スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君に届け 2ND SEASON episode.12「大事な人」を観て

 今日は学際の後片付け。風早君と爽子がつき合い始めたことは学校中に広まってます。

風早君とゴミ捨てに行く爽子。
  「持たせてよ、彼氏の特権で」
  一緒に捨てに行けるからと、自分も持つ爽子。
   「みんなの前で告白、ゴメン、恥ずかしいよな」
  うれしい、伝えようとしてるんだ。私にも、みんなにも。

陰で泣いてる子。
  この子の気持ちがわかるチヅ。チヅはリュウの兄に失恋してるから。
 「風早君の次に浮かんだの。くるみちゃん」
  ほんのちょっと前の私の気持ち  その上に立ってる
 「私、行ってくるね」
 「どうしようもないんだよ。あんた悪くないんだからね」
   チヅの学んだこと。

胡桃沢 梅
 「一緒よ。爽子ちゃん以外はみんな一緒よ
    風早が決めた。
   爽子ちゃんに何かしたら、きっと風早許さないと思う」

 「くるみちゃんのライバルは私なので」

あやね
 「長い片思いが偉いわけじゃない。何もしなかったの棚に上げて。
  悔しかったり、幸せ願いたかったり、
  悲しんでもいいんじゃない。自分のために」

ピン
 「最初に告白する奴だけが本命と戦えるんだよ」

最初に告白したくるみ
 「何」
 「風早君に告白したよ。つき合うことになったよ」
 「自慢しに来たの?」
 「報告」
 「よかったねなんて言わないよ  他には?」
 「ない。 報告だけ」
 「爽子ちゃん、言ったよね。私はちゃんと伝えたって。
   爽子ちゃんがいたからよ。
  いなかったら気持ちなんて伝えられなかった。フラれたけどね。

   爽子ちゃんがライバルでよかった」

  空を見上げる爽子

三浦とくるみとあやね
 「ありがとうとかごめんねって言われたら、ぶっとばしてた
  無理なのよ。好きになるならとっくになってる。
  頑張っても無理。全然違う。
  あんな顔するなんて知らなかった。あんなだなんて知らなかった」

 「私が男だったら、あんたの汚いところ、全部わかってやるのに」
 「全部終わるって思ったら、ほっとしただけ」

 「好きになっちゃう前でよかったなと思ってる自分が一番以外」

爽子の気持ち
 何も言えなかった。
 くるみちゃんがいなかったら・・・
  どれも私が言える言葉じゃない。

  いろんな人のいろんな気持ち

 「風早君・・・う、ううん、何でもない」

 ~爽子ちゃんがライバルでよかった~

 大事にするよ     大事にする

    絶対に大事にするから


 待ち合わせ
  プラネタリウム
   渡せなかったプレゼント
 「仕事じゃないよ。そのままでいてよ」
 「幸せすぎて、速く時間が通り過ぎたらいいって」
 「そんなもったいないこと。
   オレばっか好きだと思ってたのに」

  風早君が私と同じ気持ちを言った

             End

 一期から通して長い間二人を追って来ました。
 二期の中盤で二人がぎくしゃくしてた頃は、なんで?なんでそうなるの?と、ヤキモキして観てました。でも、それが後半の感動を呼びました。第8話からは、毎回どこかで涙でした。
 タイトル通り、気持ちを届けることの大切さ、難しさを、丁寧に、丁寧に描いた作品でした。まだ原作を読んでないので、これで完結なのか、まだ続きがあるのかわからないけど、二人がこの先幸せであることを願っています。
 個人的なベストエピソードは、episode8「届け」です。

    届け  届け     届け
   ライバル

   ------------------------
おまけ:    Another   キミトド   episode6

   西暦20XX年  街角

ピン 「お、偶然だな。久しぶりじゃねーか」
爽子46「あ、荒井先生。御無沙汰しております」
ピン 「おう。買い物の帰りか。どうだ、元気にやってるか?まあ、世の中には幸福があれば必ず不幸が同じ分だけあるって言うしな。オレ様とは無縁の言・・・」
爽子46「先生。 私、今、とっても幸福です」
ピン 「何だと、そうなのか?・・・国民年金は?」
爽子46「もちろん、ちゃんと払っています♪」
ピン 「そうか、じゃあもう何も言うことは無いな」
爽子46「はい」
ピン 「じゃあな。ちゃんと払い続けるんだぞ」
爽子46「はい♪」

  数年後、国民年金を満額受給できることとなる爽子であった

                 おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 君に届け
ジャンル : アニメ・コミック

君に届け 2ND SEASON episode.11「祭りのあと」

 今回は、観てて何ともこっぱずかしかった。
 風早君、照れながらも、言います、言います。
 みんなに関係を問い詰められて、Vサイン。そして、
 「オレがべた惚れなんだから」
 これをクラスメイトみんなの前で言える男はまずいないよ。さすが風早君。爽子は幸せ者です。

 前回、お互いに好きっていうことを確認し合って、これでひと段落と思いきや、まだやることが残ってました。それは、「つき合ってください」。今さら言わなくてもいいだろうと思うのですが、どうやら言わなきゃダメみたい。正式に契約を交わさなきゃ、後々トラブルのもとになるわよ、と言ったところか。
 「オレとつき合ってください。ずっと大事にするから」
これも生々しい言葉です。風早君が、男に見えてきます。いや、もともと男ですが。爽子は、「ずっと」の部分にいたく感銘を受けてた。女の子にとっては特別な言葉なのかな。

 そんなこんなで、正式におつき合いを始める二人ですが、今回は、それをみんなにお披露目する回でもありました。クラスのみんなに、そしてほかのクラスにも。爽子は風早の何なのかを言ってやれとせまられ、
 「彼女」
と一言。ジョーも言ってましたが、生々しいです。こんなにはっきり言われて、爽子はやっぱり幸せ者です。

 爽子は今回、ひたすら幸せでした。打ち上げに向かう道でお互い緊張し合ってるのは、初々しくてよかったです。打ち上げで、「いいんだ、私迷惑じゃないんだ」と実感します。そして海岸でのストロベリータイム。結婚妄想。夢じゃない。
 しかし、一方で、二人がつき合うことを知って不穏な気配の女子たち。そしてくるみちゃんのうしろ姿。次回は少し荒れそうな雰囲気です。

 あと、一連の事後処理として、健人とちづの懺悔がありました。その中で、「貞子じゃない爽子」と言う風早に対し、「いいの?爽子って呼んじゃって」という健人。これには風早君、一本取られました。

 あと、ピンが飲んでた酒。銘柄はよくわからなかったのですが、吟醸の文字が見えました。やっぱり独身貴族で、お金があるのでしょうか。
   盗み見

   ----------------------
おまけ:    Another   キミトド   episode5

   西暦20XX年 爽子の家

爽子52「・・・あなた、今日はもうその辺でよした方がいいのでは・・・」
旦那 「うるへー!もう一本持ってこい。この野郎。オレの稼いだ金でオレが何本飲もうとオレの勝ってだろうが」
爽子52「でも、こんな高いお酒・・・今月分の国民年金が払えなくなってしまいます」
旦那 「はぁん?国民年金だぁ?何しけたこと抜かしてんだ!いいからとっとと持って来い。おらおらー!」
爽子52「あーれー」

   目覚まし ジリジリジリリーン

爽子16「はっ!・・・・・あ・・・さ?・・・ゆめ?」
はり紙『夢ではない』
はり紙『Not 夢 日記を見よ』
日記 『これは夢ではない』
はり紙『現実』
爽子16「ゆ、夢ではないっぽい・・・ううっ」
父  「いや、夢だから」

                 おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

君に届け 2ND SEASON episode.10「ここから」を観て

 空の描写が印象に残る回。
 告白した日の長い夜。そして夜明けの空。
 一日ぶりの再会。流れる雲。雲が二人に影を落とし、雲は流れ、現れた日差しが二人を照らす。
 学校祭の終わり。みなを包む夕日。
 一日の流れと、その中に息づく人たちの模様が調和して満たされていく。

 風早君に告白した夜、彼からのメールを見てそれが現実であったことを何度も確認する爽子。告白したものの、それに対し風早君がどう思っているのかはわからず、でも、告白したことですっきりした爽子。爽子も、そして風早君も互いに話したいことがあり、次の日を待ち待ち遠しく夜を過ごす。そして夜が明け、

爽子の言いたかったこと。
  初詣、しあわせで怖いくらいだった 風早君を独り占めしたいと思った
  嫌われたくない 気持ちを言って終わることもある
  だけど、ここからまた始めたい 新しい関係を作りたい
  新しく始まることもきっと、相手が風早君なら・・・

風早君の言いたかったこと
  好きだよ
  違わないよ、同じでしょ

「風早君の好きと私の好きは違う」二人はずっと、この言葉に翻弄されてきました。
爽子は告白した後もやはり、こう考えていた。だから、告白したことによって二人の関係が終わってしまうこともあるかもしれないと。でも爽子は、ここからまた新しい関係を作っていけると信じて、風早君とならそれができると信じて、それを風早君に伝えます。風早君の「好きだよ」という言葉も、やはり自分の好きとは違うものとして、でもうれしく受け止めます。しかし、彼の本当の気持ちが彼女に届く時が訪れます。
 
 「違わないよ、同じでしょ」

爽子の好きという気持ちと自分が爽子を好きという気持ちは同じだと風早君は告げる。

 ~まさかと思いながら打ち消せなかった一つ見つけた可能性~

 ずっと自分に自信を持てずに生きてきた爽子。そこから生じた誤解やすれ違い。長い長い時間をかけ、ようやく互いの気持ちが届きました。


 最後に二人がおでこをコツンとするカット。とても丁寧に描かれていました。
   ここから

   ------------------------
おまけ:    Another   キミトド   episode.4

   西暦17XX年 相良藩 江戸屋敷

爽子22 「ささ、お召し上がりくださいませ。キーンと冷えてございますよ」
田沼意次「ほほぉ、これはうまそうよの。どれ、」

   障子  バリバリガシャーン

田沼意次「何やつ!ぬ、ぬしは」
松平定信「ハハハハハ、しかと見たぞ、意次。お主、ワイロを受け取りよったの。その『つぶ子』が何よりの証拠。ハハハ、これでお主も終わりじゃ。のう、意次」
田沼意次「何を申す、定信。これはただのジュース。ワイロとは、はっ、片腹痛いわ」
爽子22 「そ、そうでございます、松平様。私はただ、国民年金を一年間免除していただいたお礼をしたくて、こうして伺っただけでございます。ワイロなど、めっそうもございません」
松平定信「ええい、だまれ、だまれ、だまれ。それこそ立派なワイロではないか。そのジュースが無ければ、免除されることも無かったのであろう。たかが120円だからとて、許される理由にはならぬぞ。覚悟、意次!」
平賀源内「あぶねぇ、田沼の旦那!」

   エレキテル  バリバリバリバリ

松平定信「ギャー」
平賀源内「さぁ、今のうちに逃げるんだ」
  ・・・・・
平賀源内「ここまで来ればとりあえず安心だ。が、じきに追手が来るだろう。お嬢さん、江戸を離れるんだ。つらいこともあるだろうが、ここからまた始めるんだ」
爽子22 「はぁはぁ、あ、ありがとうございます、源内様。あの、お礼に、こんなものしかありませんが、キーンと冷えてますから」
平賀源内「おっと、オイラ、ワイロは受け取らないぜ」
田沼意次「じゃから、ワイロじゃないというに」

  その後、爽子22は北へ旅立ち、がんばって家庭を築いたという

            おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 君に届け
ジャンル : アニメ・コミック

君に届け 2ND SEASON episode.9「告白」 を観て

 「・・・聞きたいんだ、どんな話でも
      オレの気持ちは変わらないから
      ・・・吉田と矢野だったら多分、外」

 「違うの、風早君に会いに来たの
   風早君に言いたいことがあって来たの

  違うの、いいの、いいの
   このままでいい、聞いてほしい

  風早君
   私今まで何かをしたらいつもごめんなさいって謝られてきたの
  だから風早君に初めて会った時
   ありがとうって笑って言ってくれて本当にうれしかった
  
  急に色がついたみたいに
   風早君は私の世界を変えたの
   その存在ひとつで私の毎日を変えたの

  なのに私、あの時の風早君とまったく逆のことしてた

  だから今度はゴメンねの代わりに聞いて

   笑ってくれてありがとう
   話しかけてくれてありがとう
   優しくしてくれてありがとう
   私に今まで知らなかった気持ちをいっぱい教えてくれてありがとう

  違うの   好きなの  好きなの 好きなの
  
    好きなの    好きなの  好きなの」

 ~とても伝えられない この気持ち全部
   どうやって言葉で伝えていいかわからない
  
  ただ 好き

    好きなの  好き  好き・・・


 やっと思を伝えることができました。
 よかったね、黒沼さん。風早君も。
   告白

   ------------------
おまけ:    Another   キミトド  episode.3

   西暦20XX年 爽子24の部屋

テレビ プチッ
 タイトル「帰ってきた、ねるとん紅鯨団」
  ・・・・・
 タカアキ「お前らの気持ちはよーくわかった。だがその前に、タカさーんチェック」
 ・・・・・
 タカアキ「おっ、あの野郎、ツーショットに持ち込もうと狙ってますよ」
  ・・・・・
 タカアキ「およよ、いー雰囲気だ。この後はいよいよ告白タイム」
  ・・・・・
 タカアキ「次、城ノ内」
 ジョー24「はい」
   タッタッタッ
     「葉子さん。一目見たときからあなたに決めてました
      僕とつき合ってください。お願いします」
 葉子  「ごめんなさい」
 タカアキ「おーと、ごめんなさいだー。これぞまさに、だいドンデンガエシ」
 ジョー24「いい夢見させてもらったよ。あばよ。
      わーーーー」
 タカアキ「どうして、葉子ちゃん。いい雰囲気だったじゃない」
 葉子  「なんか、あの人、いやらしそうで・・・」
 タカアキ「い、いやらしそう」
テレビ プツン

???「あーあ、ジョーのやつ相変わらずだな。下心見え見えなんだよな」
爽子24「し、下心・・・で、でも、きっとすぐに素敵な彼女ができるよ」
???「そうだな、あいついいやつだから・・・。そういえばさ、国民年金はちゃんと払ってきた?」
爽子24「も、もちろんですとも」

 何がそういえばなのだろうと不思議に思う爽子24であった。

               おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村  

テーマ : 君に届け
ジャンル : アニメ・コミック

君に届け 2ND SEASON episode.8「届け」 を観て

「さすがだよなー、黒沼貞子」
「爽子、黒沼爽子だよ」

~神様みたいな人だと思った
 明るくて爽やかでクラスの中心で尊敬して
 だけど
 私の好きになった風早君は
 いつだってただ一人の男の子で

「いいや、もう、いい。風早君が誰を好きでも、もういい」

~わかんないことはもういいや
 怖いとか恥ずかしいとか
 私のことをどう思っているかとか
 
~何を迷っていたのかな
 言いたいことがたくさんあるの
 
 うしろすがた
 照れた横顔
 あわてた顔
 真剣に怒った顔
 まじめな顔
 悲しい顔
 満面の笑顔

 欲しかったのはこの全部だと言ったら
 風早君はどんな顔するのかな

~こわしたい
 風早君との間に作った壁を
 つたえたい
 私の気持ち 全部

 届いてほしい

 届け 届け   届け

   *   *   *   *   *

 とてもよかったです。最後の「届、届け、届け」がいつまでも耳に残ります。 
   届け

   ----------------------------
おまけ:    Another キミトド   ep2

   西暦20XX年 とある裏通り
新人教師「まったく、近頃の若いやつときたら、ねっ、先輩もそう思うでしょ。ほら、もう一軒行きましょうよ、もう一軒。こんやは、のむろー」
ピン  「こら、もういいかげんにしとけよ。明日も学校あるんだぞ。ちっ、しょうがないやつめ。おっ、あんなとこにカフェがあるじゃねぇか。気が利いてンな。おい、そこでちょっと酔いさまして今日は帰るぞ」
新人教師「あ、せんぱーい、ちょっと待ってくださいよ」

店員  「いらっしゃいませー。二名様ですね。こちらへどうぞー」
新人教師「あれぇ、なんか、いい匂いがしますねぇ。あれ、あのカーテンで仕切ってあるのはなんなんですかね」
店員  「あ、サービスで占いをやってるんです。ぜひ占ってもらってきてください。とてもためになるんですよ」
新人教師「オレ、占ってもらうっすー。先輩、お先に失礼しまーす」
ピン  「ああ、とっとと行って来い。・・・それにしても、なんだこのみょーな感じは。前に来たことあったか?」

新人教師「せんぱーい」
ピン  「お、終わったか。ん?なんだお前、泣いてんのか」
新人教師「生徒はなにも悪くないんです。オレが悪かったんです。まったく、オレってやつは。オレ、明日からは、ちゃんと生徒をみていきます。生まれ変わります。さあ、先輩も占ってきてください」
ピン  「ああ、そんじゃいっちょう薔薇色の未来を確認しに行ってくるか」

ピン  「ごめんよー、ん?くれーな、まいいか、ここに座りゃーいいんだな。よっこらせっと。そんじゃさっそく占って・・・・・・・ん?お、おまえ、く、黒沼じゃねーか!」
爽子38 「あ、荒井先生、お、お久しぶりです。このような場所にわざわざおいでいただいて、あ、ありがとうございます」
ピン  「なんだよ、どうりで妙な感じがすると思ったわけだ。しかし黒沼、そうならそうとちゃんと看板に書いとけよ。黒魔術カフェとかなんとか」
爽子38 「はあ、実は以前『貞子の黒魔術カフェ』と看板に書いてたこともあったのですが、とたんに客がよりつかなくなってしまい、今の名前に戻したんです」
ピン  「そうか、お前も大変だな。でも、こうして店を持てるようになったんだな。立派なもんだぜ、黒沼」
爽子38 「いえ、その、私、ただのパートです」
ピン  「え?そうなのか」
爽子38 「はあ、最初はホール係として雇ってもらったのですが、占いができるとわかったら店の中にこんなものを用意していただいて、いち時は店の名前までかえていただいたのですが。店長はとてもいい人なんです。ずっと私のようなものの面倒をみてくれて」
ピン  「そうか、まあ、人生色々だ。がんばれよ黒沼」
爽子38 「はい」
ピン  「いい返事だ。国民年金もちゃんと払うんだぞ。じゃあな」
爽子38 「先生・・・」

  せっかくだから、何か占ってあげたかったのにと思う爽子38であった

               おわり
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 君に届け
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

maruko69号

Author:maruko69号
岐阜県在住
おっさんです。
おまけのパロディは自作です。
リンクフリー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。