は小さい箱に入れてくれ。それから、」
黄色いおじさん「ジョージ!」
ジョージ   「ウキー!」 サッサカサッサッサー
黄色いおじさん「ジョージ。君は天才だ」
ジョージ   「ウキー♪」
客      「ああ、ありがとう。いくらになるかね」
ジョージ   「!・・・ウキ?ウキ?」
黄色いおじさん「はは。いいよ、ジョージ。それは私がやるから。え~と・・・だいたい50ドル?」
ケイリー   「わー、私がやりますー」

   また、たまに手伝いに来ようね、ジョージ

             おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

おさるのジョージ 「レモネードはいかが?」「信号をまもろう」を観て

 自分でお金を稼ぐって経験を初めてしたのはいつ頃かな?お駄賃はなしね。
 高校や大学の頃のアルバイトが初めてって人が多いのでは。
 アメリカではもっと小さい頃からレモネードを売ってお金を稼ぐ習慣があるみたい。日本でも、こういった習慣が広まってもいいんじゃないかと思うんだけど、銭儲けはいやしいって観念があるせいかな、広まる気配は微塵もありませんね。
 今回ジョージはレモネードを売って、サッカーボールのゲットを目指します。はたしてうまくいくのかな?

 黄色い帽子のおじさんのアルバムを観てジョージは大笑い。子供の頃は青い帽子だったんですね。
 その中のレモネードを売る黄色い少年に感化され、ジョージもレモネードを売ってサッカーボールを手に入れようと、なかなかたくましいおさるさん。
 冷蔵庫のレモネード4パックを持ち出して、木箱を調達。さあ、準備は完了、アパートの前で商売を始めますが。
 ドアマンさん、ピンときて、さっそくお客さんに。ジョージはパックを渡すけど、そりゃ、そんなに飲めませんね。慌ててコップをとってくるジョージ。ドアマンさんが胸に手を入れると、そっからサッカーボールが出てくると思ってたみたいだけど、出てきたのはもちろんコイン。
 ニョッキとチャーキーが来ておねだり。ニョッキがかわいいですね。
 ドアマンさんからのアドバイス。人は、誰かが舐めた物には口を付けない。
 場所を変えるけど、レモネードを売ってるお店の前では迷惑がられちゃいますよね。消防署の前は、忙しすぎて見向きもされないし。
 ベッツィーが加わってくれました。どうしたら売れるのか考えますが、ニュースにヒントを得て二人は建設現場に。
 大当たり。建設現場の人たちは皆のどがカラカラ。レモネードが飛ぶように売れていきます。
 残り2杯の所で客が4人。でも、2杯を4杯に分けて、半分だから半額づつ。完売することができました。
 でも、売ったのは黄色い帽子のおじさんのレモネード。慌てて4パック買って、結局儲けはゼロでした

 あちらでは、とても身近に感じられると思います。日本でも、これを観て、ジュースを小売りしてみたくなった子が沢山いるんじゃないかな。
 店を出すにあたっての場所選びは、需要のあるところに落ち着きましたね。それと、商品単品の量をどうするかというのも大切なこと。ぜひ、実践してほしいなと思います。

 もう一本は信号。
 信号が立って、邪魔になるからって、いつも通り道にしていた木の枝が切られてしまい、ジャンピーは道路を横断しなければならない羽目に。どうしたら安全に戻れるか考えるんだけど、
 信号を観察していたジョージ。車が止まるのは、皆赤が大好きでよく見ているからだと考えますね。反対に緑は嫌われ者。
 ジョージは色紙を切り抜いて、赤だけの信号、黄だけの信号、緑だけの信号にしちゃいましたね。赤だけに皆怒っちゃいます。ウイントさんが信号の意味を説明。ジョージは理解できました。
 トラブルで信号が消えちゃいました。でも、ジョージが仕切ったら、車の流れは前よりスムーズに。
 枝の代わりにロープで橋を作ってもらって、ジャンピーも助かりました。

 小さい子はこれを観て、信号のルールを理解できるでしょう。歩行者用ばかりでなく、車用の信号に注目して、信号と車の動きの関係に興味を持って、車の動きを予想して楽しむかもしれませんね。
   レモネード売り

      -----------------------
おまけ:    Another   おさる   第16話

   アパート
黄色いおじさん「おーい、ジョージ。レモネードを1杯頼むよ」
ジョージ   「ウキー」

黄色いおじさん「ああ、ありがとうジョージ。はい」
          50セント硬貨
ジョージ   「ウキ?」
黄色いおじさん「聞いたぞ。昨日レモネードを売ってたんだって。買い直したから儲けがゼロだったんだろ。それで好きな物を買って来るといい」
ジョージ   「ウキー♪」

    外  ジリジリジリ
ジョージ 「ウキ~」
ベッツィー「あっ、ジョージ。見て見て。私も始めたの」
ジョージ 「ウキッ」 シュバッ 「ゴクゴクゴク。プハ~」
ベッツィー「あっ」
ジョージ 「ウキッ!」
ベッツィー「まいどありがと♪、ジョージ」
ジョージ 「ウキキ~」 50セント硬貨 チャリン

    帰路
ジョージ 「ウキ?ウキ?」

   まあ、いいじゃない。ジョージ。

                おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

おさるのジョージ 「星をかぞえて」「トロフィーがとける!」を観て

 誰もが一度は思ったことがあるでしょう。夜空の星は幾つあるんだろうって。
 答えは、調べればわかるけど、実際に数えきった人はいったいどれくらいいるのかな。
 頑張れば数えられる数。でも、どの星まで数えたかわからなくなっちゃったりして大変ですね。
 今回ジョージは、星の数に興味を持ったみたいです。

 猛暑の都会を離れ、ジョージたちは田舎で快適な生活。
 ジョージは田舎が大好き。カエルにハチドリ、そして満天の星空。
 星の数は科学者にもわからない、とビルに教えてもらって、それなら星を全部数えてやろうと張り切るジョージ。
 ちゃんと数を書き留めて、順調そうですが、あらら、途中で眠っちゃいました。ジョージを家に抱っこしていく黄色い帽子のおじさんが、優しくていい感じ。
 次の日、続きから数えようとしますが、昨日どの星を数えたかわからなくなっちゃって、仕方なく最初から。眠くなっちゃう前に数えきろうと急ぎますが、とても間に合わない。
 「昼間だって星はあるにはある。太陽が明るいから見えないだけ」と、黄色い帽子のおじさん。
 あきらめるのは癪だから、次の日も数えるジョージ。そこで、星の作る形が、帽子を逆さにした形に似てることを発見。星座ですね。それを目印にすれば、どこまで数えたかがわかり、日をまたいでも続きから数えられます。このやり方なら、街に帰った後もできる。
 さて、街に帰ったジョージ。星をかぞえようとしますが、あれれ、星がない。黄色い帽子のおじさんによると、昼に見えないのと同じで、あるにはあるが、明るすぎて見えないんだって。がっかりするジョージ。
 おりしも街は節電でエアコン禁止。ジョージが我慢できずスイッチを入れると、街じゅう停電に。謝るジョージ。でも、原因はアリでした。停電でいいことが一つ。ジョージが空を見上げると、そこには田舎よりももっと沢山の星が輝いていました。

 猛暑から田舎、そして節電と停電、それにより見える星空と、構成がとても上手でした。ビルの言ってた星の数は、正確な数のことですね。
 小さい子はこれを観て、星座に興味を持つでしょう。また、昼間に星があることは、驚きかもしれませんね。明るすぎて云々も理解できると思います。そして、星にロマンを感じてくれるのが何よりではないでしょうか。

 もう一本は、融解条件の話。
 トロフィーに興味を持つジョージ。いいおさるになったら貰えるってことだけど。
 ピスゲッティさんの皿洗いのお手伝い。ジョージはトロフィーを貰いました。
 そのトロフィーは、「アイスクリームニョッキ」。黄色い帽子のおじさんに見せたくて、家に持って帰るジョージですが、あれれ、融けちゃいました。日に当たったのがいけなかったんです。新しいのを貰い、今度は気を付けて家へ。ところが黄色い帽子のおじさんは留守。コーパスにとまられて、落ちてやっぱり融けちゃいました。
 新しいのをさらに貰い家へ。無事に着いたけど、葉っぱが一枚くっついてる。ジョージはそれを水道でジャーと洗い流してって、やっぱり融けちゃいました。
 最後の一つ。無事、家に着き、黄色い帽子のおじさんも今度はいました。記念撮影をして、そして皆でおいしくいただきます。

 小さい子は、アイスクリームをとかしちゃう失敗をよくするもの。ジョージを身近に感じたのではないでしょうか。水をかける件はどの子も「ダメー」と思ったのでは。また、あんな大きなアイスクリームが食べたいな、と思ったかもしれませんね。
   星を数えて

   ------------------
おまけ:    Another   おさる   第15話

   屋上
黄色いおじさん「やー、停電が治ったみたいだな」
ジョージ   「ウキー」
黄色いおじさん「ああ、残念だけどジョージ。星はまた田舎に行くまで、お預けだ。何、一週間なんて、あっという間さ」
ジョージ   「ウキー」

   部屋
ジョージ   コソッ コソッ カチリ 「ウキ?」

   翌朝
黄色いおじさん「ハークション。こらジョージ。どこ行った。お前、停電させようとしたな。ハークション」
ジョージ   「ウキ・・・」
黄色いおじさん「ふう、いいか、もし本当に停電したらお前はいいかもしれないが、でもそれで困る人もいるんだ」
ジョージ   「ウキー・・・」
黄色いおじさん「そうだ。今夜、プラネタリウムに連れてってやろう。そこでは、外がどんなに明るくても星が見えるんだぞー」
ジョージ   「ウキー」

   プラネタリウム
黄色いおじさん「どうだ、ジョージ。綺麗だろう」
ジョージ   「ウキー」
     フッ
黄色いおじさん「やっ、また停電だ。せっかく来たのにこれじゃ、見られない」
ジョージ   「ウキー」 タタタッ
黄色いおじさん「あ、どこ行くんだ、ジョージ」 タタタッ 「そうか。やっぱり本物の方がいいな、ジョージ」
ジョージ   「ウキー」

  都会でも、星の観察が続けられそう
   プラネタリウムには、ならではの良いところがあるよ

              おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

おさるのジョージ 「ボクって年少組?」「チャレンジチャーキー」を観て

 初めての幼稚園。
 僕は覚えていませんが、やっぱりわくわくするものかな。失敗してストレスを溜めることも。
 集団の中で、ジョージはどんな1日を送るのでしょう。

 「あこがれの幼稚園」に行くことが決まってアリーは大喜び。準備の買い物でリュックや定規はわかるけど、カウボーイベルトって何に使うんだろう。これは最後まで謎のままでした。
 話を聞こうと待つジョージ。「ただいま。最高」とアリー。帰って、出来事を話す良い情景。
 先生から、連れてらっしゃい、とのことで、ジョージも幼稚園に。お弁当におやつに鉛筆をリュックに詰め、スクールバス。わくわくのジョージ。
 みんなジョージを歓迎。「席に着いて」ですぐ席に着くいい子たち。一人おもちゃで遊ぶジョージも、先生に言われて席に。一人づつクッションがあって丸くなる、たぶん日本とは違ったスタイル。
 動物の動きから、自分の好きな動きへ。アリーは逆立ち、バク転。ジョージは本棚に駆け上り、でも、本棚を倒してしまいます。「気にしないで。わざとじゃないんだから。後で片付けましょう」と、さすが先生、慣れたものです。
 その後も、屋内砂場をひっくり返したり、屋内ミニプールの栓を抜いてしまったり。先生は手をジョージの頭の上に乗せて、優しく説明。幼稚園にはルールがあって、それを覚えるのに苦戦するジョージ。「慣れてないだけ」と言うアリーが的を得てる。失敗しながら覚えましょう。ジョージはみんなと仲間になりたいようです。
 住んでみたいお城の絵。ジョージのひらめきは、絵よりも作っちゃった方が。アリーは「そっか、先生の為に」と賛成。みんなに呼びかけて。席を外してる先生に許可も取って。
 本棚、積木、カーテン、木で、お城は完成。ジョージが考えて、みんなが手伝ったお城。先生は素晴らしいと感激。
 帰りのスクールバス。今日のことを黄色いおじさんに話したいジョージでした。

 集団生活には、そこならではのルールがつきもの。失敗してもわざとじゃないからと優しく教える先生。どの子もたぶん、最初はジョージと一緒なんでしょうね。
 それと集団生活では仲間との協力行動。ジョージはみんなの仲間に入れたようです。
 その日の出来事を家で待つ者に話したい気持ち。これも大切ですね。

 もう一本は、犬の調教。
 犬の訓練スクール。チャーキーは手の合図を全然覚えてくれず、明日のテストが心配。
 ジョージのアパートの屋上に、タイヤやハードル、シーソーを再現。ジョージと、優秀なハンドリーで練習開始。ハンドリーがお手本を見せても、チャーキーにはできません。
 途方に暮れるジョージ。でも、クッキーに飛びつくチャーキーを見てひらめきます。クッキーで誘ってみると、見事、ジャンプに成功。シーソーや、一番苦手な「待て」もこなせました。
 テスト本番。さあ、スタート。ところがクッキーがない。でも、テニスボールで代用。次々とクリアし、ハトもハンドリーに追っ払ってもらって、ゴール。タイムは59秒99。修了証書を貰いました。

 チャーキーはお利口ではないけど、愛らしい犬。クールで利口なハンドリーが協力する姿が印象的。
 ベッキーの母が、「もともと利口だから受かって当然」と言ったのは、チャーキーへの信頼と愛なのでしょか。
   幼稚園

        ----------------
おまけ:    Another   おさる   第14話

    幼稚園

先生  「はい、それじゃあ、お昼寝にしましょうね」
園児  「はーい」
アリー 「ジョージ。私達、一緒に寝ましょ」
ジョージ「ウキー」

アリー 「スピー、スピー・・・うんん・・・はっ!・・・先生」
先生  「あら、どうしたのアリー?」
ジョージ「・・・ウキ?」
アリー 「あの・・・・・大変なの、先生。ジョージがオネショしちゃったの」
ジョージ「ウキ?・・・ウキーウキー、ウッキー!」
先生  「まあ大変。ちょっと待っててね・・・って、アリー。あなたでしょ、オネショしたのは」
アリー 「あらららら、ばれちゃったか」
先生  「見ればわかります。だめよ、アリー。ウソは一番いけない事。今度ついたら、メッですからね」
アリー 「はーい。えへへ、ごめんね、ジョージ」
ジョージ「ウキー」

  ジョージはほっと一安心。オネショなんて、まさか、ねえ

                 おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

おさるのジョージ 「かぜ菌をやっつけろ」「ロンリーフィッシュ」 を観て

 かぜ。
 たいがいの人は一度はかかったことがあると思います。せきや鼻水、発熱、それに胃腸をこわしたり。
 ところでその時、体の中では何が起こっているのでしょうか。
 今回ジョージは、細菌と戦います。

 秋の最初の月曜日はソースの日。
 ピスゲッティさんのソースの味をみるジョージですが、何も匂わないし、味もしないし、おまけにくしゃみ。かぜをひいてるようです。
 ベットで横になるジョージに黄色い帽子のおじさんが、かぜについて図解本を開きながら優しく説明。
 熱や鼻づまり、手足の冷えといった症状。これは体が細菌と闘っているから。
 いい細菌と悪い細菌の存在。せきは肺が縮んで悪い細菌を押し出そうとしてる。

 眠るジョージ。気づくと自分が小人になっていて、眠るジョージを見上げています。
 小人ジョージは、ジョージの口の中へ。その奥、鼻の辺りには、細菌のトゥースと細菌ガールズが。彼らは歌います。
 「♪次は胃腸だ、暴れてやるぜ
   もしお前が何か食べたら、消化不良を起こしてやるぜ」
 胃、肺と、彼らを追うジョージ。そして、鼻に追いつめたとき、ジョージは指を利用して、彼らを追い出すことに成功しました。

 小さい子はこれを観て、かぜの時、体が細菌と闘ってることをイメージできるようになると思います。また、肺や胃といった器官についての知識も得るでしょう。

 もう一本は、水門の話。
 ロンリー湖は憩いの場所。でも、日照り続きで水がずいぶんと減っています。
 底の見える場所。湖から孤立した池が出来ています。そこに魚が一匹。
 ジョージはこの魚を湖に戻してやろうとしますが捕まえられず、そこで、湖と池を隔てる土を掘って水路を作ります。
 ところが湖の水が水路に流れ込み、それと一緒に他の魚たちも。慌ててオールで塞ぎますが・・・。
 困ったジョージに通りがかったビルがアドバイス。
 水は高い方から低い方へ流れ込む。水門は扉が二つ必要。まず片方だけ開けて、水を水路に入れ、閉じる。そして反対側を開ければ、と。
 ジョージはオールで二つの水門。エサで水路に魚を呼び込んで・・・魚を湖に返すことが出来ました。

 小さい子はこれを参考に、湖や川、海などで水遊びをするとき、水門を作って遊ぶかもしれませんね。ちょっと難しい内容でした。
   水門

     ------------------------
おまけ:    Another   おさる   第13話

   ジョージの部屋

黄色いおじさん「はっくしゅん。ああ、今度は私が・・・はっくしゅん」
ジョージ   「ウキー」
鼻      「♪もしお前が何か食べたら~」
黄色いおじさん「はっくしょん。ズズーー。ああ、ティッシュ、ティッシュ。・・・ちーーーん!」
ティッシュ  「うわ~~~~」
鼻      「キャーー、トゥーツ!」
ティッシュ  「お前ら、後は頼んだぜー」 ポイ 「あーれー」
鼻      「みんな、泣いちゃダメ!トゥーツの分も暴れるのよ!♪次は胃腸だ、暴れてやるぜ~」
黄色いおじさん「はっくしょん。はぁはぁ、あら、お腹に来たみたい・・・くう」
ジョージ   「ウキー」

  安静にして早く良くなってね。ジョージも心配してます。

                 おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。